ピクシブ百科事典

ビギナ・ギナⅡ

びぎなぎなつー

ビギナ・ギナⅡとは「F91-MSV」、「機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人」に登場したモビルスーツ。
目次[非表示]

機体データ

型式番号XM-07B
製造ブッホ・エアロダイナミックス社
生産形態試作機
装甲材質チタン合金ハイセラミック複合材
武装
  • ビームサーベル×2
  • ビームライフル
  • 専用ショットランサー(ヘビーマシンガン×2内蔵)
  • 出力強化型ビームシールド
  • スネークハンド(ギリ専用機)
  • 核弾頭搭載ショットランサー(ギリ専用機)


機体概要

ビギナ・ギナの系列機の一つ。
背部のフィンノズルがフレキシブルウイングノズルユニットに換装され、改良型専用ショットランサー、出力強化型ビームシールドを装備している。ビームライフルやビームサーベルはA型のビギナ・ギナと同じ物を装備する。肩部側面のショルダーフィンやガンダムタイプに似た頭部など、外観的特徴からサナリィ製のF91を模倣したものであると噂されている。
ただし、ウィングノズルユニットに関してはF91のヴェスバーに外観が酷似しているものの、推進装置として設計されている為、武装としての機能は持ち合わせてはいない。

当初はドレル・ロナが搭乗する予定であったとされるが、実際に搭乗したかは不明。
本機の開発にいたる経緯、その時期などに関しては不明な点が多いが、機体各部の形状はビギナ・ギナよりもビギナ・ゼラ(G型)に近く、B型である本機をベースとした火器強化タイプとしてヴェスバーの搭載を行った機種がビギナ・ゼラであったと考えられている。

後にギリ・ガデューカ・アスピスが本機を改修した機体に搭乗。
ビームシールドは撤廃され、代わりにギリが使い慣れたクァバーゼのスネークハンドを移植(厳密には、連邦に鹵獲された量産型クァバーゼのスネークハンド)。ショットランサーは5発の核弾頭ミサイルが装着されたものに変更された。

劇中での活躍

機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人

木星帝国コロニーレーザー・シンヴァツ発射阻止を目的とした強襲作戦「鋼鉄の7人」用の戦力として登場。コスモ・バビロニア戦争のおりに鹵獲されており、サナリィにて保管されていたらしい。既に旧型機と化していたので近代化改修による性能の底上げが施されているほか、先述の通りギリの希望でスネークハンドの移植が行われている。

作戦においてはAチーム(デスゲイルズ)のアタッカーを務め、シンヴァツへの核攻撃を実行しようとしたが、光のカリストの駆るディキトゥスとの格闘戦に敗れて四肢・武装を破壊されてしまう。しかしウィングノズルユニットは無事だった為、ギリはシンヴァツへの特攻を決断。機体はシンヴァツの外壁に激突して爆散しギリも戦死したが、爆発の衝撃によりコロニーレーザー第一射の軌道が僅かに逸れ、地球直撃を阻止する事には成功した。

立体化

ガンプラ1/100REでビギナ・ギナのバリエーションとして2019年5月に一般発売。
各武装も立体化しているが、スネークハンドは付属していないため改に組むことはできない。

関連タグ

ビギナ・ギナ ビギナ・ゼラ ドレル・ロナ ギリ・ガデューカ・アスピス F91-MSV 機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人

関連記事

親記事

ビギナ・ギナ びぎなぎな

pixivに投稿された作品 pixivで「ビギナ・ギナⅡ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23507

コメント