2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました。

詳細
目次[非表示]

概要

広義には、人が自動車電車等に接触する事故を指すが、大抵の場合は電車との接触、特に飛び込み自殺を意味する。

損保業界では逆に酔客の転落などの偶発的なもの(保険金の支払い対象となるもの)のみを差し、飛び込み自殺によるものは「輸送障害」として区別する。特に自動車保険においては歩行者や搭乗者を負傷させる事故そのものを広範に指し、その他のものを物損事故と呼んで区別する(ちなみに、この物損事故の場合は交通違反に起因するものや当て逃げを除いて不法行為とは見做されず、免許証への違反点数が付与されない)。

飛び込み自殺によるもの

最も多く発生しているのは首都圏で、路線を問わず毎日のようにどこかで人身事故が発生しているため、電車の遅延・混雑・振り替え輸送とセットで日常的な光景となっている。
鉄道会社もホームドアの設置などで対策を図ってはいるものの、そのホームドアを乗り越えてまで線路に侵入する事例もあり、完全な解決策とはなっていない。
近年では痴漢が線路内を走って逃げるケースもあり、それによる人身事故も起きている。

世界トップレベルに劣悪とされる日本の通勤ラッシュに、時間に厳しい日本人の国民性が重なり、電車を遅延させることで周囲が被る迷惑は計り知れない。
このため、人身事故が発生した場合に乗客がやることは決まって腕時計の確認と代替ルートの探索であり、自殺者が顧みられることはまず無い。
中にはストレスが爆発して「どうしてくれるんだ」「タクシー代を出せ」などと無関係な駅員に詰め寄る者も出るため、鉄道職員にとっても悩みの種である。
予定が狂うだけならまだしも、目の前で凄惨な一部始終を見せつけられたりと運悪く居合わせた人へのメンタル的な被害も大きい。
その影響を考えれば、まるで自爆テロでも起こしたようなひどい言われようもむべなるかな。

しかし、その場でイライラしていた人も明日は我が身かもしれないことを決して忘れてはいけない。
人身事故を起こす人の中には元々身勝手どころか、むしろ責任感が強過ぎて一度ミスしただけで再起不能になるような性格も少なくないのだから。

鉄道会社でも「人身事故」と称するのが一般的だが、特異な例だとJR東海は「触車事故」と称する。

地方交通線でも人身事故は多発している。こちらは自殺や酔客によるものではなく、第四種踏切や所謂勝手踏切の無謀横断によるものが大半である。

関連タグ

事故 事件 自殺 中央線 轢死 マグロ じこはおこるさ グモッチュイーーン ブルーマンデー

関連記事

親記事

鉄道事故 てつどうじこ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 472882

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました