2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「地球連邦軍という体制に反逆しているのは我々だぞ!真のガンダムなら我々と手を組むはずだ!」

CV:立木文彦

概要

ザンスカール帝国のベスパの軍人。階級は大尉。乗機はゾロ。初登場は第5話。
ラゲーン基地所属のMSパイロットで、ワタリー小隊を率いるスキンヘッドで髭面の厳つい黒人男性。
ベスパ内では「『騎士道精神』を掲げている」として知られていた。
小隊隊長として、バクー・チーディ・トランプの両名の部下を率いていたが、前者は戦場での見苦しい行為に失望してMSを撃墜、後者は捕虜となったカテジナに狼藉を働こうとした上に、それを止めに入ったクロノクルに暴言を吐いた為に射殺すると、自身の手で粛清の形で殺害している
この行為に対してクロノクルから「これが騎士道か?」と問われた際には「(騎士道は)所詮は理想」と平然と答えている。
しかし、実際は自身の手で部下を殺してしまった事実を悔み、そのきっかけとなったVガンダムに憎悪を燃やし、それに挑み苦戦させるものの敗北。Vガンダムのパイロットが年端もいかないウッソ・エヴィンだった事を知るや、「まだ、(普通の男の子として)遊んでいたい年頃だろうに……」と衝撃を受けてしまう。

そして「こ、子供が戦争をするもんじゃない……。こんな事をしていると、皆おかしくなってしまうぞ……。そうなる前に、モビルスーツを降りたほうがいい……」と、【子供が兵士として戦争に参加している】残酷なる現状に嘆き、手榴弾で自害した。
皮肉な事に戦争をし続けておかしくなった子供(未成年)は後に本当に登場する事になる。
しかもそれは自軍であるザンスカール帝国側から輩出されている。

人物像

一見すると自他に厳しく真面目で実直な職業軍人だが、自身の期待や思想にそぐわない小隊の部下を自身の手で粛清してしまう等、独善性や偏狭さを窺がわせる常軌を逸した部分が強く、更には『騎士道』を掲げていながらも「所詮は理想」と切り捨てる言動から、胡散臭い部分も感じられる。
その一方で、この常軌を逸した自身の行いを深く後悔したり、子供が戦争に参加している状況を是としない良識も描かれており、かなり矛盾した両面を併せ持つ。
これ等の言動から鑑みると、自身の『弱いが故に優しい本心』を『戦争』から守る為に、分かり易い美辞麗句にすがって誤魔化し続けているように見える(そのような無理の反動が、上記にある『部下の粛清』に繋がったと思われる)。

本質

自らが掲げる「騎士道」なるものが、最早時代遅れの産物になってしまった事実に自覚できないまま、部下の醜態や狼藉や子供が戦場に出る等の理不尽な現実の前に絶望感を覚えてしまう。
部下殺しの実行後は自暴自棄となったのか、騎士道とは程遠いゲリラ戦術をウッソに仕掛け、呆気なく敗北してしまうのも皮肉である。そしてウッソからは自身の発言の矛盾を叫ばれているほどである。
『自らの理想である「騎士道」を貫こうとするも、身も蓋もない理不尽な現実の前に敗北してしまう哀れな軍人の姿』を、富野監督が最大限の皮肉を持って描いたキャラクターとも評価できる。
そしてそれらはベスパの軍人たちに見受けられる「一個人としては良識や常識を備えながらも本質的には常軌を逸した存在」の一例ともいえる。

関連タグ

機動戦士Vガンダム ザンスカール帝国
ファラ・グリフォン ゲトル・デプレ クロノクル・アシャー
バクー・チー ディ・トランプ
ウッソ・エヴィン カテジナ・ルース
クランク・ゼント

必要悪…カテジナに狼藉を働いた部下を粛正しているため。
哀しき悪役鬼の目にも涙…ウッソに「子供が戦争をするもんじゃない」と泣きながら諭して自害しているため。

矢車想…戦い方に一種の美学意識を持ちながらも、標的にのめり込みすぎてその意識を捨ててしまった戦士。

関連記事

親記事

ザンスカール帝国 ざんすかーるていこく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45548

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました