ピクシブ百科事典

エレゴレラ

えれごれら

『エレゴレラ』とは、長谷川祐一作「機動戦士クロスボーンガンダム」に登場するモビルアーマーである。
目次[非表示]

概要

木星帝国が開発した大型のモビルアーマー
大型のラグビーボールのような胴体と爬虫類のような尻尾を持っているのが特徴。装備は近接戦闘を想定してヒート・グレイブ、胴体に三連メガ粒子砲エレファンテのものを参考にしたフレキシブル・テール・キャノンが採用されている。
他にMAMSへの簡易変形が可能となっているのが特徴である。
だがこの機体は独自性が強すぎるが故にペイロード不足で汎用兵器の携行ができないのが唯一の弱点で武器は随伴している親衛隊のディオナに運ばせている。
搭乗者はテテニス・ドゥガチ
しかしそれは表向きであり、実は本機は完全自律型を目指して製造されたMAであるため、本来は搭乗者を必要としておらず、木星帝国総統であるクラックス・ドゥガチのバイオ・コンピューターが搭載されている。このバイオ・コンピューターにより分析・解析能力に優れ、交戦相手の武器のセーフティを解除して使用している。


劇中での活躍

地球圏にたどりついたクロスボーン・バンガードに対して木星帝国と地球連邦軍が共同で掃討作戦を行なった際にテテニスを乗せて出撃、トビアが搭乗するクロスボーン・ガンダムX3と交戦する。テテニスは何も出来ずドゥガチがコントロールしていたが撃墜されている。なお、搭乗していたテテニスは撃墜前にトビアにコックピットごと奪い取られている。


デザイン

このMAは長谷川祐一氏のデザインではなく一般公募で選ばれたデザインを基にしたもの。
そしてこの生みの親は何を隠そう当時学生だった海老川兼武氏である。
尚、木星帝国のMSなどはスペイン語英語でそれぞれモチーフとなった生物の名が与えられているがこのエレゴレラだけは完全な造語である。


関連タグ

機動戦士クロスボーンガンダム 木星帝国 ベルナデット・ブリエット 海老川兼武

pixivに投稿された作品 pixivで「エレゴレラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47

コメント