ピクシブ百科事典

フォント・ボー

ふぉんとぼー

フォント・ボーとは、漫画「機動戦士クロスボーン・ガンダムゴースト」の登場人物。同作の主人公である(画像左側)。
目次[非表示]

”幽霊”の名を持つ機械よ……
もし消えゆく人の痛みと悲しみが ほんのひとかけらでも わかるなら
力を貸せっ!今だけでもいいっ!

人物像

CV:石川界人ガンダムバーサス

サイド3(旧ジオン公国)のズム・シティに住む高校生の少年。
所謂オタクであり、クラブ活動で作ったAIハロロを搭載したタブレット端末を持ち歩いている。
また、モビルスーツに深い造詣を持つ。自身も古今東西の兵器の情報を彼なりにまとめてウェブサイトに公開する事を趣味としており、中にはGPシリーズのような歴史から抹消された機体のデータも掲載されていた。
真面目なごく普通のヲタク少年だが、優しさと情熱を内に秘めた熱血漢である。

ある日、偶然ザンスカール帝国の兵器「エンジェル・ハイロゥ」の情報を入手した彼は、何の気なしにそれを自身のページに掲載した結果、ザンスカールから命を狙われてしまう。そして、木星のエージェントであるカーティス・ロスコに命を助けられ、自身と親族の安全を条件に彼が率いる特殊部隊「蛇の足」への参加を決め、以降彼らと行動を共にする事になる。

モビルスーツの操縦技術も習得しており、MSに乗っての戦闘も行う事はあるが、それはあくまで成り行きに過ぎず、本人は戦闘を得意とせず、持ち前の知性と知識、そして技術のみを頼みに生き抜く知性派である。また、操縦技術もあくまで趣味で身につけた物に過ぎず、本格的な戦闘に参加出来る程の物ではない。はっきり言ってパイロットとしては並である。
しかし、豊富な機械知識を活かしたトリッキーな作戦を編み出す事に長けており、加えて蛇の足のエージェント達がただの一人も解く事ができなかったエンジェル・ハイロウのデータをあっさりと解いてしまうなど、ハッカーとしての才能もある(カーティスが彼を巻き込んだのも、彼の才能を評価してのこと)。
主な搭乗機はサイド3の戦争博物館から拝借したザクⅡおよびファントムガンダム

元々戦争に巻き込まれた身であった為、自身が戦う理由を見つけられずにいたものの、キゾ中将の命を軽視する作戦に反感を覚え、ギロチンで処刑されたカーティスの友人の「百年争いの無い国を作る」という目標を受け継ぎ戦う事を決意する。
また、戦争と向き合う内に戦争と命に対する明確なビジョンを有するようになっていき、元来の責任感の強さと相まって彼の心を支える柱の一つとなっている。

カーティスの見立てではニュータイプ能力は持っていないとされているが、その反面デバイスの扱いに長けており、即座の判断力は他の追随を許さない。
しかし、それゆえに個人の裁量を超える決断を短時間で繰り返してしまい、その結果「理性」を暴走させ、生命倫理より効率を優先するようになる。結果としてそれがカーティスとの不和を呼び、彼の身を案じたベルの手によって、カーティス達の下を去る。その際、クロスボーンガンダムゴーストを持ちだした事からかつてクロスボーンガンダムのパイロットであったシーブック・アノーと出会い、彼とベルの献身によって自らの過ちを認め、再びカーティス達の下へと戻り戦う決意を下す。
そして、エル・ザンスカール帝国としてザンスカール主流派から独立し、エンジェル・コールで汚染された艦隊をエンジェル・ハイロゥへ特攻させるべく活動を開始したキゾに対して最後の戦いに臨んだ。

だが、戦闘の最中に汚染艦と共に太陽へ進路を取った「林檎の花」をキゾによって占拠され、また自分達を支えたカーティスも重傷を負い、残された戦力でキゾとの決戦を余儀なくされる。これに対してフォントは持てる手段を全て投じて戦闘を演じ、途中再度理性が暴走しかけるが、ジャックの犠牲によって我を取り戻し、辛くも勝利した。

戦闘後、既に地球から遠く離れつつあった「林檎の花」から生還するべく、救出したベルと共に非常用冷凍睡眠カプセルで眠りに付き、カーティス達が自分達を捜索してくれると賭けて地球への帰路へ付くが、カプセルのビーコンが故障していた事から彼らが再び目覚めたのは15年後の情勢が一変した世界であった。
自分達に繋がる物が一切無くなり、更に目標も見失った状況で一度は自分が幻になってしまったのではないかと思い込むが、彼を救出した一派のリーダーがかつて自分が助けた子供の一人だった事、そして死んだと思い込んでいた仲間が生きていた事に希望を見出すと、自らを「ゴースト」と名乗り、世界がどう変わったのかを見て回るべく旅に出た。

名前の由来は、本作と強い関連性を持つ「機動戦士Vガンダム」の主人公、ウッソ・エヴィン(嘘・鋭敏)を反転させた「本当・呆」と、フランス料理の出汁の一種「フォン・ド・ヴォー」。名前にとどまらず、キャラクターの立ち位置・能力・家族関係にいたるまでウッソとは正反対の人物として造形されている。

「理性の暴走」

フォント・ボーというキャラクターを象徴する能力である。先述のようにフォントはデバイスを使うことに長けただけの一般人であり、諸々の能力はニュータイプには遠く及ばない。そんな彼が水爆ミサイルを爆発させずに迎撃する作戦を敢行した際に、人知を越えた状況判断を繰り返した結果手に入れた新境地が「理性の暴走」である。
これは脳が異常加速した状態であり、瞬時に周囲の状況を把握し、コンピューターのような速度と正確さで情報を処理することが可能となる。以前は戦闘が苦手なフォントであったが、この能力のおかげで常人離れした速度の戦況判断を行えるように成り、歴戦のパイロットを翻弄させるほどの機転を見せつけた。
最終的にはキゾ中将との命を賭した戦いを経て更に「理性」は暴走し、未来予知すら可能とするほどの境地に達してしまった。ある意味、凡人が努力によってニュータイプに近しい境地にたどり着いた状態と言える。
ただしこの状態は脳に過負荷をかけるため、肉体や精神を疲弊させる諸刃の剣である。また、理性に偏るあまり人間性がどんどん欠落してしまうため、人の命を何とも思わなくなる危険な状態でもある。後にフォントは訓練によって精神に文字通りON/OFFをかけることでこの状態をコントロールするようになった。

後日譚

最新作機動戦士クロスボーン・ガンダムDUSTにももう一人の主人公として登場。かつて自らが救い上げた子供の一人で本作の主人公アッシュ・キングと対峙し、彼に試練を与える存在として立ちはだかった。長引く宇宙戦国時代にピリオドを打つべく地球連邦軍の部隊であるキュクロープスに入隊しており、”幽霊(ゴースト)”の異名よろしく暗躍している。
数々の修羅場を経験してきたためか前作に比べどっしりと落ち着いており、前作で暴走していた理性もバランスのとれた思考の元に制御している。
”宇宙世紀を終わらせない”こと、そして”百年戦争をしない国”を作るべく地球連邦政府の復権をあしがかりに、地球とコロニー群と木星勢力とを互いに牽制させることで3者とも国力を回復させる、いわゆる天下三分の計を目論んでいる。

関連項目

機動戦士クロスボーン・ガンダムゴースト
カーティス・ロスコ ベル・ドゥガチ シーブック・アノー
ファントムガンダム

pixivに投稿された作品 pixivで「フォント・ボー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9470

コメント