ピクシブ百科事典

ゾルタン・アッカネン

ぞるたんあっかねん

ゾルタン・アッカネンは、劇場版アニメ『機動戦士ガンダムNT』に登場する、ジオン共和国所属の強化人間である。
目次[非表示]

撃っちゃうんだなぁ!!これがぁ!!
CV:梅原裕一郎

プロフィール

出演作品機動戦士ガンダムNT
性別男性
年齢27歳
所属ジオン共和国
階級大尉


概要

宇宙世紀0097年に、地球連邦軍が極秘で展開していた「不死鳥狩り」作戦に、ジオン共和国モナハン・バハロ外務大臣が派遣した強化人間で、シャアの再来であるフル・フロンタル候補だった失敗作の1人
精悍な顔つきに、モヒカンを思わせる髪型、更には両目に傷が付いたオッドアイと特徴的な容姿をしている。ただしオッドアイについては生来のものではなく、赤い右目はサイコミュが内蔵されたサイコミュ・レンズという義眼である。

徹底的な強化人間施術を施されているようで、精神の安定性を著しく欠いているが、ピーキーなニュータイプ専用モビルスーツの性能をフルに発揮させる高いポテンシャルを、確かに身に宿している。

搭乗機はシナンジュ・スタイン、及びⅡネオ・ジオングハルユニット装備型)。

人物

母艦ブリッジにおいて鼻歌でアイネ・クライネ・ナハトムジークを口ずさむ、軍人としては非常識……を遥かに通り越しており、さしたる必要性が無くともスペースコロニー内で躊躇いなくビームライフルを乱射し、ハルユニットメガ粒子砲によってコロニー外壁をくり貫く、正真正銘の「鬼畜生以下」、「外道の極み」である
本来、軍人とは我が身を盾にしてでも国民(民間人)を護る「職業」である事を鑑みれば、そのゾルタンの軍人適正はゼロ、どころか絶対に軍人にしてはならない部類の人間と言える。

しかしながら、過去の強化人間の多くがそうであったように、『強化』のためにかかった予算分は“活用”しなければもったいない、という思想によってモナハン・バハロ外務大臣の“ジョーカー”として手勢に置かれていた。

エリク・ユーゴという部下兼監視役と共に、フェネクス捕縛のため、『袖付き』(テロリスト)に偽装された機体と部隊を伴って、サイド6へと送り込まれるが、そこで半ばモナハンの予想通り暴走。多数の民間人死傷者を出す
結果、ジオン共和国に切り捨てられる事となり、ゾルタンの破滅的思考は更に加速、Ⅱネオ・ジオング憎悪の化身として起動させるに至った。

ゾルタン語録

非常に癖の強いキャラで、セリフ自体も印象に残るものばかりであるため、記載をしておく。
なお、これらの台詞には脚本段階には無かったものも多く、それらは映像化(映画化)の際に監督らによって追加されている。

撃っちゃうんだなぁ!これがぁ!
ゾルタンを印象づけるセリフの一つで上記にある通り、部下(という名目の監視役)であるエリクに「コロニー内で発砲禁止」と釘刺されてコレである。さらにこの後の戦闘により多数の死者が現れ、メーティスは恐怖に包まれる。

「避けるなよ、コロニーに穴が空いちまうだろうが…」
コロニー内でライフルを乱射しておいてこの言い分であり、明らかに悪党じみた責任転嫁である。コレによりエリクは完全に頭を悩ますことに…

「有線だと?エセファンネルなど、ガンダムのやることか!」
「それとも、失敗作相手には二流のガンダムで十分だとでも?」
「誰が失敗作だ!誰が出来損ないだ!」
ナラティブガンダムが放ったインコムにコンプレックスを刺激されブチ切れたゾルタンはナラティブをボコボコにする。特に一番下はパイロットのヨナに向けてではなく、自分が置かれた状況へ向けてだと思われる。ノリツッコミではない。
インコムの開発経緯と用途を考えると感慨深いものである。

「切り札ってのは、最後に切らないとなぁ!」
Ⅱネオ・ジオングをコロニー内に呼び寄せての一言。だが直後に…
ちなみにハルユニットはコロニー外壁に巨大な穴を空けており、被害が増している。
……とは言え、フル・フロンタルもメガラニカに無理矢理ネオ・ジオングを捩じ込み、更にはメガ粒子砲で外壁を大きくくり貫いて宇宙に出たので、それよりはマシなのだが。

「お前まで、俺を見捨てるのかよぉ!」
ハル・ユニットをナラティブに奪われた時の一言。
非常に情けない声だが、彼の現状を考えると「機械にまで見捨てられた」といういたたまれない状況であるため、本作を観た人によりツイッターで「ゾルタン かわいそう」と検索候補で出てくるほど同情の声が上がった。

「失敗作だって、見捨てられりゃ傷つくし、腹も立つんだがね。」
モナハンと秘密通信していたエリクを暴いたゾルタンは、この台詞とともに彼女を射殺するが、出撃時、シナンジュ・スタイン内のコクピットの中で涙目になっていた。
彼が招いたことがきっかけとはいえ、仮にも部下だったものに裏切られた心情は計り知れないものだろう。

「ジーク・ジオンだの、サイド共栄圏だの、くだらんお題目のために全てを…全てを犠牲にしてきた!」
「星をも動かしたサイコフレームよ、この俺を吸い尽くして…奴らに裁きを!」
この言葉を発した後、Ⅱネオ・ジオングのサイコフィールドを用いてヘリウム3を臨界爆発させ、周辺のコロニーや地球圏を危機に陥らせる。
この言葉にゾルタンの人類への憎しみがつまっており、彼が戦争のみならず、ジオニズムと後々歪んできたその理論と強化手術の被害者であることが窺える。

「人間が宇宙で暮らすようになって、せいぜい百年…それでニュータイプになれって、夢見過ぎだよなあ?進化ってのは、そんな簡単なもんじゃない」
フェネクスリタ・ベルナル)に対して。宇宙世紀憲章が公表されても変わらない世界に対しての声でもある。事実ラプラスの箱は解放されても、世間は数ヶ月で落ち着いた。その上、それはゾルタンのような被害者にとって遅すぎたどころか救いにもならないものであった。

「それがどうした!こんなものがなんになる!誰がコレを理解する!」
「オールドタイプが理解するのは現象だけだ!奇蹟を目にしても、その本質を学ぼうともしない。人は変わらない!これからも、俺やおまえらみたいな人間が奇蹟のために切り刻まれる!だったら…さっぱりさせようぜぇ!」
ミシェルがばら撒いたサイコフィールドが引き起こした結界を振り払う時のセリフ。
アクシズショックなどの奇跡やラプラスの箱解放という変革が起きようと、戦争は起き、強化人間は作られ、歴史は繰り返されることを知っているゾルタンの絶望は、どこかフル・フロンタルを想起させる。彼が失敗作とはいえシャアの再来を目指して作られたことが如実に表れているのだろうか。

「やめられるか……そうやって片しちまうから、人はいつまで経っても……!」
ヨナの降伏勧告を跳ね除けた一言。上記のようにフロンタルの言葉に似ている。

「死ねば…溶け合えるんだろ…?」
ゾルタンの魂が肉体から解き放たれた際に、安らかな口調でヨナに呟いた。
だが、この後、心中を誘うかのような出来事がヨナを襲う…

余談

サンライズ小形プロデューサー曰く「(原作版フル・フロンタルを意識した)勧善懲悪キャラ」、吉沢監督曰く「頭の中に小学5年生がいる」「スタッフのお気に入り」福井氏曰く「メカニックが肩ぶつけただけでも半殺しにしちゃう」…とメインスタッフからとてつもないキャラと紹介されており、宇宙世紀どころかガンダムとしては珍しくシャアに代表されるクールなライバルキャラではないことに驚きを隠せないファンがいた。

しかし公開後、鼻歌と乗機に見捨てられ嘆く奇抜なキャラとともに、その奇行と残虐さも強化人間の悲哀さから来るもの、そして主人公3人の写し鏡とも言えるキャラクター性のおかげで、早くもガンダムNTの中で1、2位を争う人気キャラになっている模様。
ついには公式動画『ゾルタン様の3分でわかる宇宙世紀!』のナレーションを担当するまでに至った。
この動画ではこいつら暑苦しくてダメ!このお姉さんは怖すぎてダメ!こいつ赤い彗星なのに黄色かったからダメ!じゃ!ってんでセルフパロディすれすれのこいつが出てきたけど!」と歴代ジオン残党勢力中心人物に(半分ネタ混じりの)容赦ないダメ出しを下すどころか、ガンダムの事を話し出すと早口になっちゃうおじさん達というメタ発言や、これ別のアニメじゃないの!?という公式による自虐とも過去作のオカルト要素が忘れ去られている事に対する皮肉ともとれるネタまで言いたい放題である。
公開後、Twitterでは早速「ゾルタン様の3分」がトレンド入りしたのだった。



年が明けてもぉ、ロングランヒットしちゃうんだなぁ!!これがぁ!!

関連項目

機動戦士ガンダムNT ジオン共和国
シナンジュ・スタイン
Ⅱネオ・ジオング
強化人間
フル・フロンタル

宇宙世紀作品外

フロスト兄弟 - 『機動新世紀ガンダムX』のキャラクター。同じく自身の能力を認められなかった故に世界を破滅させようとしたライバルキャラたち。ただしこちらは、特異な能力を認められなかった異能者というだけで精神操作等は施されてはおらず、それ故に強化人間特有の精神の不安定さは見受けられない。

ラウ・ル・クルーゼ - 『機動戦士ガンダムSEED』のキャラクター。同じく似せて造られた存在クローン)であり、身勝手に自分たちのような人間を造っては捨てる世界を憎み、その滅亡を望むようになる。属する国家の大義名分に一切興味がない点でも共通している。なお、パーソナルカラーも白で、かつCV池田秀一のキャラクターと深い縁がある。

関連記事

親記事

機動戦士ガンダムNT きどうせんしがんだむならてぃぶ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゾルタン・アッカネン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69750

コメント