ピクシブ百科事典

概要

1883年に「フランシス・ゴルトン」が定義した造語。一般には「生物の遺伝構造を改良する事で人類の進歩を促そうとする科学的社会改良運動」とされている。

20世紀初頭に大きな注目を集め、ナチス政権による人種政策はその最たるものとされる。
ナチスが関与し、その内容が倫理的にかなり危ないものであったことから優生学はタブーとされ、各国で福祉政策の一つとして取り入れられていた優生学的施策も20世紀末までに全廃された。
現在優生学的政策を公的に取り入れているのはシンガポールただ1国のみである。

日本における優生学的政策

1940年に国民優生法が公布された。この法律では遺伝性精神病などを患った人は本人の意思に関わらず避妊手術を受ける事などが定められ、1941年から1947年までにこの法による断種手術が538件行われた。
1948年以降は遺伝性精神疾患の他にハンセン病がこの法の対象とされており、現在でも各地のハンセン病療養所にはホルマリン漬けの胎児が残されている。
1996年に優生保護法は廃止され、母体保護法へと移行された。現在では中絶・不妊に関わる手術は本人と配偶者の同意によって決定される。

pixivに投稿された作品 pixivで「優生学」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44

コメント