ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避


概要

(CV:小杉十郎太)

アンチョビの兄にして、カラスミチーム(カラスミ軍団)のリーダー。四獣士を率いている。

少人数ながらもグランシェフ王国を征服した猛者で、侵攻した理由は父・Dr.フォアグラーが開発した禁貨ゴーグルを探すためである。


カラスミがグランシェフ王国で見つけた2つの鍵は「次の王様だ~れだ大会」司会者の「XO(エックスオー)」に預けた形であったが、その鍵を奪われてしまい、隠された禁貨ゴーグルが渡ってしまうもコロッケにより取り返すことが出来た。


フォンドヴォーの回想によると、バーグ曰くグランシェフ以外にも様々な場所で破壊活動をしていた模様。「この世は力が全て、力無き者は死あるのみ」という考えを持ち、一度負けた部下(弟であるアンチョビも含む)には容赦しない冷酷な性格である。


アンチョビと彼が歪な考えを持ったのは、少年時代に父親であるDr.フォアグラーがならず者バンカーのアイスバインの襲撃によって死亡した(後に生存したことが分かる)のがきっかけである。


しかし、部下からは慕われており、彼が死亡した(実際は生きていた)際にはアンチョビと残りの四獣士たちは彼のために禁貨を集めようと奮闘していた。


フォンドヴォーに敗北して、四獣士を追われたフカヒレも、「コロッケ!Great」ではカラスミのために奮闘している。


冷酷な面がある一方、幼い頃に孤独と恐怖に怯えていたタンタンメンピロシキモッツァレラを救ったり、瀕死の状態で流れついたフォンドヴォーを手術させ救うなど優しい一面もある。

コロッケとフォンドヴォーの試合にてフォンドヴォーがスパイとわかった際、タンタンメンが試合を中断を目論んでいたにもかかわらず最後まで試合を見届けようとしていたり、リゾットとの戦闘にアンチョビが介入するのを良しとしない態度を取っていた。


その、哀しい過去カリスマ性から人気があるかもしれない。


当初はアンチョビの第二形態の黒マントの男同様顔を隠していたが、上記のイラストのようにイケメンであることが分かる。


BLACK LABELではアンチョビと父フォアグラーをバン王に蘇生させてもらったが、父と共に世界を脅かすバンカー達を止めるために旅立ち、命を落としたと数百年後のアンチョビの口から語られた。

その後本作の黒幕であるシャトーブリアンに取り込まれ、彼の体内で生きていた事が判明する。


必殺技

特殊能力は「究極武装(アルティメットアームズ)」

自分の体を自由に軟化させたり、硬化させたりすることが可能であると言っていたが、後に軟化した状態で、リゾットの王国セイバーの熱で蒸発した事により、しばらくは霧状に漂っていたが、再び復活したことにより、液体・固体・気体に変化させることが判明した。


ただしアニメでは気体にならず、肩のトゲが矛のような武器になるなど、原作と設定が異なる。


しかし、これらを行うにはかなりの力で変化させなければならないため、やり過ぎると固体の場合は金属疲労を起こしヒビが入り、気体・液体は正常な形を保てなくなる。

それ故に外側からのダメージは強いが内側からのダメージには弱い。

必殺技は軟化して体を伸ばし、そこから回転しつつ硬化し、相手めがけて突撃する。


「隕石(メテオ)インパクト」


関連イラスト

兄弟


関連タグ

コロッケ! アンチョビ 四獣士

関連記事

親記事

コロッケ! ころっけ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 254677

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました