ピクシブ百科事典

デギン・ソド・ザビ

でぎんそどざび

デギン・ソド・ザビとは、『機動戦士ガンダム』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:永井一郎 / 藤本譲 / 柴田秀勝 / 浦山迅
ジオン公国公王。放映開始時の年齢は62歳。ジオン・ズム・ダイクンの死後ジオン共和国に公国制を敷き、絶対君主制を固めるが、劇中の時点では実質的に隠居状態にある。政治的には穏健派の立場を取り、急進的なギレンと対立する。乗艦はグワジン級戦艦1番艦グレート・デギン(通常は量産1番艦がネームシップとなるが、公式にも「グワジン級」が形式名称)。
彼にはギレン(総帥、長男)、キシリア(長女)、サスロ(次男)、ドズル(三男)、ガルマ(四男)の5人の子がいる(TV版の準備稿ではミハル・ザビという娘もいた)。妻はナルス(ナリスとする説あり)だが、子の母親に関しては諸説ある。なお、サスロとナルスは一年戦争以前に死亡しているため『機動戦士ガンダム』には登場しない。
一年戦争当時では平穏を求める穏健派の老人となっているが、現役時代は強引な手腕で知られる腕利きの政治屋であり、急進派の最先鋒として常に政争の前線に立つ人物であった。
息子ギレンは少年時代より彼の政治活動に参加した経歴を持ち、その政治手腕は父親のやり方を受け継いでいると言っても過言ではない。

来歴

かつてはジオン・ズム・ダイクンと盟友関係にあり、0058年のジオン共和国宣言時には地球連邦軍駐留部隊の切り崩しに尽力した。
また、連邦軍に対抗するために、共和国宣言時に成立したジオン国防隊を0062年にジオン共和国軍に昇格させ、軍事力の強化に努めた。デギンの軍事拡張路線はダイクンにとって認め難いことだったが、連邦へ対抗するために容認せざるを得なかった(一方、漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』では、連邦政府との軍事衝突も辞さない強硬姿勢をとっていたのはダイクンの方で、デギンは非戦派だったという解釈が採られている)。
0067年に連邦政府のコロニー自治権整備法案が廃案となると両者の対立はより強くなるが、0068年にダイクンは急死する。
これはデギンとギレンによる暗殺とするのが一般的である(『THE ORIGIN』においては、ザビ家暗殺説はジンバ・ラルが主張するのみで明確な証拠はない。しかし、マスコミを牛耳る次男サスロを利用し、プロパガンダによってダイクンの不審死を連邦による暗殺に仕立て上げたことは事実である)。
ジオン共和国初代首相だった病床のダイクンにより次期首相に指名され2代目首相となると、ダイクン派(旧ジオン派)を粛清して全権を掌握し、0069年8月15日に公国宣言を行い、ジオン公国初代公王に就任した。
しかし、妻ナルスがガルマを生んだ際に死亡したことより精神的な支えを失い、さらにはダイクン暗殺の報復として次男サスロがに仕掛けられた爆弾テロにより暗殺(ジンバ・ラル謀略説、キシリア謀略説あり)されたことから、徐々に憔悴していく。
また、ダイクンを打倒して頂点に立ってしまったことで功成り名を遂げた後の虚無感に襲われるようになり、全権を子供たちに譲り政治的に隠居した状態になってしまった。その後ギレンは軍事独裁路線を推し進めるが、デギンはこれをよしと思わなかった。
ギレンだけでなく、ギレンと政治的に対立していたキシリアのことも好ましく思っていなかったようである。政治の表舞台から身を引く一方で、ギニアス・サハリン技術少将の提案したアプサラス計画を裁可して人員と予算を与えるなど、政治や軍事から完全に引退したわけではなかった。

0079年1月3日、ジオン独立戦争(一年戦争)が始まるが、デギンにとってこの戦争の目的はあくまでジオン公国を地球連邦と対等な関係の、完全な独立国家としての主権を連邦に認めさせることにあった。ギレンは当初これを認めていたものの、後に完全に地球連邦を征服した上での、選ばれた優良種たるジオン国民による全人類の管理・運営を目的とするようになった。そのためギレンにとって父デギンは次第に邪魔な存在になっていく。ルウム戦役では座乗艦グレート・デギンを前面に突出させたギレンに対してキシリアが異論を挟んでおり、この頃から既に隙あらば亡き者にしようという意図があったことを暗示している。

ギレンとの主張の相違などから、デギンは猛々しい性格のギレン・キシリア・ドズルを疎み、ガルマを溺愛していたが、ジオン独立戦争が予想外の長期にわたりガルマは地球で戦死してしまう。デギンはその一報を聞いた際に、持っていたを使者の前で取り落とすほどの衝撃を受けたと言われる。彼はガルマの密葬を望んだが、ギレンは国葬としてプロパガンダに利用し、両者は対立を深めていく。
これ以降、デギンはギレンの独裁を抑えるため、ギレンとキシリアの政治的対立を防ぐために、首相のダルシア・バハロに命じ、密かに連邦との講和を図った。
その後、ソロモン陥落に際し三男ドズルまでも失うが、ガルマの死で涙も尽き果てていたのか「ドズルにしてもっともなことであるよ」と呟くのみだった(ただし、ドズルの死がのちに独断で連邦軍との和平交渉に赴くきっかけになった、という解釈もある)。
ギレンによる軍最優先政治が、数百万人を超えるコロニー住民の強制疎開にまでエスカレートし、コロニー国家にとって国土そのものである宇宙コロニーを超大口径レーザー兵器に改造した事、そのソーラ・レイを使用した強引なア・バオア・クー最終決戦を目論んだ事などで亡国の危機感を強め、ギレンを旧世紀の独裁者アドルフ・ヒットラーになぞらえ「ヒットラーの尻尾」と揶揄している。「ヒットラー」については「世界を読み切れなかった男」との観点から発言していた。またヒットラーを指して「身内に殺されたのだぞ」(『THE ORIGIN』では「所詮、敗者なのだぞ」)と言っている。

ア・バオア・クーでの決戦の直前に至り、自ら和平交渉を進めるために独断で旗艦グレート・デギンに乗り込みレビルが率いる地球連邦軍の主力・第一艦隊との接触を図る。
だが、自らの戦略に逆らう老いた父へ見切りをつけたギレンは、グレート・デギンの存在を承知の上で、ソーラ・レイをゲル・ドルバ照準に最終設定する。
宇宙世紀0079年12月30日作戦時間21:05、指示通りゲル・ドルバ照準で発射されたソーラ・レイの直撃を受け、デギンは敵将レビルと共に光の渦に呑み込まれて死亡(小説版ではソーラ・レイの標的として狙われたのがキシリアとなっており、既に傀儡と化していたデギンはギレンに存在を無視されていたのと自ら和平交渉に向かうような目立つアクションを起こさなかったことが幸いし、無事に生き残っている)。
「トミノメモ」では、和平交渉の際ホワイトベースに立ち寄り、会談の後セイラ・マスを指名、ジオン・ダイクンへのデギンの賛意の不変、宇宙移民独裁と奴隷制度復活の罪などについて語り合うが、ギレンが放ったタブロー部隊により狙撃され死に至る。断末魔にシャアの名をつぶやいている。

派生作品

漫画

機動戦士ガンダム THE ORIGIN』では、軍拡路線を主張していたのはジオン・ダイクンの方で、デギンは戦争による膨大な犠牲や連邦とジオンの国力差を懸念して、開戦前より強硬に戦争に反対していたという解釈が採られている。ルウム戦役後、デギンは捕虜となった敵将レビルと面会し、レビルに早期和平の提案を持ちかけている。
そのレビルが帰還後に恩を仇で返す形で戦争継続の声明を出した(「ジオンに兵なし」の演説)ため、激しく憤っている。その憤怒は演説の中継を映すモニタのリモコンを叩き壊し、さらに「軍人にすべきではなかった」とまで思っていたガルマに対して「徹底的に連邦を叩け」と発言したほどだった。
なおこの救出作戦には、キシリアマ・クベシャアなどの継戦派も裏で手を回していたという説があり、ジオンが開戦時から一枚岩で動いていなかった事情が垣間見えている。デギンは、そのガルマとドズルをも戦火のなかで失って意気消沈してしまい、少しは自分を慕っていると信ずるキシリアに和睦を望む心中を語った。
だがそのキシリアも実際はデギンの利用価値がなくなったと考えるのみであり、戦争の原動力たるギレンを断罪する許可を得たのち、ギレンに和平交渉に赴いたグレート・デギンが向かう宙域を打電、ギレンが父殺しを行なうお膳立てをした。
すなわち権力を得る為の生け贄として、残った家族全員に捨てられたというに等しい最期であった。デギンの容貌は、TV版では下膨れだったが、本作では細面気味で鼻が大きく描かれるようになった。

ゲーム

ゲーム『ギレンの野望』においてはジオン編の全モード(ジオン公国、正統ジオン、新生ジオン、ネオ・ジオン、アクシズ)をクリアすると特別編として「デギンの憂鬱」というシナリオを体験できる。これはザビ家の内輪もめ、より封建国家という世界を強調した「お家騒動」のストーリーであり、キシリアの正統ジオン、ガルマ・ドズルの新生ジオンにジオン軍が別れて三つ巴の戦いを繰り広げるという設定になっている(デギン自身は登場しない)。

関連項目

機動戦士ガンダム ジオン

pixivに投稿された作品 pixivで「デギン・ソド・ザビ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9009

コメント