2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

マリア・ピァ・アーモニア

まりあぴぁあーもにあ

「マリア・ピァ・アーモニア」とは、アニメ『機動戦士Vガンダム』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「それぞれのスペースコロニーが自分たちの独立を望んで勝手に戦争を初め、宇宙は戦国時代になってしまいました。この混乱をまとめ、収めたいというのが私の考えなのです」

CV:篠原恵美

概要

ザンスカール帝国を統べる女王にして、宗教団体「マリアの光の教団」の教祖。29歳。
9つ下のクロノクル・アシャーは実の弟。シャクティ・カリンの実の母親でもある。
初登場は17話で、「聖母」と称される温厚で慈愛深い性格に卓越したサイキッカーでもあり、国民からはほとんど崇拝に近いほどの絶大な支持を得ている。
上述の通りザンスカール帝国の最高指導者ではあるものの、実際には首相フォンセ・カガチに傀儡として擁立された象徴君主に過ぎず、実務的な権力は一切有していない。

来歴

女王になる前はサイド1アルバニアンに在住し、しがない占い師をしながら(小説では売春もやっていた)貧しい生活を送る一介の民間人に過ぎなかったが、娘のシャクティを妊娠したことを切っ掛けにサイキッカーとしての能力に目覚め、神がかり的な占いを見せるようになり、更にはその能力で病人や怪我人を治療したりした事で一転して有名人となる。
更に、これが作中の荒廃寸前の不安定な世情も重なり、次第にその人柄を慕う周囲の人々から「聖母」として崇められるようになり、マリア自身もこれに応えるように行動したことから、マリアを中心とする新興宗教団体が形成されるほどの影響力を得るに至る。
その能力とカリスマに目を付けたフォンセ・カガチと彼が属するガチ党の支援と擁立により、母性の尊重と女系社会への回帰を説く宗教色の強い政治思想「マリア主義」を提唱し、コロニー間規模にまで人々の支持を拡大させることに成功した。
そして、それらを基盤にして建国されたザンスカール帝国の女王に即位し、本格的に争いのない世界を目指すことを決意する。
以降ギロチンなどカガチの非道なやり方は認めなかったものの、元より彼女にそれを止める術などなく、所詮はガチ党の独裁を担保するための神輿に過ぎなかった。
また、シャクティをカガチの魔手から遠ざけるために地球へ下ろしていた。

終盤にはエンジェル・ハイロゥを利用した人類統合を目指すも、その行いはカガチたちをはじめとしたゆがんだ野心家たちの道具にしかならず、自身もその道具に過ぎないことに気が付く。
そしてウッソ・エヴィンとサイキッカー同士の交信でマリアの真意を知り、それに気づいて人質としたタシロ・ヴァゴによって射殺される。
遺体はタシロもろともV2ガンダムのビームサーベルでブリッジごと薙ぎ払われ消滅した。

関連タグ

機動戦士Vガンダム クロノクル・アシャー シャクティ・カリン
フォンセ・カガチ タシロ・ヴァゴ ニュータイプ 聖母

エギーユ・デラーズ:部下の裏切りで死亡した指導者繋がり。

関連記事

親記事

ザンスカール帝国 ざんすかーるていこく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6909

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました