ピクシブ百科事典

ペズ・バタラ

ぺずばたら

漫画「機動戦士クロスボーン・ガンダム」に登場するMS。
目次[非表示]

概要

木星帝国の運用する対艦攻撃用モビルスーツ
バタラをベースとしながらも、極めて特異な形状をしている。正面から見ると腕や脚よりも薄い胴体部は丸ごとビーム・アックスの発生機を兼ねており、機体正面に強力なビーム刃を形成できる。
カウンターウェイトを兼ねる胴体部は平たく、センサー部も機体片側にしか開口部がない。背面にはシェルフ・ノズルを3基備え、胴体側面にミサイル発射口を3基ずつ持つ。
腕部、脚部はほぼバタラのものを用いている為バタラの名を冠しているが、一見して同系統の機体と判別する事は非常に困難である。

この機体は一種の特攻兵器とも言える存在であり、武装も「戦艦の装甲をビーム・アックスで切り開き内側にミサイルを撃ち込む」という作戦目的を遂行する事に特化した選択が成されている。
この作戦を遂行した場合のパイロットの生還率は絶望的であり、ビーム・アックス部を外部オプションとして離脱可能とする改修案も存在していた程。
また、機体正面に武装が集中している為、側面からの攻撃に対応出来ないという欠点もある。
このように運用面で問題のある兵器ではあるが、ビーム・アックスの威力は高く、クロスボーンガンダムのビーム・ザンバーを圧するだけの出力を誇る。また、巨大なビーム・アックスそのものという外見は、敵に接近戦を躊躇わせるという心理効果を働かせる。

劇中では座礁したように偽装した輸送艦に潜伏し、宇宙海賊をおびき出す作戦に用いられるが、ザビーネ・シャルに前述の欠点を見ぬかれ敗退。鹵獲した機体はトビア・アロナクスの乗機として運用された。
鹵獲された機体はトビアの高い技量や資質、そして主人公機のお約束量産機、それも敵の鹵獲機体とは思えぬ出番と活躍を見せており、実質的に「本編前半の主人公機」と言っても過言ではない。

外部作品における扱い

EXVSでのペズ・バタラ

クロスボーン・ガンダムX1改の武装として登場。トビア・アロナクスが搭乗しており、誘導性が非常に高く、シールドガードかステップでもしないと当たる程。
ただし、リロードは覚醒以外では出来ないので乱用は禁物である。

関連タグ

機動戦士クロスボーン・ガンダム 木星帝国
トビア・アロナクス
バタラ

pixivに投稿された作品 pixivで「ペズ・バタラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3722

コメント