2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

イキリ骨太郎

いきりほねたろう

アニメ『オーバーロード』の主人公「アインズ・ウール・ゴウン」の崇高な二つ名。
目次[非表示]

概要

オーバーロードⅢの8話以降に広く認知されるようになった渾名。

主にアニメ1期の頃からの一部の視聴者が2期以降の主人公側の行動に不満を持ち、作品やそのファンなどを非難する為にアンチが生み出した蔑称を由来とし、現在も主に蔑称として用いられる事が多い。

「太郎」とついているのは同じ「小説家になろう」出身の『異世界はスマートフォンとともに。』の主人公の渾名である「スマホ太郎」の影響もあるが、「イキリ骨太郎」の異名そのものはアニメ放送前から存在していたという説もある。

本作オーバーロードは元々、RPGで言う所の魔王を主題に置き、主人公も世界征服を行う悪役として暗躍する『魔王もの』の作品であり、まだ人間らしさを強く残して正義感を見せていた1期とは違い、2期以降は本格的に悪の道に進み始める。

特に3期8話は見る人をかなり選ぶ内容であり、主人公側の無双回でありながらも、ナザリック側の陰謀の結果、大墳墓に誘い込まれてやむを得なく主人公と敵対する事になった冒険者達を、アインズが一方的に蹂躙し尽くすという展開であり、物議を醸した。

7~8話ではフォーサイト一行の仲間の為に命を懸けて戦うその想いと、アルシェの帰りを待つ双子についての描写が感情移入できるほどしっかりと描かれており、そんな大切な人を待つ人々を自分の怒りのままに情け容赦なく一方的に嬲るように叩き尽くし、死体すらも利用し尽くしたアインズや守護者らの姿は、作品内最大の鬱展開であると同時に最大の問題展開であると言える。
しかも、そもそも自分達の都合で彼等を大墳墓に誘い込んで罠に嵌めたにも関わらず、一方的に冒険者達への怒りを向けるアインズの姿は、元々そういう身勝手な一面を持つキャラとして作られた主人公だと言う事を差し引いてもあまりにも酷すぎるとして、アニメから入った多くのファンを悪い意味でドン引きさせた。

そして、かねてから原作信者から最大の見せ場と様々な場で宣伝されていた続く12~13話が、黒い仔山羊を呼び出す為の超位魔法で敵国の兵士を7万人死なせて、それによって召喚された黒い仔山羊がさらに蹂躙するという展開だったのだが、ここでアインズが黒い仔山羊の歴代最大召喚数成功を喜々として周囲の兵士やマーレにアピールし、挙句の果てには「喝采せよ!我が至高なる力に喝采せよ!」と高笑いしながら叫ぶという、まさしく「イキリ骨太郎」としか言いようがない言動をした事によって、この渾名は本格的にネット上で拡散する事となった。
ついでに言えば、13話では自身の全てを賭して真正面からの一騎打ちを挑んできた騎士団長ガゼフに対して、アインズは時間停止と遅延即死魔法によるハメ技という酷すぎる戦法で完勝し、挙句相手にそんな力がない事を分かった上で「時間対策は必須なんだがな」などと発言。これも視聴者の間で大きな物議を醸す事となった。

また、内容自体の賛否もさることながら、視聴者から「イキリ骨太郎」と呼ばれるようになったそもそものストーリー上の問題点としては、このアニメの2期と3期でやった内容の大枠が「アインズとナザリックが自分達の都合の為に、マッチポンプを仕掛けて弱者を虐殺する」という全く同じ展開の繰り返しだった事である。上記した7~8話の鬱展開も12~13話の最大の見せ場とされる展開も規模が違うだけで大枠でやってる事は同じである。
このせいで、よりアインズが弱者を相手に一方的にイキっているというイメージが強化されてしまい、一部の視聴者からは「中二病の人間が、アリ相手に「ゴッドフット」とか言ってアリ踏みつぶしたり、十階位魔法「ゴッドウォーター」とか言ってアリの巣穴にホースで水流してるのを見てる感じ」などと評された。これによって「イキリ骨太郎」という渾名が一気に定着したのである。

ついでにこちらはアニメの方の問題なのだが、非常に評判の良かった1期と比較して2~3期のアニメが驚く程に作画等のクオリティが落ちたのも、本作が叩かれて相当数のファンが離れた要因となっている。
そのクオリティの低さは、本作の熱心な信者ですら苦言を呈する程であり、上記した最大の見せ場とされていた12~13話も、どう見ても死者数が7万人もいるようには見えなかったり、そもそも死体が人形が転がっているようにしか見えなかったり、肝心の黒い仔山羊達も場面場面で大きさが変わっていたりと極めてクオリティが低く、それによってこのエピソードの最大の売りであるスケール感が全く無くなってしまった。

このような経緯を経て「イキリ骨太郎」の渾名は拡散の一途を辿り、2018年のネット流行語100においては、何と作品名やキャラクター名を差し置いて“48位”にランクインした。
(参考までに前後の順位を挙げると、49位は「ミライアカリ」47位は「無限の剣製」である)

なお、本作で最大の問題となっているのは、作品以上に当作品の熱狂的なファン…俗にいう信者であり、他作品でたびたび問題行動を起こしている。特に顕著だったのが異世界カルテットであり、登場人物である女神のアクアがアインズに対し浄化魔法をかけたのだが、これが大ダメージの描写だったのだ。この描写が信者にとっては逆鱗に等しかったようで、カルテットやこのすばのスレに殴り込みをかけ、荒らしに荒らしまくったのである。アインズが最強でないと気が済まないのか、単に心が小さいだけなのかは測りかねるが、いずれにせよ見てて気分がいい物ではないものだろう。(他にも他作品の太郎付けで荒らしまくったりもしており、鯖太郎の件では意気揚々とこの蔑称を広めていた。それだけにとどまらず信者はこの作品に対し異常に執着しており、徹底的に貶める行為に尽力していた。)

関連タグ

魔王 スマホ太郎 オーバーロード(小説)

外部リンク

イキリ骨太郎 - ニコニコ大百科

関連記事

親記事

○○太郎 まるまるたろう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「イキリ骨太郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2351

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました