ピクシブ百科事典

リジーナ

りじーな

『機動戦士ガンダム』シリーズに登場する架空の兵器。
目次[非表示]

初出は『機動戦士ガンダム MS IGLOO 重力戦線』。

概要

M-101A3 リジーナ対MS重誘導弾


形式番号M-101A3。対戦車ミサイルをスケールアップして急造された歩兵用の兵器であり、当時のジオン軍の新兵器「モビルスーツ」に対抗する地球連邦軍の数少ない兵器。
(この他には61式戦車があり、逆に言えば対抗できる兵器はこれくらいしかなかった)
重量は本体・弾丸とも非常に重く、パーツを組み立てて使用する為、戦場ではかなり危険を伴う兵器であった。
ミサイルは有線式となっているため、ミノフスキー粒子散布下の戦闘にも耐えうる。

運用

指揮官1人とリジーナを操作する3人で運用される。
先述の通りかなりの重量である為、主にアンブッシュや車輌に搭載して運用された。
対MS用兵器であるが、単発でMSを撃破することは困難であるため、集中攻撃したり間接など比較的装甲の薄い部位を狙い撃つ戦法が採用されている。

データ

全長157cm
口径139mm
有効射程3,500m
最大射程4,200m


劇中での活躍

UC0079年4月26日、ヨーロッパ南方戦線マリアージュにて、ベン・バーバリー率いるザクハンター(対MS部隊)が使用。
ザクIIとの戦闘でバーバリー除く部隊の全滅と引き換えに2機撃破した。

他作品での扱い

先述の通り、本兵器はMSでもMAでもなく歩兵用のミサイル兵器である為、他作品での扱いどころか登場は無い‥‥‥と思いきや、実はある

登場した作品は夏元雅人の『機動戦士ガンダムU.C.HARD GRAPH 鉄の駻馬』の2話、3話にてジオン占領下の街に潜入したザクハンター部隊が近距離にてザクⅡ1機とザクⅠ1機を撃破している。潜入した部隊はジオン兵に偽装し街を脱出している。

アニメ作品では「アニメ版機動戦士ガンダムUC」。
OVA版EP4「重力の井戸の底で」(TV版では第12話「個人の戦争」)より、ジオン残党軍によってトリントン基地を襲撃された連邦軍がそれに対抗する際に使用された。
カークスザクⅠ・スナイパータイプに狙撃され、発射はされなかった

この事からも対MS特技兵は0096年においても存在している模様。

関連タグ

ガンダム  ベン・バーバリー ロケットランチャー

関連記事

親記事

重力戦線 じゅうりょくせんせん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「リジーナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8271

コメント