ピクシブ百科事典

ハーマン・ヤンデル

はーまんやんでる

ハーマン・ヤンデルは『機動戦士ガンダム_MS_IGLOO2 重力戦線』の登場人物である。
目次[非表示]

CV:磯部勉

概要

地球連邦軍中尉。第301戦車中隊第1小隊指揮官兼戦車長。
非常に優秀な腕前の戦車兵である一方で、復讐に取りつかれた執念深い人物である事から、周囲からは死神のように思われている。

人物像

顔面に残る生々しい傷跡と義足が特徴。ジオン軍の「白い鬼(ホワイト・オーガー)」ことエルマー・スネルのザクとの戦闘で重傷を負って足を失い帰郷するが、その故郷はジオンによって失われていた。この経緯から、ホワイト・オーガーに対しての執着心と復讐心を持つこととなり、その情け容赦なく執念深い復讐心の現れた言動の数々から、味方からも実力は認められながらも「死神と暮らしている」と陰口を叩かれている。実際に復讐心によって生きながらえている彼は、かつての部下が見て発狂した死神を見ても平然としていた有様である。
戦車長としては非常に優秀で、演習で61式戦車4輌に外れ無しで各1発命中させ、内2両を1回の砲撃で仕留めるほどだが、彼の戦車はよく機関不調やエンストを起こしてしまうためか出撃回数は少なく、その点でも周囲からは「ズルをしている」と陰口を叩かれている。
ジオン、ホワイト・オーガーへの復讐心に生き、その為には手段を選ばないヤンデルと、自身の功績を上げるためには手段を選ばない上官ミケーレ・コレマッタは利害の一致も含めて非常に波長が合い、コレマッタはレイバン・スラーからのヤンデルの下からの転属願を一蹴したり、ヤンデルの度重なる独断専行を黙認している。
そのような一方で、部下となったレイバン・スラーに対して気を遣う一面もある。
因縁あるエルマー・スネルのザク小隊との戦いで苦戦の末になんとか勝利したものの、直後に襲来したジオンの戦車隊からの攻撃を受けて戦死した。

関連タグ

61式戦車 ミケーレ・コレマッタ レイバン・スラー 白鯨 エイハブ船長

pixivに投稿された作品 pixivで「ハーマン・ヤンデル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1337

コメント