ピクシブ百科事典

ヴァゴン

ゔぁごん

漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム』に登場する架空の兵器。木星帝国の地上戦用量産型モビルスーツ(MS)。
目次[非表示]

概要

ヴァゴン(Vagon、型式番号:EMS-09)は、富野由悠季原作・長谷川裕一作画の漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム』に登場する、木星帝国製のモビルスーツ(MS)。

木星帝国のモビルスーツ群の基本形であるバタラ(EMS-06)の改修機のひとつであり、地上戦用の機体。vagonはスペイン語で「貨車、荷車」を指す(英語のwagonに相当)。

両肩部と両脚先に、車輪を半円形に分割して装着した特異な外見を持つ。
バタラの段階から存在した膝下の収納ギミックによって脚を縮め、肩と脚のパーツをドッキングし、巨大な2つの車輪を形成する。
これを駆動させ、歩行能力の脆弱な木星MSの弱点を補い、地表での高速機動を実現している。
また、車輪形態によって全高が低くなり、スラスター噴射を行わずに高速移動が可能な特性から、狭い基地施設内で運用された機体もあった。

武装は手持ち火器としてビーム・ライフルまたはマシンガンを使用。また、高速回転するスパイク付きの車輪そのものも、敵を轢き潰す武器となる。

将来的な地球侵攻に備え、有重力下の地上戦への対応をコンセプトに開発されたが、実際には木星総統クラックス・ドゥガチによる地球殲滅を目論んでいた為、地球上での戦いに投入されなかった。

劇中での活躍

木星の衛星イオの戦いで登場。
ゾンド・ゲーを囮に、地表を木星帝国拠点に向かって隠れ進んだ宇宙海賊クロスボーン・バンガード部隊を迎撃した。
機動力を活かした突撃で意表を突き、ヨナ機のバタラを撃破したが、キンケドゥ・ナウザビーネ・シャルトビア・アロナクスらには対応され突破されている。
また、その後戦線投入されたエレファンテの味方機を巻き込むのも厭わないビット攻撃によって、複数の機体が破壊されている。

関連項目

機動戦士クロスボーン・ガンダム 木星帝国
長谷川裕一 長谷川裕一ガンダムMS&MA

  • アインラッド:『機動戦士Vガンダム』に登場した、ザンスカール帝国の運用する車輪型サブフライトシステム。そもそもヴァゴンのコンセプト自体「アインラッドの小型化」と長谷川氏が明言している。
  • ブルッケング:同じく『V』に登場するモビルスーツ。折り畳み式のアインラッドを装備し必要に応じて展開、高速走行に対応すると、ヴァゴンと同様のコンセプトを持つ。

関連記事

親記事

バタラ ばたら

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ヴァゴン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 158

コメント