ピクシブ百科事典

トレノフ・Y・ミノフスキー

とれのふわいみのふすきー

トレノフ・Y・ミノフスキーとは、『機動戦士ガンダム』に設定のみ存在するキャラクター。

CV:坂東尚樹(THE ORIGIN)

人物像

宇宙世紀の多数の設定に登場する架空物質「ミノフスキー粒子」の発見者にしてミノフスキー物理学の提唱者。ロシア系ジオン人。
出生については宇宙世紀0025年にサイド3に生まれた説とデギン・ソド・ザビの手によってサイド4からサイド3に移住したという説の二つがあるが、詳しくは不明。
軍国主義に急速に傾いていったジオン公国に自分の技術が戦争に悪用されることを恐れ、宇宙世紀0072年にサイド6を経由し地球連邦へと亡命。技術を地球側にももたらした。

漫画『機動戦士ガンダムTHEORIGIN』では一年戦争以前からドズル・ザビ指揮下でモビルスーツの開発に中心人物として携わっていたとし、ミノフスキー粒子とその物理学を応用して出力を落とすことなく驚異的な小型化に成功した新型核エンジンが一度は中止になったモビルスーツ開発計画を存続させた。
その後はザビ家の独裁の下、軍国主義へと走って行くジオンの動きを懸念して地球連邦への亡命を画策していた。ガンダムガンキャノン開発者で彼の直弟子であるテム・レイはこの亡命の動機はジオニックのモビルスーツ計画が軌道に乗り、ミノフスキーを必要としない段階まで来た事と考えている。

しかしその動きを察知したキシリア・ザビが送り込んだ黒い三連星ランバ・ラルシャア・アズナブルと言った後のエースパイロットたちが乗るモビルスーツ部隊の総攻撃を受ける事となる。
連邦側もミノフスキー保護のために編成したばかりのモビルスーツ部隊を投入したが大敗し、ミノフスキーも撃破された試作型ガンキャノンの下敷きとなって死亡した。

関連タグ

宇宙世紀 ジオン軍 ミノフスキー粒子

関連記事

親記事

ジオン公国 じおんこうこく

兄弟記事

コメント