ピクシブ百科事典

アリーヌ・ネイズン

ありーぬねいずん

「機動戦士ガンダム MS IGLOO 2 重力戦線」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

人物

CV:井上喜久子

地球連邦軍技術中尉で、RTX-440ガンタンク小隊の1番機パイロット兼指揮官。

クライド・ベタニーという同僚で交際相手がいたが、彼がジオンにRTX-440「陸戦強襲型ガンタンク」の技術を流出させる事件が起こり、さらに彼がジオン側へ逃亡したため、その事件への関与を問われて軍事裁判にかけられ、終身刑を言い渡される。

以来ずっとクライドへの復讐だけを胸に生きてきたが、オデッサ作戦の際に仮釈放され、オデッサ攻略部隊への増援としてミケーレ・コレマッタの下にガンタンク部隊を率いて派遣される。

そのさなか、敵部隊の司令部であるダブデにクライドが乗っていることを通信の混線から知り、いなや、鬼気迫る攻撃で、襲い来るジオンのMS部隊を次々と撃破、ついにダブデへ取りつくことに成功するが、あと一歩のところでダブデを攻撃してはならないとの命令が下されてしまう。
これを聞いた彼女は、司令部がジオンと内通していたと思い激昂、命令を無視し、ダブデからのクライドの声にも耳を貸さず、自爆装置を作動させ自機もろともダブデを沈黙、彼女は復讐を成し遂げたのである。

しかし、クライドがジオンに寝返ったのは実はジオンへの潜入のためであり、技術流出事件も司令部があえて行わせた潜入工作の一手だったのである。もちろん、ダブデへの攻撃をするなという命令も、この事情のためであったのだが、クライドが潜入任務を負っているということは、アリーヌには一切知らされていなかった。
そして皮肉にも、彼女は自爆攻撃からほぼ無傷で生還する。しかし、死神が語りかけて彼女が全てを知ったときにはすでに遅く、連邦軍の一斉攻撃が始まり、彼女は絶望しながら弾幕の爆発の中に消えていった。

備考

彼女は短編まで含めたガンダム作品の中でも、物語のスタート時に囚人という、特に異例の立場の人物である。もちろんガンダム作品の中では唯一。

また『重力戦線』の主人公の中で、一人だけ、戦果も死亡日時も死亡場所も明確な記述がなされていないキャラクターでもある。
彼女が搭乗していた陸戦強襲型ガンタンク自体、ジオンのMSに対抗するため、戦車のノウハウしか持たなかった連邦軍が急きょ完成させたある種の急ごしらえ・その場しのぎの兵器であり、のちに開発系譜からも抹消されているあたり、恐らくは機体の記録とともに彼女も存在を消されてしまったのかもしれない。

関連タグ

機動戦士ガンダム_MS_IGLOO

pixivに投稿された作品 pixivで「アリーヌ・ネイズン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5093

コメント