ピクシブ百科事典

オーキス

おーきす

この項目では「機動戦士ガンダム0083」に登場したオーキスについて扱う。
目次[非表示]
  1. ランのこと。特に野生のラン、陸生ラン、ハクサンチドリ属のランといったものを指す。
  2. 機動戦士ガンダム0083」に登場する兵器。
  3. 神撃のバハムート」に登場するキャラクター。→オーキス(神撃のバハムート)

オーキス(ガンダムシリーズ)

兵器と武装コンテナとスラスターの塊である巨大なアームドベース。
ガンダム試作3号機ステイメンとドッキングすることで、デンドロビウムとなる。

「SDガンダム外伝」シリーズには『装甲馬車オーキス』『機甲戦車ニューオーキス』として登場している。
また、「三国伝」では孫権ガンダムの天玉鎧(強化パーツ)のモチーフとなっている。

亜種

本編放映後になるが、ガンダムの立体化商品のひとつ『ガンダムフィックスフィギュレーション』においてGP03が2007年4月発売・立体化された。
その際においてはアームドベース『オーキス』の簡易タイプという解釈のウェポンシステムと呼ばれる武装コンテナ拡張装備がなされている。

ステイメンうぃず強化ユニット



主な違いは

  • オーキスの外枠を取り払い、フレームにウェポンラック及び拡張装備を配置した形で簡素化。
  • クローアーム 及び 大型ビームサーベルの廃止
  • ウェポンスロットから枠状のウェポンラックに変更、数も片舷三基、計六基に縮小
  • 装甲は最小限のものとなり、内側二基のウェポンラックをカバーする装甲板がある程度
  • このため外側のウェポンラックにはミサイルコンテナは通常装備されず、ハードポイントを介してビームライフルやバズーカ、シールドを懸架する
  • 超大型拡張スラスターを六基から四基に削減
  • Iフィールド・ジェネレーター及びメガ・ビーム砲の継続採用

――と、野心的なオーキスの設計理念を受け継ぎながらもスリム化を実現している。
(ただしそれでも格段にサイズは大きい上、画稿やフィギュアでは稼動に必要であろうプロペラントタンクなどは未装備、如何に無理な縮小であったかがうかがい知れる。)

フィギュア化されるに当たり、他の同ブランド商品とは一線を画すサイズであることには変わりなく、専用のスタンドを使わないとメガ・ビーム砲を支えることができないといわれるほど巨大である。
厳密にはノンスケールであるこのフィギュアは、1/144より微妙に大きくメガ・ビーム砲だけで60cmもある。
またこのフィギュアのコンテナウェポンはスティメン用の武器とマイクロミサイルポッドと後方迎撃ミサイルのみが装備されている。

関連タグ

機動戦士ガンダム0083

pixivに投稿された作品 pixivで「オーキス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 308717

コメント