ピクシブ百科事典

V2アサルトバスターガンダム

ぶいつーあさるとばすたーがんだむ

V2ガンダムが全オプション兵装を装備した、高機動強襲重砲撃支援形態。
目次[非表示]

生き物は親を越えるものです、親は子を産んで死んでいくものなんです!

カタログスペック

頭頂高15.5m
本体重量11.5t
全備重量23.1t
ジェネレーター出力7,510kw
装甲材質ガンダリウム合金スーパーセラミック複合材
総推力測定不能
サブスラスター総推力66,790kg


概要

V2ガンダム専用のオプション兵装であるアサルトパーツ、バスターパーツの全てを装着した状態。型式番号はLM314V23+24となる。
本来は長距離支援用のバスターパーツと、高機動戦闘用のアサルトパーツは、運用戦術の違いから両用することはないとされていたが、各パーツは装備部位が重複することがないように設計されていた。このため、一機のモビルスーツに巡洋艦級の打撃力と多重の防御機構、そして優れた機動性の全ての搭載が実現した。

ザンスカール帝国の巨大サイコミュ要塞エンジェル・ハイロゥ攻略作戦後半、衛星軌道上における要塞の地球降下阻止作戦において、アサルトパーツの完成が間に合ったため、事前にV2バスターガンダムとして出撃していたV2ガンダムへと、リーンホースJr.所属のシュラク隊機が増加装備を運搬。急遽野戦換装を行う形で戦線に投入されている。

正規の整備環境で換装を行わなかったため、一部の兵装(マイクロミサイルポッド、メガビームライフル、他)はオミットされ、更にIフィールド・ビームバリア等には充分なエネルギー供給が行われず機能不全を起こしてしまうなど、フルスペックを発揮できたわけではなかったが、ニュータイプパイロット・ウッソ・エヴィンが搭乗した当機は、ほぼ“単機”でエンジェル・ハイロゥ守備“艦隊”へと突入。
地球連邦軍リガ・ミリティア連合艦隊の戦略目標である、『エンジェル・ハイロゥの陥落』を事実上達成した(パイロットの自己判断により、シャクティ・カリンの救出等を優先したため、センターブロックの破壊は意図的に実行しなかった)――即ち、文字通りの『戦略級機動兵器』として、ザンスカール戦争の趨勢そのものに影響を与えている。


人類の未来を賭けて光の翼をまとったウッソが、今、天空を駆け抜ける……!!


機体解説

全オプションを装備した本機は、部分的なスペックを見る限りにおいては、運用環境が限定されたモビルアーマーや、機能特化した重戦闘用モビルスーツに匹敵する値を示しながらも、あらゆる機能のバランスが取れた、いわば“より広い意味での汎用型”となるモビルスーツである。

通常のモビルスーツであれば、武装・装甲を追加することによる重量(質量)の増加に比して、戦闘継続時間を延長するためにスラスターと推進剤を増加させねばならない。更にこれら推進装置を追加した事によってかかる負担から、機体フレームを守るための補強を施し……という際限のない機体重量の増大が生じる。そして、言うまでもなく重量=質量の増加は、慣性による運動性低下という、モビルスーツにとって最も重要な“武器”を捨てさせる要因となるため、技術者は相反する性能バランスを鑑みて、現実的な“妥協点”を探さなければならない。
だが、ミノフスキー・ドライブ・システムを搭載したV2ガンダムは、大推力・推進剤不要・慣性制御の三大メリットによって、上述の制約の大部分から逃れる事が可能となっている。アサルト・バスターの両オプションが、追加スラスター及びプロペラント増槽を一切有していないという、『フルアーマー』と決定的に異なる特性を持ち、『重武装』と『高機動』を同時に達成できたのは、ひとえにミノフスキー・ドライブの(実戦レベルに耐えられる)完成ありきなのである。

以上のように、本機のカタログスペックはモビルスーツ、機動兵器史において、特筆すべきレベルにあり、宇宙世紀0150年代において一段(以上)上の高みに達していたのは事実だが、敵対組織であるベスパのモビルスーツ群、中でもスーパーサイコ研究所が開発した機体は『最強』の二つ名に相応しい性能を有していたため、もしこれらからの直撃弾を受けていれば即撃墜は免れなかった。
よって、V2ガンダムもあくまで“一つの道具”でしかなく、『戦略級機動兵器』足り得たのは、超長距離狙撃を成功させ、ライフルのビームを相殺し、機体の仕様外となる運用方法を即興で編み出すばかりでなく、“偶発的”に発生する欠陥・光の翼を意図的に最大限活用せしめたウッソ・エヴィンというパイロットが搭乗していたからこそと言える。

武装

V2ガンダムの項を参照。

一斉射撃

本編未使用
しかしながら、2007年以降のガンダムゲームやPV等では、メガビームキャノン、スプレービームポッド、ヴェスバー×2、メガビームライフル、ビームライフルを同時発射させる所謂ハイマットフルバーストの様な一斉射撃をしているシーンが散見されている。
元々、これらの武装の配置が後発のフリーダムの各武装と酷似している為か、ガンダムSEEDシリーズ終了後もゲーム媒体の方でも少しずつ取り入れられ、EXVSシリーズやガンダム無双3等でもこの一斉射撃がプレイヤー側でも使える様になり、一部の作品では猛威を奮っている。
一見、アニメの機動戦士ガンダムSEEDシリーズから逆輸入した印象を受けるが、実際は同年に発売されたゲームSDガンダムGジェネレーションNEOのスペシャルアタック(超強気で使用出来る必殺技)が初出である。

V2アサルトバスター



立体物

BB戦士シリーズ、元祖SDガンダムシリーズ、HGUCシリーズにラインナップ。 BB戦士シリーズでは、劇中同様にV2⇔アサルト⇔バスター⇔アサルトバスターへの換装が可能でメッキパーツやクリアパーツが使用されている。更にBB戦士独自の組み換えでサポートマシンVボマーを組み上げることができる。 1/144シリーズ、HG1/100シリーズでは単体ラインナップが果たせなかったが 時を経てHGUCシリーズに単体ラインナップを果たした。

外部出演

基本的には、(当然ながら)V2ガンダムの換装形態として登場するが、筐体ゲームやソーシャルゲームでは、「V2アサルトバスターガンダム」単体として最高レアリティで扱われる。

スーパーロボット大戦

最高レアリティのSSRとして、格闘属性の「ビームサーベル」と射撃属性の「メガビームライフル」の二種類が実装。
どちらも『リアル系』のため、命中・回避重視のステータスだが、前者は必殺技の「光の翼」が広範囲攻撃の上スタン付与効果を有し、更にスキル「スペシャル」によってクリティカル時に自機のHPが回復するという特殊効果が追加される。これに同じくスキルの防御確率80%のおかげで、数値以上に長く前線に居続けられる。
後者はV2お馴染みの「分身」標準装備(そして敵の「分身」は無効化するスキル持ち)で、通常攻撃が二回攻撃の上、援護攻撃も有するため実質三回行動という構成。

総じてステータスは控えめだが、アビリティとスキルが全く控えていないユニットになっている。

余談

ムック用画稿

本機にはマイクロミサイルポッドとメガビームライフルが装備されていないデザインと、装備されているデザインの2種類が存在する。
劇中で描写されているのは前者だが、後者共々設定画は放送当時から存在している。

デカール地獄

模型雑誌「ホビージャパン」において、マスターグレード『V2アサルトバスターガンダム Ver.Ka』作例を担当したプロモデラーが太字で強調した言葉。

『Ver.Ka』と言えばカトキハジメ氏オリジナルデザインの、(やたら枚数の多い)デカールが特徴である。
加えてアサルトバスターは、枚数もさることながら15m級MSに合体変形機能と増加パーツが含まれているため、細かい作業が非常に多く、“プロ”でさえ『デカール貼り+クリアーコート』作業だけで、(作業場への)出社~終電を二日半要する事態となった。

正しくデカール地獄である

ネネカ隊

本機の出撃によって戦略的には完全に後れを取った事により、責任を取らされる形で犠牲を強いられ、その命と引き換えにバスターパーツとアサルトパーツの完全破壊を成し遂げたのが、あのネネカ隊である。

プレバンガンプラ総選挙

2019年、プレミアムバンダイが開設10周年を迎えたことを記念した『プレバンガンプラ総選挙』において、『マスターグレード 1/100 V2アサルトバスターガンダム Ver.Ka』が一位を獲得。450体の頂点に立った。

関連イラスト

v2アサルトバスターガンダム
V2アサルトバスター



関連項目

機動戦士Vガンダム 光の翼 エンジェル・ハイロゥ
ウッソ・エヴィン シャクティ・カリン

フルアーマー 全部乗せ

SDガンダム

アサルトバスター:略称タグとしても機能しているが、もう一つ別の意味も存在する。詳細は該当タグにて。
飛駆鳥大将軍:武者版の超越神

関連記事

親記事

V2ガンダム ぶいつーがんだむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「V2アサルトバスターガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86607

コメント