ピクシブ百科事典

マザー・バンガード

まざーばんがーど

『機動戦士クロスボーン・ガンダム』に登場する宇宙戦艦。

概要

機動戦士クロスボーン・ガンダム』にて、ベラ・ロナ率いる新生クロスボーン・バンガード(以下C.V)の母艦となった宇宙戦艦
主な搭載機はクロスボーンガンダムシリーズ、ゾンド・ゲー

大航海時代帆船をモチーフとした美しい外観が特徴で、船首の部分には巨大な黄金の女性像が彫られている。
内装・外装ともに最先端の技術が導入されており、特に帆の部分に搭載されたミノフスキードライブによって驚異的な航行速度を誇る。その速度は従来の宇宙船では数年かかる地球-木星間を僅か数ヶ月で航行可能なほどである。また、20分ほどの短い間ではあるが、船体全体をビームシールドで覆うことが出来る。
同型艦に、ブッホ・コンツェルンの使節団が所有する「エオス・ニュクス」が存在する。こちらはマザー・バンガードと違い非武装である。

元々はU.C.0123年にコスモ貴族主義国家「コスモ・バビロニア」の建国を目論んで決起したC.Vの旗艦「バビロニア・バンガード」となる予定だったが、完成したのは建国戦争終結から5年が経ったU.C.0128年である。
処女航海時に爆発事故で沈んだと思われていたが、実際には沈んでおらず、木星帝国の野望を阻止するために宇宙海賊として再結成された新生C.Vの母艦「マザー・バンガード」となり、木星圏でゲリラ活動を続けていた。
そしてU.C.0133年、木星帝国の罠にはまってしまい、地球圏で地球連邦軍と木星帝国の両方から攻撃を受け、乗組員を退避させるための目くらましとして自沈した。

この後、帆の一部がアナハイム・エレクトロニクス社に回収され、ミノフスキードライブの実験に使用されることになる。

関連タグ

機動戦士クロスボーン・ガンダム
ベラ・ロナ キンケドゥ・ナウ ザビーネ・シャル トビア・アロナクス
クロスボーン・バンガード クロスボーンガンダム

関連記事

親記事

機動戦士クロスボーン・ガンダム きどうせんしくろすぼーんがんだむ

兄弟記事

コメント