ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

OVAシリーズ「機動戦士ガンダム MS IGLOO2 重力戦線」の登場人物。
栄えある第1話「あの死神を撃て!」の主人公である。
CV:てらそままさき

人物像

第44機械化混成連隊の対MS特技兵小隊指揮官兼第1分隊長を務める地球連邦軍の将校で階級は中尉。
元々は対戦車ミサイル部隊の指揮官であったようだが、戦車とは比べ物にならないほど巨大なモビルスーツザクを急遽スケールアップした「M-101A3 対MS重誘導弾リジーナ」を用いて対峙しており、劇中のジオン軍の地球降下作戦後も生き残り、最後に「MS通算撃破記録13」(61式戦車に乗るハーマン・ヤンデルの対MSスコアは7)とクレジットされることから優秀な指揮官であると言える。
しかし、人を踏み潰すほど巨大なザクを倒すことは容易ではなく、死と隣り合わせの修羅場で部隊の損耗が激しかった。
いくら資源や人材確保に優位であった地球連邦軍と言えど部隊に補充されてくる人員も次第に戦闘経験の浅い新兵となっていく悪循環に陥り、戦闘が終わると常に自分だけが生き残り周りから「部下の血を吸う死神」と呼ばれ苦悩する。
また「育ちが悪い」と自嘲するように上官であるミケーレ・コレマッタに対して負けず劣らずの皮肉と嫌味の応酬を繰り広げた。
一方で戦死した部下達のドッグタグを全員分ではないにしろ回収しているなど、軍人として高い責任感も持ち合わせている。

関連タグ

機動戦士ガンダム_MS_IGLOO
重力戦線
リジーナ

活躍(※ネタバレあり)






















「・・・全く好き勝手にやりやがって!!ここをどこだと思ってやがんだ!!俺たちの地球だぞっ!!」
宇宙世紀0079年4月26日、ヨーロッパ南方戦線マリアージュにて戦線の縮小で後退中の友軍を支援すべくガウの輸送ミスではぐれた3機のザクⅡの排除を命じられる。
待ち伏せていた地点で直接確認した2機のザクⅡと部隊全滅と引き換えに2機とも撃破するも、隠れていたもう1機のザクと遭遇。
絶対絶命のピンチの中、バーバリーは最後に残った腰の拳銃で最後の抵抗を試みるのであった……

この時現れた3機目はカモフラージュ用のマントを装備し、更にバーバリーが一人になったところを見計らったかのように地下から地盤をぶち抜いて出現した。
こうした不自然な点からファンの間では「優秀な対MS特技兵部隊指揮官ベン・バーバリー抹殺のための囮作戦だったのでは?」という考察もなされている。

関連記事

親記事

重力戦線 じゅうりょくせんせん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ベン・バーバリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1841

コメント