ピクシブ百科事典

イキリ骨太郎

いきりほねたろう

アニメ『オーバーロード』の主人公「アインズ・ウール・ゴウン」の非公式の渾名。
目次[非表示]

概要

アニメ『オーバーロードⅢ』8話以降に広く認知されるようになった渾名。
主にアニメ1期の頃からの一部の視聴者が2期以降の作風や主人公側の行動に不満を持ち、作品やそのファンなどを非難する為に生まれた蔑称を由来とする。

『オーバーロード』は元々、RPGで言う所の魔王を主題に置き、主人公も世界征服を行う悪役として暗躍する作品であり、まだ人間らしさを強く残し、辛うじて正義感らしきものを残していた1期とは違い、2期以降は、本格的に悪の道に走り始める。
特に3期8話は、見る人を選ぶ内容であり、主人公側の無双回でありながらも、やむを得ない理由で、しかもナザリック側の陰謀の結果、主人公と敵対することになった冒険者をアインズが一方的に蹂躙し尽くすという展開であり、爽快感は全くない。
それどころか、仲間の為に命を懸けて戦う冒険者たちとその想いと、冒険者の帰りを待つ家族についての描写が感情移入できるほどしっかりと描かれており、そんな大切な人を待つ人々を、自分の怒りのままに情け容赦なく一方的に嬲る様に叩き尽くし、死体すらも利用し尽くしたナザリック勢力の姿は、今シーズンにおける作品最大の鬱展開であると言っても過言では無い。
その為、本作のアンチがこのような渾名を付けるに至ったと思われる。

「太郎」とついているのは同じ「小説家になろう」出身の『異世界はスマートフォンとともに。』の主人公の渾名である「スマホ太郎」の影響もあるが、「イキリ骨太郎」の異名そのものはアニメ放送前に存在していた説もある。

2018年のネット流行語100において、作品名やキャラクター名を差し置いて48位にランクインした。
(参考までに前後の順位を挙げると、49位は「ミライアカリ」47位は「無限の剣製」である)

関連タグ

魔王 スマホ太郎 オーバーロード(小説)

ガイコツ書店員本田さん:こちらは胃キリ骨店員」とネタにされた。

外部リンク

イキリ骨太郎 - ニコニコ大百科

コメント