ピクシブ百科事典

ローズマリー・ラズベリー

ろーずまりーらずべりー

漫画「機動戦士クロスボーン・ガンダム」の登場人物。

CV:まるたまり

人物像

木星帝国に所属するモビルスーツパイロット。地球攻撃時、27歳。
妖艶な雰囲気を醸し出し、戦場ではノーマルスーツを着崩して着用する。
金次第でどのような仕事でもこなす傭兵であり、加えて戦争や血腥い争乱を好むサディスト・戦争屋としての性質が強い。
性格はお気楽だが、パイロットとしての技量は一流であり、決める時は決める女傑。加えて金が支払われている間は決して裏切らないなど、傭兵であるが彼女なりのポリシーを胸に抱いている。

クロスボーンガンダム特殊部隊デスゲイルズのメンバーとして、ギリ・ガデューカ・アスピス指揮の下、特務用モビルスーツアビジョのパイロットとしてバーンズ・ガーンズバックと共に幾度と無くクロスボーン・バンガードを窮地に陥れるが、中々クロスボーン壊滅には至らず、トビア・アロナクス処刑ショーでも鹵獲したクロスボーンガンダムを使いこなせず、生身にも拘らずコックピットに乗り込まれてボコり倒されて機体を奪還されるという羽目に。
木星戦役終盤、地球の慣れない1G下での戦闘に於いてトビア・アロナクスの駆るクロスボーンガンダムX3によって乗機を破壊され、他2名共々敗北した。

木星戦役終結後は経歴を詐称してアナハイム・エレクトロニクスに入社し、テストパイロットとして勤務する。
しかし、この際に運用していた試作モビルスーツ「スピードキング」(マザー・バンガードの帆を流用し、コントロールユニットとしてモビルスーツを取り付けた機体)が制御を失い大気圏に落下、責任を逃れたいが為に「まじめに働いたのがよくなかった」として逃亡、ストリップダンサーとして各地を転々とする事になる。

その後、木星帝国による「神の雷」計画を阻止するべく奔走するトビア達と合流し、彼らの掲げる「鋼鉄の7人」作戦に参加。
木星帝国の小型MSアラナを改修したアラナ・アビジョを駆り、再集結したデスゲイルズによるコンビネーションを発揮する。
途中でカリスト兄弟の駆るディキトゥスによる攻撃により機体が中破するというアクシデントに見舞われるが、F90を駆るミノル・スズキと合流し、トビアとエウロペ・ドゥガチによるコロニーレーザー破壊の為の時間稼ぎに貢献した。
作戦を終え、生存確率の低いこの作戦に参加した若者達の命が失われた事で悲嘆に暮れるスズキに檄を飛ばし、さらに彼と結婚(作戦前に「最後まで生き残ってたヤツと結婚する」という約束をしていた)する。
その後は自伝として『神の雷の真実』なる本を出版するが、この本は自身を相当美化して描かれており、後年に作戦の詳細を知る一人であるカーティス・ロスコからは「トンデモ本」とけなされている(とはいっても、そのとんでもない内容のおかげで地球連邦の検閲から逃れられているとも言える)。
その後、結婚から五年で夫に先立たれるものの、フリーのノンフィクションライターとして活躍。ザンスカール帝国の興亡(帝国最全盛の時期に滅亡前提で話を進めている)を描いた本を出版すべく反ザンスカールを掲げるレジスタンスらに取材という名目で協力した。
この時既に47歳と初老に差し掛かっていながらも全盛期と変わらぬ美貌を持ち、また卓越した操縦技術を用いてVガンダムヘキサを駆り、サウザンド・カスタムを翻弄する活躍を見せるが……。

関連項目

機動戦士クロスボーン・ガンダム
デスゲイルズ アビジョ
ギリ・ガデューカ・アスピス バーンズ・ガーンズバック
巨乳

pixivに投稿された作品 pixivで「ローズマリー・ラズベリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5345

コメント