ピクシブ百科事典

ゲドラフ

げどらふ

ゲドラフとはTVアニメ「機動戦士Vガンダム」に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

概要

アインラッドとの共用を前提に、ベスパが開発した量産型モビルスーツ
アインラッドの内側に収める為に機体が小型化されており、全高13.8mと、当時のモビルスーツの中でも特に小柄な部類に入る機体である。
主なパイロットはルペ・シノカテジナ・ルースなど

本体の武装はビーム・ライフルとビーム・サーベルというオーソドックスな物だが、アインラッドにメガ粒子砲やミサイルが装備されている為、運用時における火力は高い。
また、両腕にビームシールドを装備しており、アインラッド側面への攻撃をほぼ完全にガード出来るなど、アインラッドとの併用によって堅牢な防御力を誇っている。
ただし、実戦に於いてはアインラッドが敵に奪取されるケースが多かった為、そのリスクを避けるべくビブロンズなどの試作機が開発され、後継機であるブルッケングの完成に繋がった。

機体データ

型式番号 ZM-S24G
所属 ベスパ
生産形態 量産機
全高 13.8m
本体重量 6.9t
全備重量 17.4t
出力 5440kW
推力 12250kg×3、12080kg×2
装甲材質 チタン合金ネオセラミック複合材

バリエーション

ブルッケング

アインラッドが敵に鹵獲・強奪されるリスクを軽減する為に開発されたゲドラフの後継機。
詳細はブルッケングを参照。

ビブロンズ

機動戦士クロスボーンガンダムゴーストに登場。
ブルッケングと同時期に開発された地球侵攻用試作型モビルスーツ。頭部を二つ有した特異な形状を持つ。
ブルッケングと同じくアインラッドを鹵獲・強奪されるリスクを軽減した機体ではあるが、アインラッドをバックパックに折りたたんで携行したブルッケングとは異なり、車輪部分は巨大な尾に変形させている。
尾の先端部にはクローが設けられており、これによって格闘戦を演じる事も可能。
車輪形態時の直径は小さく抑えられているが、その結果機体が収まりきらず手足が左右にはみ出した状態となる為、アインラッドと異なり左右への守りは脆弱であるが、双頭部に備えられたビーム砲によって敵機を迎撃する。
積極的に攻める事で逆に防御を固めるという設計思想を持つが、頭部ビーム砲は砲身を持たない為の射程は短く、結果として癖の強い機体となってしまっており、型式番号も未取得であるなど、ザンスカール帝国のモビルスーツ開発に於ける開発陣の混乱を端的に表す機体として見る事も出来る。

関連項目

機動戦士Vガンダム
ザンスカール帝国
ルペ・シノ カテジナ・ルース
アインラッド ブルッケング

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲドラフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 88994

コメント