ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

マリア・ピァ・アーモニア

まりあぴぁあーもにあ

マリア・ピァ・アーモニアとは、TVアニメ『機動戦士Vガンダム』に登場するキャラクターである。
目次 [非表示]

「それぞれのスペースコロニーが自分たちの独立を望んで勝手に戦争を初め、宇宙は戦国時代になってしまいました。この混乱を纏め、収めたいというのが私の考えなのです」


CV:篠原恵美

概要

ザンスカール帝国を統べる女王にして、「マリア主義」を理念として唱える宗教団体『マリアの光の教団』の教祖。

年齢は29歳。


30th Anniversary

9歳年下のクロノクル・アシャーは実の弟であり、シャクティ・カリンの実の母親でもある。


初登場は第17話で、聖母と称される温厚で慈愛深い性格にして、卓越したサイキッカーでもあり、国民からは殆ど崇拝に近い程の絶大な支持を得ている。

上述の通りザンスカール帝国の女王という立場ではあるものの、実際には帝国の政治を司る宰相フォンセ・カガチ傀儡として擁立された象徴君主に過ぎず、実務的な権力は一切有していない。


来歴

女王になる前はサイド1のアルバニアンコロニーに在住し、しがない占い師をしながら(小説では特定の顧客を相手に娼婦もやっていた)貧しい生活を送る一介の民間人に過ぎなかったが、娘のシャクティを妊娠した事を切っ掛けにサイキッカーとして、所謂ニュータイプ能力に目覚め、予知能力により神がかり的な占いを見せる様になり、更にはその精神感応波によるヒーリング能力で病人や怪我人を治療したりした事で一転して有名人となる。

更に、これが作中の荒廃寸前の不安定な世情も重なり、次第にその人柄を慕う周囲の人々から聖母として崇められる様になり、マリア自身もこれに応える様に行動した事から、マリアを中心とする新興宗教団体『マリアの光の教団』が形成される程の影響力を得るに至る。

その能力とカリスマ性に目を付けたフォンセ・カガチと、彼が属する政党である『ガチ党』の支援とシンボルとして擁立された事により、母性の尊重と女系社会への回帰を説く宗教色の強い政治思想マリア主義を提唱し、コロニー間規模にまで人々の支持を拡大させる事に成功した。

そして、それ等を基盤にして建国されたザンスカール帝国の女王に即位し、本格的に争いの無い世界を目指す事を決意する。

以降、ギロチンを使った血の粛清による恐怖政治等、カガチの非道なやり方は認めなかったものの、ガチ党の傀儡に過ぎない彼女にそれを止める術など等無く、所詮はガチ党の独裁を担保する為の神輿に過ぎなかった。

それでも、一人娘であるシャクティをカガチの魔手から遠ざける為に、あえて彼の策略に気づかないフリをして娘を拉致させて、影響の及ばない地球へと降ろしている。


劇中での動向

第17話でフォンセ・カガチムッターマ・ズガンらと共に初登場。

巻き毛のカツラを被ったドゥカー・イクから、弟のクロノクル・アシャーの地球での活躍やリガ・ミリティアの抵抗活動等をザンスカール帝国側に都合良く改竄された形で説明されていた。

その後は第23話で弟のクロノクルの手引きにより、娘のシャクティ・カリンと再会し、娘に自分の不手際を詫びるとともに、彼女に対して帝国の未来を託す決意をする。

第25話ではザンスカールの戦艦に潜入していたウッソ・エヴィンと邂逅し、彼の捕虜になりかけるがクロノクルが駆るコンティオが妨害し事なきを得る。

第26話では逆に囚われて捕虜となったウッソに飴玉の包み紙に偽装してアメリアコロニーで行われるマリア教式典での警備陣の配置図を渡し、彼をギロチン処刑の窮地から救った。


劇中の終盤ではザンスカール帝国の最終兵器でありサイコミュ要塞であるエンジェル・ハイロゥを稼働させて戦争終結と人類統合を目指すも、その行いは結果的にカガチとズガン達を始めとした歪んだ野心家達が描く「真の地球クリーン作戦」の最終目標である「地球圏の人類全ての抹殺計画」を遂行することになってしまい、自身もその計画の道具に過ぎない事にやがて気が付くのだった。

第45話では完成したエンジェル・ハイロゥのキールームに立ち、「争いを生む源である闘争本能を棄てよ」“祈り”を捧げて試験運転でのサイコ・ウェーブ放出を行い、戦場に様々な影響を与えた。

この時、実験部隊であるトッリ・アーエス隊と交戦したウッソ・エヴィンに次々と幻覚を見せて、彼の脳波とマリアの祈りが強く感応した結果“祈り”の集中が途切れてサイコ・ウェーブ放出が乱れ、試験運転は中断を余儀なくされた。

第46話ではタシロ・ヴァゴがカガチに対して起こしたクーデターに巻き込まれ、人質としてタシロ艦隊旗艦である戦艦シュバッテンに連れ去られる。

第47話では自らの行いを悔い、シュバッテンの艦内から“祈り”を発し、ウッソに自分の意思を伝える。

そして第48話、パートナーであったファラ・グリフォンを喪ったタシロは冷静さを失い、錯乱して行く。


「どこまでも私の前に現われるのだ白いヤツ!対空砲火が薄いではないか!奴を近づけるんじゃなぁい!どうしたファラ!!白いヤツが来てるぞぉ!!」


「生きている者が、死んだ者に助けを乞うてはなりません!」


マリアはウッソ・エヴィンと“祈り”による感応で交信し、シュバッテンにV2ガンダムを引き寄せるが、戦場の「違和感の正体」がシュバッテンからマリアが発した“祈り”である事にタシロは気付いてしまう。

タシロは激昂し、マリアを艦橋まで連れ出したが、そこに戦場を単機で抜けてきたウッソのV2ガンダムが取りついた。


「私のような女がいたから、カガチはエンジェル・ハイロゥを造り、タシロのように、それを利用しようとする男が現れるのです!全ての災いの元は私なのです!ウッソ少年、私を撃ちなさい!!」


「それは違いますよ!貴女に代わる人なんていくらでもいますっ!でも、シャクティのお母さんは貴女しかいないんですよ!僕には撃てません!!」


「そうだ…カガチに操られるような女でも、あの白いヤツは追い払えるな…!」


「汚らわしい…!私とタシロを撃ちなさい!」


その時、ついに気が触れたタシロはマリアを背後から射殺した。


「ふははははは!!私に逆らうからこういう事になるのだ!!まだまだだ、お前は!!!」


これを見たウッソは激怒し、思わずシュバッテンのブリッジにV2ガンダムビームサーベルを突き刺してタシロを蒸発させた。

我に返り、自分の行いを後悔したウッソだったが、マリアの遺体が何かを訴えかけるかのようにV2ガンダムの機体に寄り添ってきた。


「え…何です…?貴女の身体を…焼けというのですか?そうか…火で焼いて、綺麗にするんですね…そりゃ、綺麗にした方がいいですよ…」


こうしてマリアの残留思念を感じ取ったウッソにより、彼女の遺体はV2ガンダムビームライフルでの射撃でシュバッテンの艦橋ごと焼かれる火葬により弔われて消滅した。


ひなげしの花を散らしながら旅立っていく


余談

漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダムゴースト』では、彼女以外の『マリア』である、マリア・エル・トモエが登場している。

彼女以外にも複数のサイキッカーが女王候補になっており、選定でふるい落とされた失格者の一人と推測されている。


関連タグ

機動戦士Vガンダム

シャクティ・カリン ウッソ・エヴィン

クロノクル・アシャー


ザンスカール帝国

マリア主義

フォンセ・カガチ タシロ・ヴァゴ


ニュータイプ サイキッカー

エンジェル・ハイロゥ

聖母



エギーユ・デラーズ:部下の裏切りで死亡した指導者繋がり。

関連記事

親記事

ザンスカール帝国 ざんすかーるていこく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14976

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました