ピクシブ百科事典

クロスボーン・ガンダムX1フルクロス

くろすぼーんがんだむえっくすわんふるくろす

クロスボーンガンダムX1フルクロスとは「機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人」に登場するモビルスーツ。
目次[非表示]

概要

木星帝国の「神の雷」作戦を阻止するべく発動された「鋼鉄の七人」作戦の参加に合わせ、「フルクロス」と呼ばれる強化パーツを装着したクロスボーンガンダムX1最終決戦仕様
時間的余裕が無い状態で備蓄されていた予備パーツの殆どを投入し、損傷箇所をできうる限り修繕した最後のクロスボーンガンダムであり、少数精鋭による敵陣突入という「鋼鉄の七人」作戦の性質上、一度に複数の敵を相手取り戦闘を行う事を想定した装備が施されている。

X1パッチワークでは腕部に装備されていたIフィールドジェネレーターは両肩に移植されており、これによって腕部ブランドマーカーおよびビームシールドを使用することが可能となった他、ABCマントを積層させたフルクロスは敵のビームを複数回に渡って無力化し、ことビーム兵器を装備したモビルスーツに対しては鉄壁の防御を誇る。

なお、フルクロス自体は木星戦役時に原型が作成されており、原型は宇宙世紀0153年にクロスボーンガンダムX0に装備され、実戦投入された。
なお、X1に装備されたフルクロスは、原型のデータを基に製造された物であり細部仕様に差異がある。

武装

バルカン砲
胸部ガトリングガン
ビームサーベル(ビームガン)
ヒートダガー
シザー・アンカー
スクリュー・ウェッブ
ザンバスター(ビームザンバー/バスターガン/グレネードランチャー)
ブランドマーカー(ビームシールド)
ムラマサ・ブラスター
ピーコックスマッシャー
フルクロス

装備詳細は「クロスボーンガンダム」の項目を参照。

Ver.GBFT(ガンダムビルドファイターズトライ)

ルーカス・ネメシスがHGUCクロスボーンガンダムX1をベースに制作したガンプラ
全日本ガンプラバトル選手権全国大会への出場に際し、母国フィンランドから取り寄せた。

他の改造ガンプラのような目立った機能の追加は行われていないが、HGUCではオミットされているコア・ファイターの分離・合体、シザー・アンカーの展開ギミックやなどクロスボーンガンダムの機能を余すところなく再現するなどその完成度は高く、ガンプラ学園のエースファイターキジマ・ウィルフリッドをして「選手権全国大会で最も優れたガンプラ」と言わしめた。

原作のフルクロスとは、機体色や胸の髑髏のレリーフに下顎が追加されている点が異なるものの、フルクロス、ムラマサ・ブラスター、ピーコック・スマッシャーといった原典での武装はすべて装備されている。また胸の髑髏にはガトリングガンの他、「機動戦士ガンダムAGE」でガンダムAGE-2ダークハウンドなどが使用した「フラッシュアイ」が追加装備されており、接近戦で威力を発揮する。なお、両腰にシザーアンカーを搭載している関係上、スクリューウェッブはオミットされている。

欠点として高い性能に比例してプラフスキー粒子の消費量が多い為に長期戦を苦手とする点が挙げられ、必然的に短期決戦向けの機体となっている。
ルーカスはそれを補う為、対ガンプラ学園戦に於いて僚機を粒子供給と補給中の牽制役に徹しさせる作戦を展開した。

プラモデルとしては「鋼鉄の七人」出典ではなく「ビルドファイターズトライ」出典として1/144化されており、原作出典で先に発売されたX1ノーマルとは成型色が異なっている。

関連項目

機動戦士クロスボーン・ガンダム クロスボーン・ガンダム
トビア・アロナクス
最終決戦仕様
ガンダムビルドファイターズトライ ルーカス・ネメシス

pixivに投稿された作品 pixivで「クロスボーン・ガンダムX1フルクロス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48034

コメント