ピクシブ百科事典

シナンジュ・スタイン(機動戦士ガンダムNT)

しなんじゅすたいん

シナンジュ・スタイン(MSN-06S-2)とは、劇場版アニメ『機動戦士ガンダムNT』に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

避けるなよ、コロニーに穴が空いちまうだろうが……

カタログスペック

頭頂高22.6m
本体重量23.1t
全備重量54.2t
ジェネレーター出力3,240kW
スラスター総推力128,600kg


概要

宇宙世紀0094年6月15日に、ジオン軍残党『袖付き』に強奪(に見せかけて違法譲渡)された、2ユニットの「スタイン01」の内の一機。
型式番号MSN-06S-2が示す通り、同機の『第二種仕様』を意味する(モビルスーツの型式番号則では、末尾の[2]は『二番機』を意味しない)。

赤い彗星の再来」ことフル・フロンタルのために大幅にカスタム・アップされたシナンジュと異なり、外観的にはエングレービングが施された程度と、仕様の差異が小さい。

機体解説

原型はシナンジュ同様、アナハイム・エレクトロニクス社が『UC計画』及びユニコーンガンダム開発のための、データ検証用試作機、シナンジュ・スタインである。当該機体は、サイコフレーム実験機であり、ユニコーンガンダムに搭載されたインテンション・オートマチックも導入されているが、あくまで評価試験用であり、実戦への投入は想定されていなかった。

本機は、“赤い彗星の候補”として調整された強化人間の一人である、ジオン共和国軍所属ゾルタン・アッカネン大尉の搭乗機として調整され、宇宙世紀0097年フェネクス捕縛作戦に投入されている。
この際、所属組織のカモフラージュのためネオ・ジオン残党『袖付き』(=テロ組織)の組織名の由来となったエングレービングが施されている。
当該処置は、フェネクスに干渉する事自体が、地球連邦軍参謀本部への『反逆』と受け取られかねない、高度な政治的要因を孕んでおり且つ、地球連邦軍とミネバ・ラオ・ザビの間でサイコフレームの封印協定が結ばれていた(とされる)ことから、サイコフレーム採用機であるシナンジュ・スタインが協定違反兵器に該当してしまうためである。(ジオン共和国は自治権を認められているだけで、あくまでも地球連邦政府に加盟しているサイド政庁である。)

ガンプラ

1/144スケールではHGUCとして2018年10月27日に発売。シナンジュの仕様変更。
1/100スケールではMGとして2019年1月発売。MGシナンジュ・スタインの仕様変更である。

関連項目

機動戦士ガンダムNT 機動戦士ガンダムUC
ジオン共和国
サイコミュ サイコフレーム

原型機

シナンジュ・スタイン

異種仕様機

シナンジュ

『UC計画』完成機

ユニコーンガンダム バンシィ フェネクス

pixivに投稿された作品 pixivで「シナンジュ・スタイン(機動戦士ガンダムNT)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6474

コメント