ピクシブ百科事典

アビジョ

あびじょ

「機動戦士クロスボーン・ガンダム」に登場する架空の兵器。
目次[非表示]

概要

クロスボーンガンダム部隊「死の旋風隊」に配備された、ローズマリー・ラズベリー専用カスタムメイド・モビルスーツ

当時のモビルスーツ小型化競争に拍車をかけるように当時開発されていた地球進攻用モビルスーツ「アラナ」の基礎フレームを転用して開発されており、機体サイズはたったの10m前後しかない。これは木星での運用を想定した高機動スラスターを搭載しているクロスボーンガンダムに対して速力で優位に立つために武装や装甲を犠牲にした結果である。
小型化の結果、高出力のジェネレーターは搭載されておらず、装甲・火力ともに平均的なモビルスーツ以下の性能となっているが、一方で木星軍が開発したエレバドと同系統のセンサーヘッドを装備し、高速移動中でも正確に敵機を補足することが出来る。また、小型機であるという事から目視が困難な事に加え、機体出力の低さは排熱を抑える方向に活かされており、ステルス性も高い。
本機の機動力に関してはクロスボーンガンダムのそれをも凌駕し、クァバーゼトトゥガとの連携に於いては敵を惑わす「撹乱」及び「牽制」の役割を担う。

ジェネレーターの関係上、クロスボーンガンダムに致命傷を与えるほどのビーム兵器を搭載できなかったため武装は右肩のニードルガンのみとかなり貧弱だが、命中すればガンダムの装甲に対してダメージを与える事ができ、実弾兵器のためABC(アンチビームコーティング)マントの影響を受けずに除去することができる。

名称のアビジョ(Abeja)は、スペイン語でを意味する。

バリエーション

アラナ

次期主力機として、木星戦役当時木星帝国で開発されていたモビルスーツ。
アビジョの機体フレームに転用された原型機。
小型化が進んでいたモビルスーツを更に小型化させる方向で開発されているが、この方向性については資源不足からとも機動性の向上の為とも言われているが、詳細は不明。
固定武装はビーム・ライフルとビーム・サーベルのみだが、背部には武装ユニットを兼ねたバックパックを装備しており、そこから四方に伸びるシェルフ・ノズルを有する。
木星戦役終盤に完成し、戦役後木星残党軍が運用したが、その後は統合性能に優れるアマクサの開発によって次第に姿を消していった。
アラナ(araña)はスペイン語で蜘蛛の意。

アラナ・アビジョ

クロスボーン・バンガードが鹵獲したアラナに、ジュピトリス9から回収したアビジョの頭部とトトゥガ用に開発されていた長距離キャノン砲を装備した遠距離支援用モビルスーツ。
純粋な火力についてはアラナやアビジョよりも向上しているが、機体サイズの合わない武装を無理やり装備させたためにバランスは劣悪であり、それを補う為にサナリィ製サポートメカ「ノッセル」との共同運用が必須となっている(ただし、ノッセルに装備されたメガ粒子砲の恩恵もあり、火力支援能力は高い)。

関連項目

機動戦士クロスボーンガンダム
木星帝国

pixivに投稿された作品 pixivで「アビジョ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1114

コメント