ピクシブ百科事典

エンジェル・ハイロゥ

えんじぇるはいろぅ

エンジェル・ハイロゥとは機動戦士Vガンダムに登場する巨大移動要塞で物語のクライマックスの舞台となった。
目次[非表示]

概要

ザンスカール帝国が建造した巨大な移動要塞にして最大のサイコミュ兵器。
戦艦のような形状のコアユニットを直径20㎞もの巨大な5つのリングが取り囲んでいると言う変わった形状であり、そのリングが回転すると言う構造になっている。中心部にはキールームと言う部屋がある。
リングの中にはマリア主義を信奉するサイキッカーが2万人も格納されており、中心部のキールームで中心核となるサイキッカーと共に祈る事で強力なサイコウェーブを放射する。
実はこのサイコウェーブは地球上の人間たち(即ちアースノイド)から闘争心を忘れさせて眠らせ、退化(あるいは幼児化)させ、最終的には衰弱させて死に追いやってしまう。エンジェル・ハイロゥの正体はザンスカール宰相フォンセ・カガチがアースノイドを皆殺しにするための大量虐殺兵器だったのである。
地球連邦軍リガ・ミリティアはこの兵器を完成まで補足できなかった。
と言うのも実は木星共和国を利用して移民船と偽って建造したものであり、サイコウェーブも元々は無血型の暴徒鎮圧用の装備であった。
ちなみに、名前の由来は「天使の輪」である。

本来、エンジェル・ハイロゥの運用作戦は第1段階で全アースノイドをサイコウェーブで無力化させ、第2段階で宇宙細菌エンジェル・コールを散布し、アースノイドを溶かし殺して殲滅すると言う予定だったが、エンジェル・コールのワクチン自体が作れない事が判明したのでエンジェル・コール使用は危険なので不採用になり、またエンジェル・ハイロゥが開発過程で機能が向上し、当初の予測より強力なサイコ・ウェーブを放射可能になったため人類を衰弱死させる作戦となった。

劇中での動向

当初は女王マリア・ピァ・アーモニアがキールームに入る予定だったが彼女の娘であるシャクティ・カリンがセットされた。
そしてリガ・ミリティアと地球連邦軍の連合軍とザンスカールの最終決戦の舞台となり、シュラク隊やマリア、クロノクルなど敵味方数多くの命が散っていった。

まやかすなあああああああああああっ!!


最後はキールームのシャクティの「戦争を終わらせたい」と言う真剣な祈りによって、ウォーム・バイブレーションと言う未知の暖かな光を発生させながら分解、両軍の兵器を巻き込みながら宇宙へと飛んでいった。そしてシャクティは無事ウッソの手で救出された。

その後

ザンスカール戦争終結から15年後の宇宙世紀0168年では地球の周回軌道上にスペースデブリとして漂っており、回収もままならず、自然に地球の重力に引かれ大気圏に突入し摩擦熱で燃え尽きるのを待っている状況で、そのせいで限られたルートでしか地球に降下できないなどの問題が発生している。
またそれから更に時が経った宇宙世紀0224年ではチェコスロバキアにこのエンジェル・ハイロゥの残骸らしきものが存在しており、ザンスカール戦争から70年も放置されている。しかしこの内部ではセツルメント国家議会軍の強硬派によりモビルウェポンの製造工場となっている。

余談

Gジェネレーションシリーズでは色々と散々な目に会っている。
「WARS」ではギム・ギンガナムが放ったカイラスギリーの攻撃で崩壊したりした。そして「OVER WORLD」では何とウォン・ユンファの策略によりデビルガンダムに取り込まれてデビル・ハイロゥに変貌した。

関連タグ

機動戦士Vガンダム
ザンスカール帝国
シャクティ・カリン
ハマーン・カーンスーパーロボット大戦Dでエンジェル・ハイロゥに組み込まれていた。

pixivに投稿された作品 pixivで「エンジェル・ハイロゥ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 119

コメント