ピクシブ百科事典

ナラティブガンダム

ならてぃぶがんだむ

ナラティブガンダムとは、劇場版アニメ『機動戦士ガンダムNT』に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

カタログスペック(素体、A装備、B装備、C装備)

形式番号RX-9、RX-9/A、RX-9/B、RX-9/C
頭頂高21.0m、27.0m、21.0m、21.0m
本体重量25.1t、88.0t、29.4t、26
全備重量40.2t、193.6t、72.0t、51
ジェネレーター出力2,980kW、5,070kW、3,280kW、2,980kW
スラスター総推力104,000kg、304,000kg、108,200kg、104,200kg


概要

「RX-93 νガンダム」が開発されるよりも以前に、サイコフレーム試験機として製造されていたアナハイム・エレクトロニクス社製のモビルスーツ。パイロットは、地球連邦軍少尉ヨナ・バシュタ

多目的試験機としてデータ取得が主な目的だった為、機体各所の装甲は外されており、内部フレームが剥き出しになっている上、武装は形式的に装備された頭部バルカン砲のみである。
その他の特徴として、ロールアウト年代にしては珍しく全天周囲モニターを採用していない。

宇宙世紀0097年フェネクス捕獲作戦『不死鳥狩り』において、連邦参謀本部の直属の命令でルオ商会運用の宇宙輸送船ローズパッドと共に、特殊部隊「シェザール隊」へ増援として送り込まれている。

機能

サイコフレーム

機体にはサイコフレームが用いられている。
『不死鳥狩り』作戦ではパイロットのニュータイプ能力を補うためサイコフレームが内蔵された「サイコスーツ」を着用して運用していた。

宇宙世紀0097年には地球連邦軍ミネバ・ラオ・ザビ(派ネオ・ジオン)の間で、サイコフレームの研究、ユニコーンガンダムの稼働を禁止する「サイコフレーム封印協定」が締結されたが、ゾルタンによればこの協定はサイコフレームの使用も禁止しているらしく、ナラティブは協定違反に当たる機体とされる。

NT-D

ユニコーンガンダムで使用されていた特殊管制システム。発動するとパイロットの操作から、機体が離れて自動的に感応波を発するニュータイプおよび強化人間が搭乗する機体へ攻撃を開始する。

コア・ブロックシステム

コクピット部分にはコア・ファイターが搭載されている。
Ⅱネオ・ジオングとの決戦で機体が破壊された際に分離し、ヨナをフェネクスへ移譲させる事に一役買った。

装備

本機は、出撃の際ルオ商会の力を借りて、後述の三種類の武装ユニットに換装して運用される。
劇中では、A装備→B装備→C装備と移行していくにつれて、武装がシンプルなものとなっていく。
これは監督である吉沢俊一氏が、これまでのガンダムシリーズとは表現を変えたいと考え出したアイデアである。
既存のガンダムは、フルアーマーや、アサルトバスターのように、後期に進むほど装備が派手になっていくため、この逆の演出を狙ったと語っている。

A装備

ナラティブガンダムが大型兵装を装着した状態。推力増強が図られており、大型ブースター類全てを後方に向けると爆発的な加速力を得る事が可能。これにより、直線加速力と最高速度はフェネクスを上回る。
武装は大型ビームサーベルハイメガキャノン、各種ミサイルポッドといった、高威力火器が充実している。
加えて、フェネクス捕獲用に複合特殊兵装「サイコ・キャプチャー」を備え、展開したフィールド内に閉じ込めて感応波に干渉する事で機能停止状態に陥らせる。

B装備

背部に巨大なインコム2機を搭載したバックパック、両腕にミサイル内蔵型小型シールドを装備した姿。
NT-D発動時のオプションとして、インコムはワイヤーが自動で切り離されファンネルとなって、感応波を発する敵機を攻撃し、「サイコ・キャプチャー」を形成する。

C装備

別名サイコパッケージ。ユニコーンガンダムのサイコフレームを流用した複合装甲。
武装は、ビームライフル、ミサイル及びビームキャノン付きシールドを装備している。
不死鳥狩りとは全く関係ない想定外の急ごしらえの形態とされている。

劇中の活躍

サイド6の学園都市「メーティス」で、フル・サイコフレーム機シナンジュ・スタインと激突することになるが、これは偶然ではなくサイコフレーム搭載機同士を戦わせる事によってサイコフレームの共鳴現象を起こさせフェネクスを誘き出すというミシェル・ルオの思惑により意図的に作り出されたものだった。

フェネクス捕獲の為NT-Dシステムが搭載されていたナラティブは、フェネクスが飛来したのに合わせてシステムが発動、「サイコ・キャプチャー」でフェネクスを捕獲した上で破壊しようとする。
意に反した暴走によるヨナの怒りで暴走状態に陥ったナラティブは、ジオン共和国軍が持ち込んでいたハルユニットをサイコミュ・ジャックで乗っ取り合体を果たす。怒りのまま両腕の五指からメガ粒子砲を放ちコロニーを破壊しようとするが、フェネクスの中のリタ・ベルナルの説得を聞いたヨナが正気に戻った事で暴走が収まり、分離した。

作戦失敗及びマスコミ対策の偽装としてC装備に換装されたナラティブはルオ商会に装備コンテナごと回収される手はずだったが、Ⅱネオ・ジオングとの決戦で出撃、フェネクスの手を取り、伝導したかのように時を巻き戻す波動を放った(サイコフレームもフェネクスと同じ青に変化した)

備考

G-SAVIOUR

2000年に放映された実写作品「G-SAVIOUR」の主役機Gセイバーは、オリジンと呼ばれる素体に外郭装甲や補助駆動ユニットなど様々な換装パーツを装備して環境に適応する機体である。素体状態に装甲や武装を施して運用されるというコンセプトはナラティブガンダムと共通している。

ガンプラ

2018年11月30日にHGUCで発売。A装備でのキット化となる。
さらにB装備への換装パーツがプレミアムバンダイ限定で発売予定。

関連項目

機動戦士ガンダムNT ヨナ・バシュタ
アナハイム・エレクトロニクス
νガンダム サイコフレーム

pixivに投稿された作品 pixivで「ナラティブガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11808

コメント