ピクシブ百科事典

ダブルオークアンタフルセイバー

だぶるおーくあんたふるせいばー

ダブルオークアンタにGNソードIVフルセイバーを追加した機体
目次[非表示]

概要

新型GNドライヴが完全に同調しなかった場合に備えてダブルオーガンダムに対するオーライザー的な装備として用意されていたが、クアンタのツインドライヴが安定稼動していたため使用されることはなかった。
これら追加装備はドライヴの安定化装置としての意味合いもあるが、クアンタの追加武装としての側面も持っており、GNソードIVを装備した状態のクアンタは(パイロットの休息なしなどの条件付きとは言え)1週間で地球へ来襲したELSを殲滅できるというシミュレーション結果が出ている。
通常のクアンタが「対話の為のクアンタ」であるならば、こちらは「武力を行使する為のクアンタ」という解釈もできる。

なお、GNソードIVフルセイバーはGNソードIV本体と三本のGNガンブレイドで構成されており、それぞれのパーツを用途に応じて組み換え、ライフルモードやランチャーモード、セイバーモードとして使用することが可能。
武装プラットフォームとして機能するGNソードがⅣの名を冠するのはGNソードVより先行して開発が進められていたため。

外部出演

ガンダムVSガンダムシリーズ

マキシブーストで行われた週代わりに新機体ご登場する特別企画「2015年 真夏のマキシブースト祭り」で最上位の3000コスト機体として参戦が決定し、フルセイバーが映像化どころか設定の中にしか存在しない事を知るプレイヤーたちを驚かせることになる。
刹那の台詞が「やはり俺には、戦いしか道はないのか…。」「このフルセイバーで、敵を殲滅する。」といった、劇場版より攻撃的な台詞回しになっているが特徴。
名前の由来となったGNソードIVフルセイバーは特殊格闘でレバー入力で様々な格闘アクションを繰り出せる。格闘寄りな立ち回りをする刹那の機体にしては格闘判定はイマイチだがその代わり射撃CS でビーム3連射、サブ射撃で武器投擲が行えたりと割と射撃戦にも対応できる。

この機体の最大の武器、それはゲーム用語で言うところの『キャンセル』
このシリーズでは特定の順番で武装を繰り出すと攻撃後等に成立する硬直と内部硬直を次の攻撃アクションで上書きし連続行動する、これを『キャンセルルート』と呼ばれているのだが、
クアンタフルセイバーの場合、そのキャンセルルートのバリエーションが凄まじく豊富で、いざ攻めに回ったら凄まじい連続攻撃を繰り出せる。
また、特殊格闘もレバー前ですり抜け効果からの切り上げ、後ろで全方位射撃ガード付き突進と一度直撃すると大きく体制を崩されてしまうものが揃っている。

その豊富なキャンセルルートを駆使して矢継ぎ早に攻撃を繰り出し、隙を見せたら格闘で切り崩す戦法がシンプルかつ強力。
さすがに強過ぎたのでアップデート及びON移行時に射撃武装が弱体化され、どこかで格闘コンボを決めないとジリ貧になってしまうようになったのだが、
その際に注意したいのは耐久値。フルセイバーは最上位コストの中でもワースト3位とかなり打たれ弱い。一応、通常のクアンタよりも数値は上なのだが、あちらと違いバリア等々が無いので戦い方によっては脆さが目立つ。
押し引きをしっかり見極めて立ち回りたい。

余談だが、通常のクアンタはEXバースト(通称:覚醒)時に格闘アクションが一部変化するがフルセイバーにはそういった要素は無い。これはやはり実際に映像化したかしてないかの違いによるものだと思われる
ただし、トランザム状態になり量子化(非攻撃・被弾動作中に被弾すると攻撃をすりぬける)はバッチリ発動する
フルセイバーも通常時同様、覚醒の爆発力は高いので上手く活かしたい。

商品展開

ガンプラでは模型雑誌ホビージャパンの付録として、フルセイバーの改造キットが登場。
リアルグレード版はプレミアムバンダイ限定商品として登場し、2018年9月ではMGとして発売された。

関連タグ

機動戦士ガンダム00 ダブルオークアンタ
刹那・F・セイエイ

関連記事

親記事

ダブルオークアンタ だぶるおーくあんた

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダブルオークアンタフルセイバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16302

コメント