ピクシブ百科事典

ディキトゥス

でぃきとぅす

漫画「機動戦士クロスボーンガンダム 鋼鉄の7人」に登場するモビルスーツ。

概要

木星戦役後、木星帝国の新総統の座に就いた「光のカリスト」「影のカリスト」の専用機。ディキトゥスとはラテン語で「指」を意味する。
コルニグスと同じくアマクサより得られたデータをフィードバックした、木星帝国の新世代機として開発された機体であるが、初期段階より新総統二人が設計に携わっており、その性能は地球圏のモビルスーツはおろかクロスボーンガンダムを凌駕する程である。

奇を衒ったコンセプトの多い木星製モビルスーツの中でも特に際立った外見を持ち、特に「名は体を表す」かのように、人の手を模したモビルアーマー形態に変形する機能を有しているのが最大の特徴とも言える。
モビルアーマー形態時には、四肢から展開するIフィールドによってビーム兵器を無効化できる(クロスボーンガンダムX3のIフィールド・ハンドをそのままモビルスーツサイズにまで大型化したものと考えれば分かりやすい)他、強力な握力そのもので敵を握り潰すといった芸当も可能となっており、そのパワーは重モビルスーツであるバーラ・トトゥガすらも握り潰す程である。
欠点としてIフィールドは機体全面に展開する事が出来ない為、背面に回られると脆いという点が挙げられる(そもそもモビルアーマー形態自体が前面にIフィールドを展開する為の一種の防御形態であると言える)。
しかし、機体の機動力で言えば当時の連邦軍・木星軍モビルスーツすらも上回るものであった為、背後を取られる危険性は薄いとされ、その欠点は重要視されていなかったようである。

メイン武装のビームアックスはクロスボーンのムラマサ・ブラスターと同じ複数のビーム発生器を並べたものだが、その出力はムラマサ・ブラスターを上回る。

全2機が製造され、それぞれが対照となるようなカラーリングが施された上でそれぞれユーリスディス・シニストラ・ディキトゥス(正義さす左指)とリーベルダス・デクストラ・ディキトゥス(自由なる右指)と名付けられている。
ユーリスディスには光のカリストが搭乗し、リーベルダスには地球で倒された影のカリストの意識を取り込んだバイオ脳が搭載された上で運用され、木星に強襲して来た鋼鉄の7人達を迎え撃った。彼等がコロニーレーザー『シンヴァツ』に撃ち込んだイカロス(スピードキング)を2機で受け止め握り潰す、元・死の旋風隊メンバーを瞬く間に全滅させる事で鋼鉄の7人を瞬く間に半壊状態へと追い込む。

しかし、ユーリスディスがクロスボーンガンダムX1フルクロスに翻弄されている隙に、F91の最大運動性能を発揮させたミッチェル・ドレック・ナーに背面へ回り込まれたリーベルダスが撃墜される。この事態に搭乗者が錯乱したユーリスディスはX1の左腕・左足を落とすが、自身も左半分を持って行かれてしまう。
そして、生き残った鋼鉄の7人達によりコロニーレーザーが破壊されて自爆する間近、中破状態のユーリスディスはビームアックスを持ち出してX1とコロニーレーザー内で“私闘”を繰り広げる。搭乗者は先程まで押さえ込んでいた自らの私怨と本心を剥き出しにしてX1を攻め立てたものの、最後はフルクロスの肩部Iフィールド発生装置をナックルガードにしたX1へビームアックスを受け止められて破壊された上、その勢いのままナックルガード内に仕込んであったブランド・マーカーにコクピットを貫かれた事で撃破された。


“MSを掴み潰せる『手』に変形する”と言う従来のMSの常識を覆す運用を可能とする当機だが、これは『ほぼ全身からIフィールドを発生させる強固な防御能力』『星間航行機クラスの速度と出力を有する機動力』と言う機体特性を併せ持つ故に実現したものと言える。
後年のU.C.0153年、帝国から共和制に移行した木星圏では帝国軍の思想と技術を保有したタカ派のガス抜きの為サーカスことサウザンド・カスタムの開発が行われたのだが、この内“MSを掴める『手』”と言う設計発想はその内の一機ガラハドに反映される事となる。
その一方、同じくサーカスの一機でミノフスキードライブを搭載した惑星間単独航行機であるファントムは技術面の問題で失敗作と判断されて封印されるが、その問題を解消し搭載機能“ファントムライト”を起動した結果『全身のIフィールド同士がぶつかり合う“嵐”であらゆるビーム兵器を掻き消す常識外の防御能力』『本来の用途である惑星間航行機由来の圧倒的な機動力』を発揮。
偶発的な要素はあるが、ディキトゥス以上の機体特性を持った事実上の後継機として稼働を果たす事となる。

関連項目

機動戦士クロスボーンガンダム 鋼鉄の7人
アマクサ コルニグス
ガラハド(MS) ファントムガンダム

pixivに投稿された作品 pixivで「ディキトゥス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 372

コメント