ピクシブ百科事典

サイコシャード

さいこしゃーど

サイコシャードとは、アニメ『機動戦士ガンダムUC』、『機動戦士ガンダムNT』に登場する、結晶状の疑似サイコフレームである。
目次[非表示]

概要

サイコシャードとは、サイコフレームの中に鋳込まれていたナノサイズの集積回路(金属粒子並みのコンピュータ・チップ)が散布され、サイコフレームが作り出す力場の中で結晶化して生成された疑似的なサイコフレームである。
その機能は通常のサイコフレームに準じるとされる。

機能

上述の通りサイコフレームに準ずる、つまり単機のサイコフレーム搭載総量を劇的に増加させる
通常、サイコ・フィールドを発生させるには、二人以上のニュータイプ(または強化人間)が同調し、サイコフレームを共鳴させなければならないとされるが、サイコシャードを発生させた機体を用いれば、単独のニュータイプであっても擬似的なサイコ・フィールドを、しかも任意に発生させることが可能となる。擬似的とは言え、小惑星すら動かしたその力は凄まじく、ネオ・ジオングの『兵装』は「使用者の意思を具現化する精神の力場」とも形容された。
具体的には、フィールド内で敵機体の武器に干渉して自壊を起こし、またフィールドに触れた機体のエンジンをあたかも時間が巻き戻ったかのように組み立て前の状態に分解するといった現象を引き起こしている(後者はサイコシャード未装備機であるフェネクスも引き起こしている)。

Ⅱネオ・ジオング運用時は、貯蔵タンク一基分のヘリウム3を直接核融合反応させ大爆発を引き起こすなど、さながら魔法染みた現象さえも引き起こした。

以上のように様々な“機能”を発現するが、Ⅱネオ・ジオングのサイコシャードはフェネクスビームトンファーに両断されているため、そのものの物理的強度は决して高くない。

サイコシャードを発現・搭載した機体


ゲーム作品において

スーパーロボット大戦

敵のボス級ユニットであるネオ・ジオングの最強武装として登場する。威力・射程は言うまでも無く、「バリア貫通」・「サイズ差補正無視」等の追加効果も充実。演出は敵機(自軍)ユニットの武装が自爆する、OVAを再現したものとなっている。

最高レアリティであるSSRの「ユニコーンガンダム結晶体ver.」と、「ネオ・ジオング」のユニットアビリティとして実装。「全属性のダメージを一定割合軽減する特殊装甲」として、特にネオ・ジオングの高いHPを更に活かしてくれる(ダメージ軽減率など、ネオ・ジオングのアビリティの方が純粋に上位互換でもある)。特殊装甲はバリア系と異なり貫通されないのも強み。

Gジェネレーション

  • ジェネシス

ユニコーンガンダム【光の結晶体】」、「ネオ・ジオング」が、ユニットアビリティとして所有している。その効果は「周囲9マス範囲内の敵ユニットが射撃武装を使用できなくなる」というトンデモないもの。

関係項目

サイコフレーム ニュータイプ
機動戦士ガンダムUC 機動戦士ガンダムNT
シンギュラリティ

関連記事

親記事

サイコフレーム さいこふれーむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サイコシャード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11837

コメント