2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

アルシェ・イーブ・リイル・フルト

あるしぇいーぶりいるふると

アルシェ・イーブ・リイル・フルトとは、丸山くがね著のライトノベル『オーバーロード』のキャラクター。
目次[非表示]

CV:真堂圭

データ

役職フォーサイトメンバー
住居歌う林檎亭(気分的には)
職業レベルウィザード?lv、アカデミック・ウィザード?lv、ハイ・ウィザード?lv
誕生日中風月26日
趣味読書(雑多に読む)
二つ名愛される姉にして妹


概要の前に

書籍版の名は“アルシェ・イーブ・リイル・フルト”、WEB版の名は“アルシェ・イーブ・リリッツ・フルト”となっている。

書籍版とWEB版では、それぞれ異なる人生を歩む事となる。なおWEB版の結末は、当時の読者の反響を受けて決定されたもの。

概要

ワーカーチーム『フォーサイト』の魔力系魔法詠唱者(マジック・キャスター)。
ワーカーになる前は帝国魔法学院に通っていた。

実家は100年以上バハルス帝国を支えていた貴族だったが、鮮血帝によって取り潰されてしまい、更には両親が「鮮血帝没後にフルト家が貴族として再興される際の投資及び、鮮血帝にこの家が屈していない事を見せつけるため」と称して、働きもせずに貴族生活を辞めなかったために借金が嵩み、その結果学院を辞めてワーカーとして働く様になった。

前述の事情により両親に対する愛情は既に無いが、妹で双子のクーデリカとウレイリカ(CV:木野日菜天野心愛)を救うべく、家を見捨てずに借金の返済に奔走しているものの、両親が新たな借金を重ねるので悪循環に陥っており、遂に堪忍の緒が切れ、妹達を家から連れ出して一緒に暮らす事を決意する。

人物像

仲間や家族を大切に思う、優しく真面目な性格。
仲間に借金の事がバレても理性的な態度を崩さず、多数決から外される事を素直に受け入れ、その結果が自分への同情からなら辞める様に発言している。

容姿

愛雪


10代中盤から後半の女性。金髪の艶やかな髪は肩口辺りでざっくりと切られ、痩せぎすだが気品のある顔立ちをしている。しかし、表情は人形の様な無機質さがある。

自分の身長ほどある無数の文字か記号の様なものが彫られた長い鉄の棒を持ち、硬質な皮を使用した厚手の服を着用し、その上からゆったりとしたローブを纏っている。

強さ

アルシェの落書き纏め


相手の魔力を使用可能な最大位階も含めて見抜く事が可能な『生まれながらの異能(タレント)』を有しており(名付けるなら『看破の魔眼』)、魔法詠唱者としての実力も、若年で第三位階に到達している天才肌
しかし所謂『早期早熟型の天才』だったため、成長の限界に差し掛かっていた。

かつて通っていた魔法学院では、帝国最強の大魔法使いフールーダ・パラダインから直々に指南を受けるほど将来を嘱望されていて、フールーダの弟子にして帝国最強の魔法詠唱者部隊・『選ばれし三十人』の候補に挙がっていた。

主な使用魔法

  • 透明化(インヴィジビリティ)

第一位階。一定時間、対象を透明化させる。

  • 闇視(ダークヴィジョン)
位階不明。補助魔法。闇の中でも真昼の如く、見通す事が出来る様になる。

  • 飛行(フライ)
第三位階。体の周りを魔法の膜が包み効果時間の間、空に舞い上がり飛行する事が出来る。転移後の世界基準では、第三位階魔法の中でも使用可能者が限られるレア魔法で、使えるだけでも天才扱いされる代物。
ただし、多くの場合アルシェの様に実用性は微妙なもので、燃費が悪いので長距離の移動手段には向かず、飛行中は他の魔法を使う事が出来なくなるため、高空からの物見や緊急時の回避・逃亡手段として以外には効果的な使い道がない(攻撃手段として使えるのは、せいぜいナーベラルイビルアイフールーダといった、規格外クラスの魔法詠唱者ぐらいである)。

  • 閃光(フラッシュ)
位階不明。相手の前で閃光を弾けさせて、抵抗の成否関係無しに、一時的だが視野を奪う。

  • 魔法の矢(マジック・アロー)
第一位階。無属性攻撃魔法。術者の技量に拘わらず、必中の不可避の光弾を飛ばして相手にダメージを与える。なお、使える位階が上がる事で光球の数と威力が増す事が、書籍版14巻で判明した。
WEB版によると、術者のレベルに応じて光弾の数が増える(例として、アインズなら10個といった具合)。

  • 雷撃(ライトニング)
第三位階。雷撃を放つ魔法。直線上にいる対象(構造物含む)を貫通する。

  • 鎧強化(リーンフォース・アーマー)
位階不明。対象の防御力を上げる魔法と思われる。

作中の動向

帝国の貴族・フェメール伯爵から依頼を受け、ナザリックに侵入するものの、闘技場でアインズと対峙した。
最初は連携して善戦していたが、アインズが魔力を封じていた指輪を外し魔法詠唱者としての姿を見せると、その規格外すぎる莫大な魔力を見て、耐えられず嘔吐した

そいつは化け――おえぇええ!
センシティブな作品



仲間達が自分を逃がすべく足止めを請け負った時は、断腸の思いで《飛行(フライ)》の魔法を使って逃げるが、シャルティアに捕らえられる。

センシティブな作品
lamprey



アルシェが逃走した後、フォーサイトの仲間がアインズに交渉を持ち掛けた事で彼女には慈悲が与えられる事になるが、上述通り書籍版とWEB版では結末が異なる。


書籍版

イミーナロバーデイクがアインズに、「貴方が仲間を思うなら仲間を思う私達にも慈悲を」というかなり強引な交渉(?)をし、その結果「事実と直面した時の絶望を与えた後の苦痛なき死」が与えられた。

冥き安らぎを あなたに



声はエントマが、頭は“頭飾りの悪魔(シルクハット)”の一体が、両腕は“亡者のもがき(デッドマン・ストラグル)”が分け合い、皮膚はデミウルゴスが持ち去り、残りはグラントの子供達の餌となった。


WEB版

アインズがロバーデイクに「お前が実験に協力してくれる限り、あの女を殺さない、安全は保障する」という取り引きを持ちかけ、ロバーデイクは合意する。その結果、捕縛後にアルシェはシャルティアの『愛玩具』となった。

その後、頭の生えた肉団子と化した元仲間を見せられる事になる。
しかも自我は無いが生きており肉団子の体を齧るメイド(恐らくエントマ)を見せられ、呻き声を上げつつ身を振るわせ、魔法で永遠と回復・復元されるという狂気の沙汰を目の当たりにして泣き、吐き、そして漏らした。

完全に反抗心をへし折られたアルシェは、「死よりも酷い惨状」から逃れるべく、面白い・飽きない玩具として自らシャルティアに媚びを売り、性的開発を受けるという日々を生きる事に。


シャルティア「アルシェちゃんはネコの格好をしているでありんす!尻尾はアn」

アインズ「もういい」


シャルティアの開発により十分仕上がった頃、アルシェの元にアインズが現れ、舞踏会について問われ、貴族の社交辞令の知識をアインズに授ける。
そのご褒美に、「私の純潔をシャルティア様に奪って欲しい」とアインズにお願いした。


アインズ「ブレイン、アルシェについて知っている事を言え!」

ブレイン「……私が見たのはその……シャルティア様のご命令で自分で……その……なんと申しますか……」

アインズ「…………そうか…………」

シャルティア「完璧な仕上がりとして充分に楽しんでいただけると思いんす!」

アインズ「」 ブレイン「」

センシティブな作品


※画像はイメージです


ズーラーノーンが設立した『邪神を信仰する教団』の生贄にされていた双子が、アインズの手により間一髪で救助された頃に、もう一度アインズに呼ばれる。

アインズの膝の上に乗った愛しき2人の妹を見て激昂したが、階層守護者達に阻まれ静止させられる。妹達、もしくは自らも「死よりも酷い惨状」になるかもしれない。
そう考える最中、目の前の化け物は「お前に与える褒美のことがあったな、願いはまだ叶えていない筈だ、ならばあの時と意見は変わったか、聞かせてもらおう」(意訳)と言った。

もう二度とどころか数分後・数秒後に自らが、妹達がどうなるか分からない状況でふっと湧いた、千載一遇の幸運だった。
頭を酷使し思考を巡らせた結果、「私たちが考える幸せを維持したまま……ここで暮らさせて欲しい。魔法などによる幻術などではなく」(原文ママ)と懇願した。

アルシェの願いは聞き入れられ、第六階層にアウラが作ったログハウスで妹達と共に暮らす事になる。
更なる功績を上げればナザリックを出て生活できると言われたアルシェは、アインズに帝国魔法学院の情報と、かつての弟分であるジエット・テスタニアの情報を渡した(と思われる)。

余談

アルシェを演じる真堂圭氏は、エントマの声を担当している声優でもある。
恐らくこれは、アルシェの声が後にエントマの物になるという展開を踏まえての、キャスティングでもあったと思われる。

関連イラスト

アルシェ・イーブ・リイル・フルト
幸薄少女アルシェちゃん
アルシェ・イーブ・リイル・フルト
アルシェの朝 "オーバーロード"



関連タグ

オーバーロード(アニメ) ゲロイン

所属しているワーカーチーム。

頼れるリーダーにして、兄貴分。

同性の仲間。面倒見の良い姉貴分。

文字通り命の恩人。しかし彼には、他の2人が一思いに死ねるのに対し洗脳されて廃人になる(書籍版)か、肉団子になり永久食料になる(WEB版)末路しか待っていない。

かつての師匠で、同じタレント持ち。

  • クーデリカ&ウレイリカ
双子の姉妹の妹達。ワーカーとして働く理由。
作者によると、「(アルシェ死亡後の)数か月後には死んでるんじゃないでしょうかね」との事。

オーラを見て吐いた

変態吸血鬼

センシティブな作品


ありえたかもしれない未来。

WEB版では同じく、シャルティアの下僕になった者同士。

シャルティアの創造主で、設定や性癖の元凶

同じく魔法に関する極めて優れたタレントを持つ、同作品のキャラ。
アルシェが上述の通り、早期早熟型の天才故に既に成長の限界に差し掛かっていたのに対し、ニニャはこのまま行けば、ゆくゆくはフールーダにも匹敵する程の大魔法使いに成長していたという、言わば大器晩成型の天才であった。

ソース




関連記事

親記事

フォーサイト ふぉーさいと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アルシェ・イーブ・リイル・フルト」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アルシェ・イーブ・リイル・フルト」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1295234

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました