ピクシブ百科事典

タシロ・ヴァゴ

たしろゔぁご

タシロ・ヴァゴとは、『機動戦士Vガンダム』の登場人物。

CV:中村秀利

人物像

ザンスカール帝国軍大佐で、ムッターマ・ズガンに次ぐ地位を占め、地球侵攻作戦の責任者を務める。
主な乗機はスクイード1、アマルテア級シュバッテン。
宇宙艦隊戦を得意とする指揮官である一方で、ズガンや宰相フォンセ・カガチをも追い落として ザンスカールの実権を握ろうという野心家である。カイラスギリー建設の指揮を執っていた人物でもあり、ビッグ・キャノン構想自体も主導していたらしい。
ファラ・グリフォンに宇宙漂流刑を言い渡した張本人でもある一方で、ファラを密かに保護して配下に置くなど野心のためには様々な手を使う。あまり大物という印象は感じられず、自己保身に走る傾向があった。後半になると精神の平衡を欠き徐々に狂気に蝕まれていった。

カイラスギリー攻防戦にてリガ・ミリティアに敗北したばかりかザンスカール本国を空襲にさらした責任を負わされギロチンにかけられそうになるも、ウッソ・エヴィンらの犯行の混乱によって処刑は回避される。
その後はエンジェル・ハイロゥ防衛の指揮を執るも自身の防衛艦隊はリガ・ミリティア及び地球連邦艦隊によって壊滅状態に陥ってしまい、戦場から逃げるためにカガチに対して反旗を翻しマリア・ピァ・アーモニアを拉致。
しかし拉致したマリアを持て余してしまい反乱は失敗。死んだはずのファラに頼ろうとするなどすでに一軍の指揮官とは思えぬほど狂気じみた言動をするようになり、挙句にシュバッテンV2ガンダムがとりついた際には逆上してマリアを射殺してしまう。
だがその光景を見て怒りに燃えるウッソの手によってビームサーベルでブリッジもろとも薙ぎ払われ死亡した。

関連項目

ザンスカール帝国

関連記事

親記事

ザンスカール帝国 ざんすかーるていこく

兄弟記事

コメント