ピクシブ百科事典

ヘビィ・フォーク

へびぃふぉーく

ヘビィ・フォークとは「機動戦士ガンダムMSIGLOO2 重力戦線」等に登場する架空のメカ。
目次[非表示]

データ

全高66m
全長210m
全幅107m

概要

地球連邦軍の陸上戦艦で移動司令基地であるビッグトレー級に対してこちらは砲撃に特化した設計の攻撃型陸上戦艦である。
形状は名称の通りフォークにも似たYの字型で、艦首が双胴状になっており、艦尾に艦橋と格納庫ハッチがある。推進はビッグ・トレーと同じく熱核ジェットエンジンを使ったホバークラフト方式。
武装は左右の艦首に3連装砲を各1基、中央部に1基装備し、艦前方に対する打撃力を重視している。またビッグ・トレーと異なり、対空火器が多数装備されている。塗装は青と灰色を基調とした迷彩。

活躍

重力戦線第3話「オデッサ!鉄の嵐」ではオデッサ作戦において陸上戦艦第4打撃部隊所属艦がジオン軍の陣地やトーチカなどに対しての砲撃を行った。が、その一方で弾着地点周辺で発生した爆煙で敵の落とし穴や陣地が見えなくなって、味方にも損害を与えている。

漫画『U.C. HARD GRAPH 鉄の駻馬』ではダブデホバートラック部隊が設置した地雷で身動きを取れなくしてから砲撃で撃沈している。

ゲーム『機動戦士ガンダムサイドストーリーズ』収録の「機動戦士ガンダム外伝ミッシングリンク」ではグレイヴ配下の北米オーガスタの秘密研究所に護衛として配備されており、研究所を襲ったスレイブ・レイスを味方ごと攻撃すると言う暴挙に出た。

同型艦

  • ノーフォーク

漫画版『機動戦士ガンダム戦記U.C.0081 -水天の涙-』に登場。
北米大陸奪還の大規模反攻作戦「41号作戦」の司令本部を務めた。

  • ニコシア
『ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者』に登場。
ティターンズ所属艦。MS運用母艦に改造されており、前部の3連装砲のうち左右の2基をオミットしてMSデッキを増設し、6機のMSが運用可能となっている。またホバーにより陸上と海上を移動している。
艦長はジゼル・アンジェリク・アルベール少佐。

関連タグ

重力戦線
MSIGLOO
地球連邦軍

関連記事

親記事

重力戦線 じゅうりょくせんせん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ヘビィ・フォーク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 483

コメント