ピクシブ百科事典

フォンドヴォー

ふぉんどぼー

フォンドヴォーとは、漫画『コロッケ!』に登場する人物である。
目次[非表示]

1.フォン・ド・ヴォー(フォン・ド・ボー)。フランス料理の基本となる出汁(フォン)の一種であり、仔牛のフォン。
2.コロッケ!の登場人物。この項にて説明。
3.DABA声優ユニット)内での近藤孝行の呼び名。


CV:堀内賢雄

概要

青い肌長い赤い髪金眼、黒のマントと黒の帽子、黄色のスカーフが特徴のバンカー。主に赤い髪を針状にして攻撃する。
実はコロッケの父であるバーグの弟子で、バーグ直伝のパンチ『ハンバーグー』が使える。また、バーグとの修行での経験からか料理が得意。コロッケの兄弟子であり、良き兄貴分である。
バーグと共に修行していた頃はまだ今より小さく幼さがあり髪は今よりも短く、服装はヘルメットはしていないもののバーグの半そでとコロッケの短パンに近いものを身に着けていた。中表紙では現在の姿でバーグと同じ服装をしていた事もある。
背中に背負っている棺桶はマンモス10頭分の重さを持つというが、マンモスの体重は1頭につき約5〜10tもあると言われているので、それが10頭分というと計り知れない重さになる。
本人曰く悪運が強く何度かコロッケを庇った際に死んだも同然で脱落しているが、毎回運良く復活している幸運の持ち主。(バンカーサバイバルでは黒マントの男に串刺しにされ海に流されたがカラスミに拾われ一命を取り留め、裏バンカーサバイバルでは主催者の怒りを買い奈落の底に落とされたが棺桶に入っていた為壁の一部にならなかった)
常に余裕のある大人びた雰囲気をしている一方で明るい性格でありノリも良くお茶目であり、4つ目の食材を手に入れた際にリゾット以外のくまさんチームの3人と踊って歌っていたりした。
バンカーサバイバルではコロッケ・ウスター・リゾット・プリンプリンと共にくまさんチームとして行動していた。
演技派であり、"次の王様だ~れだ大会"ではカラスミからブラックキーを奪うために記憶喪失のフリをして敵味方問わず欺いていた。その時は四獣士を名乗っていた。
名前の由来はフォン・ド・ヴォー(仔牛から作るダシ)

主な必殺技

赤き閃光気で針状にした髪を投げて攻撃。
赤き大閃光髪から大量の赤き閃光を放つ。
シャドウブレイク赤き閃光を相手の影に放ち、相手の動きを封じる。
ハンバーグーバーグ直伝の技。


貯金箱(バンク)について

・バンクは背負っている大きな棺桶であるが、中身がソファーの様な柔らかい素材であり禁貨を入れる穴のあいた部分は一切なく、本人が入ったり、食べ物が入っていたり、宣伝漫画では大量の漫画が入っていた。
・バンクであるが作中一度もバンクと呼ばれた事はなく、棺桶としか呼ばれていない。
・初期のカラー絵などでは禁貨を入れる穴が描かれていたが、作中では一切描かれていない。
・アニメにおいて貯金箱の重量はマンモス10頭分と称されているが、原作どころかアニメでも海に流されている時には浮いている。密度は低いのかもしれない。原作では重いという設定くらいしかない。
・重いが何度か投げつけており、リゾットチームのベンチに投げた際には原作ではウスターの目の前に刺さった。(アニメでは吹き飛ばされた際にプリンプリンの前で刺さっている)
・大きさはバラバラであり、背負っている時はフォンドヴォーよりも小さく描かれているが、棺桶に入った際は2倍の幅になっていた。
・ゲームでは振りまわしたり、スライダーとして乗っていたり、刃物が付いていたり、上から降ってきたり、大量のトゲが生えた状態で挟んできたり飛んできたり、髑髏を出したりと赤き閃光よりも武器として扱われている。本当にバンクなのだろうか。
・番外編では弁当箱だったりビート板として使用されている。
・貯金箱を繋いでいる鎖は上から外せるが、ピンチの際よく千切られている。素手で
・何でも入れられている為、作者には万能棺桶と称されている

ゲームについて

・GBAゲームでは"闇のバンクとバン王(2)"までの2Pカラー青髪・肌色(ペールオレンジ)であった。"グラニュー王国の謎(3)"からは4人対戦が可能となった為2P~4Pカラーは旧2Pほど大きな違いはなくなり、渋い色が中心となり、大きな違いはなくなった。ちなみにPSゲームの"禁断の禁貨ボックス"では2Pカラーは青肌であるが、髪の色がピンクになっている。
・ストーリー上の加入タイミングが遅い時は遅く、"バン王の危機を救え(GC・PS2)"に関してはラスボス前からの加入であった。ただし携帯ゲームだけに限れば2や3のリゾットの方が遅い。
・GBAゲームでは2から"バンクの森の守護神(4)"までは攻撃のスピードが普通であったが、"時空の冒険者(G)"では攻撃のスピードが落とされ重い動きのキャラに調整された。ただし通常攻撃のコンボ数は3回から4回に増えた。その後発売された"天空の勇者たち(DS)"では全員の攻撃回数が統一された。
・2~4では移動スピード・リーチ・攻撃速度・コンボ数が全て並である。そのため動きが遅く感じてしまうが、一発一発の攻撃が重く、無駄な動きをしない部分の原作再現がされている。GBAシリーズでの移動スピードは全て並で統一されている(他に統一されているのは若干遅いウスターのみ)。
・一発一発の攻撃が重いというのを一番再現されているのはGBA版の1の"夢のバンカーサバイバル!"であり、操作が可能なキャラの中で唯一通常攻撃で相手を吹っ飛ばせるしようとなっている。
・必殺技は中距離~遠距離向けが多い。Gに関してはシャドウブレイクを除いて全て遠距離攻撃である。シャドウブレイクはGBA版の1のみ遠距離技、2以降はPS版の1と同じく中距離技となっており、Gのみ原作のように影に刺しても効果がある(Gからはガードが可能)。"赤き大閃光"は4のみ近距離攻撃、GとDSでは遠距離攻撃となっている。また、ゲームオリジナル技である"スカーレットダークネス"は3~4は中距離技、Gは実質的に近距離技(影が重なった場合のみ攻撃のため)、DSは遠距離技となっている。
・パワーやガードは2や4ではくまさんチームの中でどちらも一番高い設定であった。3はリゾットのみ不明、Gはストーリー中で使えるキャラ全員が統一され、DSではどちらもチーム内で一番高いキャラではなくなったがHPが一番高いキャラの一人である(2でもHPが一番高いキャラの一人)。
・基本的な立ち絵は1(GBA版の"夢のバンカーサバイバル!"とPS移植版の"禁断の禁貨ボックス!")の頃は鋭い目つきであったが、2からは落ち着いた大人っぽい目つきに修正された。3からは笑った時の表情が修正されている(2では笑った表情が見られる章がない)。
・1の彼を主人公にしたストーリーではコロッケに対して黒マントのフリをしていた理由が明らかになる。また、PS版を含めて全主人公の中で唯一バンカーサバイバルに参加する目的が禁貨ではない。
・1の決勝戦でコロッケに負けた際の台詞が完全に強くなった弟を見て寂しくなる兄である。ちなみにPS版ではこの時に出てくる立ち絵が異なる。
・BGA版の1では全主人公の中で特に楽にストーリーを攻略できる操作性だったからなのか、PS版ではパワー以外を大幅に下げられた。スピードを遅い方に変更されたが、このゲームでは半分以上が同じスピードなので並とも言える。

GBA版PS版
パワー★★★★★★★★★★
スピード★★★★★★
テクニック★★★★★★★
※GBA版のスピードは対戦時の移動スピードではなく、MAP移動速度である。

・PS版ではCPUにした場合、離れていても移動手段としてダッシュ攻撃である棺桶に乗って滑ってぶつかってくる事が多い。
・"バン王の危機を救え(GC・PS2)"ではストーリー中に敵として戦う際は無駄な動きが少なく『ラスボスより強い』『全キャラ中最強』と言われている。また、攻撃力や防御力はトップクラスであり、遠距離技や動けなくする技が揃っており、コンボに繋げやすくなっている。
・2では襲われて遭難していた関係上、最初に会った時に帽子と上半身服を着ていない状態の立ち絵を見る事ができる。
・海辺にいる3のパッケージでは日頃コートを着ているせいか、メンバーの中で一人だけ棺桶を持ち上げて舌を出しながら暑がっている様子が見られる。なおGBA版1と2の完全クリア画像ではラフな服装であるため海辺にいても暑がってはいない。
・必殺技として一番設定されているのは原作で初期から使用していた赤き閃光ではなくシャドウブレイクである。(赤き閃光は4のみ必殺技ではなくサポートアタック技に設定された。技としてはどちらも皆勤している)

アニメについて

・アニメでの出番は少なく、30分放送時代はバンカーサバイバルで早く脱落していた事と再登場がバンカーサバイバルの途中ではなく次の王様だ~れだ大会であり長い期間出ておらず、ギャグコロ時代はOPのみの登場で本編には一切出ていない。喋っていた回数は104話中11話のみである。
・EDのキャスト部分では出演した11話中10話が『フォンド・ヴォー』と誤植されていた。(正しかったのは9話のみ)
・原作では家族構成は明かされていないが、アニメでは親兄弟がおらず、バーグは親父や兄貴のような存在という設定である。なお、これによって大会に出場した四獣士は全員親兄弟がいないということになる。
・次の王様だ~れだ大会では試合後の再登場が早くなり、裏のエピソードが追加されて原作より出番が多い。
・当時の原作の関係上、記憶を失っていない事について語るのは試合中ではなく倒された後になった。記憶を失っていない事は直接明かす前に棺桶に入っていた手紙が見つかった事により判明した。
・30分時代の最終話ではグランシェフ王国の復興に一肌脱ぐために王国に残った。それ以降の出番は全くない。

容姿について

・公式で美形と称されている。同じく美形と称されているリゾットと比べるとハンサムに描かれている。顔つきはアニメでは特に現実の人間に近い。
・目つきは初期は釣り目である事が多かったが、現在は落ち着いたものになっている。なお、演技中は目つきが悪くなる。
・長髪であり、横ではねている。バーグの弟子をしていた頃は跳ねている部分より下はなかった。
・前髪は必ず片目が隠れた状態で描かれているため原作では両目の状態は不明だが(両目を描かれたと思ったら吹き出しで隠れていた事もある)、アニメではフカヒレとの戦いの回想で一度だけ両目が描かれている。ぬいぐるみでは両目が印刷されている。なお、Twitterの電子書籍宣伝漫画では両目が飛び出している状態や、修行時代の両目が描かれた姿を見る事ができる。
・前髪の位置は向く方向によって変わるが、真正面を向いた際は右目が隠れている。また、造形のグッズやPS2/GC版のグラフィックは右で統一されている。ちなみに同じく片目が隠れているウインナーはモデルの関係なのか必ず右が隠れている。
・身長は高い方であり、くまさんチームの中では高い方のウスターより頭1個分以上高い(特にアニメ)。また、ガタイも良い。
・服装は黒いマント黒い帽子と称されているが、実際はマントを羽織っておらずカラーでは紺色のコート紺色の帽子でコロッケのズボンとほぼ同じ色ある。コロッケが暗い色を黒、丈の長い服装をマントと認識している可能性がある。なおバンカーサバイバルの途中までは短いマントっぽい物を羽織っていた。登場初期は光沢のないマント状の服装で描かれていたが、現在は光沢のあるコートで落ち着いている。アニメでもコートであるが黒に近い。PS2/GC版のグラフィックでは青である。
・靴は皮靴ではなく修業時代に履いていたような傾向に近いブーツである。ただしズボンで隠れているため作中でそういった部分は見える事はない。
・パンツはウスターと同じく縦じまのトランクスである。

その他

・手袋をしているが、ハンバーグーを使用した際は普通に燃えてなくなっている。
・師匠であるバーグを尊敬しているが、コロッケへの挑発に何度か悪く言っている。ちなみにバーグもコロッケにハンバーグーを習得させる為に変装をして悪人の芝居をしてメンチを割ろうとしている。師匠の教えを忠実に守る人物なので、修行時代に同じような事をされた可能性がある。
・記憶をなくしたフリをしている際、記憶喪失のフリをしていたと明かした話でのコロッケとの戦いで「(そうだ 震えろ!あがけ!これがお前の最期だー!!)」という心の声を挙げてどう見ても殺そうとしており、グランシェフ王国でリゾットと再会した際に「フォンドヴォーという名前を知らない」と言っているが、コロッケとの対戦時に「哀愁のコウモリ・フォンドヴォー」と名乗るという矛盾が生じている。アニメでは心の声はなく、再登場がリゾットが回想で父母の安否を聞いたところからなのと予選中にモッツァレラが名前を呼んでいたので両方の矛盾が解消されている。ちなみに彼の師匠も別のバンカーのフリをしていた時に幼い頃のコロッケに対して初めてメンチを見たかのような心の声を挙げていた。
・脱落するタイミングが特に速く、半分は戦う前に脱落している。コロッケを庇うと早く脱落するジンクスがある(バンカーサバイバル・裏バンカーサバイバル・ビシソワーズパーティー)。
・二度も死亡フラグを立てたが全てへし折っており、コロッケやリゾット同様に死んだことのないバンカーの一人である(他のキャラは大体石化している)。その事について作者にネタにされている
・よく死んだと思われる状態になったり、復帰した際はリゾットにオバケではないと説明していたが、ピザの斜塔で死んだと思っていたカラスミに話しかけられた際はテトと共に叫んだり引くほど驚いており、オバケが苦手な傾向にある。
・復活時は必ず最初にリゾットと会っており、裏バンカーサバイバルからは一緒にいる事が多い。
テトの事は『テトちゃん』と呼んでおり、テトからは『フォンドヴォーさん』と呼ばれている(以前は呼び捨てにされていた)。また、テトをお姫様抱っこする事が多く、テトには優しくされている。
・特性超ロングフランスパンを焼いたり、ポーから究極の美味しさと言われるハヤシライスを作れるほど料理ができる他、古代文字を解読することもできる。また、バーグがオコゲのもとで修業している1ヶ月の間にコロッケの子守をしていたので育児も可能である。ハイスペックである。
・同じ四獣士のモッツァレラには最初から怪しまれていたようで『胡散臭い』『ムッツリ顔』と称されている。
・元々は吸血鬼風のモブバンカーとして描いていたので目が虚ろに描かれており、作者も重要なキャラになるとは思っていなかった。また1話カラーでのそれらしき人物は容姿は似ているものの白黒の画像ではあったが髪の色は抜けていた。
・かなり大人っぽい雰囲気ではあるがコノワタ以外は年齢設定がはっきりしていない作品なので年齢は不明であるが、コロッケにおっちゃん呼ばわりされていたウスターとは違い呼ばれておらず、番外編のバンカー小学校ではウスターが先生役なのに対して生徒役である事からウスターよりは下だと思われる。(ただし妻子持ちが生徒役にいたりする)
・敬語を使う相手が多い方である。原作ではバーグとタロ、アニメではリゾットの父と母、ゲームではパエリア、一時的ではあるがカラスミに使用していた。
・コロッケの子孫であるハムが登場する番外編の未来の世界の漫画では似た人物が登場しない為、子孫が残っていない可能性がある。ちなみにキャベツに似た人物も登場していない。なお、ハムは片目が隠れているキャラである。
・公式ファンブックでリゾットやT-ボーン達同様『女性に人気がある』と明かされていた。
・この記事の読みの『フォンドボー』という誤植が多く公式ゲームサイトではよく間違えられている。ちなみに単行本の登場人物では『フォンドブォー』と誤植されていた事があり、現在電子コミックで配信されているものでも修正されていない。
・願い事は『最強のバンカーになること』であるが、作中では他のメンバーと比べると本人の口からは一切語られていない。元々バン王で叶えたい願いではない、もしくはバンカーサバイバルには禁貨ではなく黒マントの男を倒すのが目的で参加したからだと思われる。ゲームでは『バーグと対等に戦える素晴らしいバンカーになるのが夢(1)』『バーグを超える世界一のバンカーになる(3)』と語っている。
・近年はタブレットを所持しているが、使い方を知らないT-ボーンに破壊された。また、自ら赤き閃光で串刺しにした事もある。
・血の繋がりはないが、一緒に過ごしていたので作者の中ではメンチと同様にバーグの家族として数えられている
・良き兄貴分である為、ファンからは『兄貴』と呼ばれる事が多い。また、略して『フォン』や『ドボン(ドヴォー)』と呼ばれる事もある。兄貴キャラであるため、近年は『フォンニキ』『ドヴォニキ』と呼ばれる事も多い。

中の人について

声を担当した堀内賢雄氏は作者の前作のアニメコロッケの口の元ネタである犬の声を担当していた。
なおどちらもキャスティングマネージャーが同じであり、作者ができるだけ前作でお世話になった方々にまた演じてもらえるように頼んだために実現したものである。

関連イラスト

ふぉんど
フォンドヴォー



関連タグ

コロッケ! 青肌

pixivに投稿された作品 pixivで「フォンドヴォー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 116520

コメント