ピクシブ百科事典

バイアラン

ばいあらん

バイアラン(BYARLANT)は、テレビアニメおよびアニメーション映画『機動戦士Zガンダム』に登場する架空の兵器である。
目次[非表示]

概要

キリマンジャロ基地で開発された試作型モビルスーツ。型式番号はRX-160。
非可変機でありながら、第三世代モビルスーツに匹敵する性能を有し、熱核ジェットエンジンによりモビルスーツ単独での大気圏内飛行が可能。エンジン部分を換装することで宇宙での戦闘にも対応可能となる。
開発に関してはガンダムTR-1のイカロス・ユニットやガンダムMK-Ⅲイグレイのデータが活かされている他、一部ではジュピトリス製モビルスーツとの類似性から、パプテマス・シロッコが開発に携わったとの説もある。

「モビルスーツ単独での大気圏内飛行」というコンセプト自体は当時画期的なものであったが、その一方で推進剤積載量の関係上飛行可能時間は短く(熱核ジェット自体は航続能力に優れるが、実戦ではサブスラスターを併用した旋回・回避行動も行うため、結果として飛行時間は短くなる)、推進剤節約の為にベース・ジャバーと合わせて運用されるケースもあった。
また、装甲の軽量化とスラスターの被弾率の高さから来る防御力の低下や、特殊な三本指のマニュピレータを採用した結果専用ビーム・サーベル以外の携行武器を装備出来ず、更に空力特性を優先した結果汎用性が低下している等の欠点が見受けられる。
ただし、致命傷を負いながらも撃墜には至らないなど、防御力の低さに反してダメージコントロールに優れている部分も見受けられる。

主なパイロットはジェリド・メサドナ・スター
キリマンジャロ基地でテストが行われた機体をジェリドが使用し、エゥーゴへ投降したサイコガンダムやアポリーの乗るリック・ディアスを撃墜し、Ζガンダムなどと互角に渡り合った。
ジェリド機は最後まで撃墜される事なかったが、ジェリドがバウンド・ドックに乗り換えてからの行方は不明。
また、ジェリド機以外にも生産された機体の存在が明らかになっており、パラス・アテネの護衛機として三機が実戦に投入されているのが確認されている。
加えて、本編に登場はしていないが、ドナ・スターの駆る機体は宇宙への移送の最中、連邦軍高官夫妻の搭乗する輸送機がテロリストの集団に襲われている現場に遭遇。ティターンズ本部からの命令を突っ撥ねて軍高官の救助を敢行した。但し、彼はその戦いで戦死したとされ、後の連邦プロパガンダで英雄として取り立てられている。
また、トリントン基地に保管されていた残存機二機がバイアラン・カスタムへ改修されている。

武装

武装は専用ビーム・サーベルと腕部内臓型のメガ粒子砲。
前述の通りマニュピレータは三本指の特殊な形状の為、通常の携行火器の装備は不可能となっている。

バリエーション

バイアラン・カスタム

型式番号RX-160S。
トリントン基地で勧められていた技術評価試験のためにバイアランの残存機を改修した機体。
詳細はバイアラン・カスタムを参照。

バイアラン・イゾルデ

型式番号RX-160G。
ブッホ・コンツェルンの私兵組織「バーナム」で運用されるバイアランの改修機。
パイロットはヴァルター・フェルモ。
スラスターなどが宇宙空間に対応した物に換装されている他、頭部がガンダムタイプに似たデザインに改められている。


関連イラスト

バイアラン
BYARLANT



関連タグ

機動戦士Ζガンダム
ジェリド・メサ ギャプラン バイアラン・カスタム バウンド・ドック

pixivに投稿された作品 pixivで「バイアラン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 206082

コメント