ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

何らかの理由で人生の先が見込めない動物を、苦しまないで死なせる事。

一般的には保健所送りにされて時間の経った骨折予後不良)した競走馬に施す処置だが、他の動物や人間にも適用される。


海外の一部では人間に対しても合法で行われている。代表的なのはスイスで、最も古い1942年に始まった。

ただし、実施には回復不能な病や障害と、それに伴う耐えきれない苦痛があるのが前提となり、厳格な審査を要するため簡単には受けられない。


自殺と安楽死編集

安楽死を合法化すべきという議論は国を問わず定期的に沸き起こる。

理由は自殺対策である。


自殺の理由は様々だが、それぞれ生きることに苦しみを抱いている点は共通している。

それを具体的な救済もなく精神論的に「生きろ」と強制する方が残酷であり、安らかに死ねるならそうしたいという話は多い。

実際、世の中の自殺は飛び降りや電車への飛び込み、首つりなど一瞬とはいえ多大な苦痛を伴うことになり、安らかに自殺する方法はまず無い。


日本でも、完治の見込みがない病気の患者が医者に裏金を渡し、薬物注射による安楽死を依頼したという事件があった。

当然ながら法整備がされていないため医者は殺人容疑で逮捕されたが、人それぞれの倫理観により善悪の判断が分かれる事例であり世間の議論を呼んだ。


長らく世界的に安楽死が法制化されなかった理由は、ひとつはキリスト教イスラム教国において「生死は神が決める」という思想が強いこと。もう一つは優生学新自由主義支持者等により「福祉を削減してどんどん安楽死させろ」という主張が行われる可能性が高いことである

しかし、2010年代以降はキリスト教圏を含む欧米を中心に安楽死の合法化が急速に拡大している。中でもカナダが最も急進的に法制化を進めているとされ、世界的に安楽死への態度が変わりつつある。

2020年代に入ってからは、ドイツオーストリアニュージーランドなどで相次いで安楽死の合法化が行われた。


余談編集

  • 相模原障害者施設殺傷事件の死刑囚は、「意思疎通のとれない障害者は一方的に安楽死させるべき」という主張をしているが、これは安楽死ではなく虐殺であり、前提が間違っている。そもそも安楽死というのは本人の明確な意思表示が必要である。

関連タグ編集

ドクター・キリコ 介錯

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 343641

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました