ピクシブ百科事典

フールーダ・パラダイン

ふーるーだぱらだいん

フールーダ・パラダインとは、丸山くがね著のライトノベル『オーバーロード』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

CV:土師孝也

データ

役職主席宮廷魔術師
住居大魔法詠唱者の塔
職業レベルウィザードLv?、キンジュツシLv?、ビショップLv?など
誕生日昔の事で記憶にない
趣味魔法に関する全て
二つ名三重魔法詠唱者


概要

バハルス帝国の主席宮廷魔法使いを務める、同国最強の老齢の魔法詠唱者。

既に200年以上の時を過ごしながら帝国の勃興と共に生きて来た文字通りの「生ける伝説」で、六代の皇帝に仕え、帝国の発展に多大な貢献を果たして来た。
最初に仕えた六代前の皇帝とは反りが合わず、プライベートにおいては犬猿の仲だったが、実力主義の元に宮廷魔術師の中で上の地位に就く事を許され、五代前の時には皇族との仲も改善され、彼の息子にして後の四代目の教育を任される様になり、その功績から以後は皇族専属の教師として三代目以降の皇帝に様々な知識を与え政策にも大きく関わる様になった事で、帝国の皇族はリ・エスティーゼ王国ランポッサⅢ世以前の王族達の様に選民思想に囚われて増長したり事なかれ主義に陥って堕落する事なく、有能な皇帝を輩出できる様になった。
貴族の専横によって衰退の一途を辿る運命にあった、かつての帝国を教え子でもあった先々代・先代の皇帝と協力して支え、彼らが志半ばで斃れた後は当代皇帝ジルクニフ・ルーン・ファーロード・エル=ニクスと共に数々の粛清や改革を実行し、帝国を非常に強大な魔導国家へと生まれ変わらせている。

ジルクニフの事は幼少から面倒を見ており、「爺」と呼ばれ父のように敬慕・信頼されており、フールーダもそんな彼を孫の様に可愛がり、プライベートでは愛称の「ジル」と呼ぶ。

ただ、魔法研究を優先しているため貴族社会の常識などには疎い事、特に魔法に関する話になると喜々として延々と長話をする悪癖があり、ジルクニフ達もなるべく魔法を話題にする事は避けている程である。

WEB版も書籍版と大体同じ設定だが、役回りがやや異なっている。

強さ

三系統という普通では有り得ない多系統使いで、世界の人間種で唯一単独で第六位階までの魔法を使いこなす、最強クラスの魔法詠唱者
その強さは帝国全軍と同等と評されており、英雄を超えて人外の領域に足を踏み込んだ者・人の身で人の限界を超えた『逸脱者』と謳われ、そのため専横を行っていた反皇帝派の大貴族達も正面から国を割って反乱を起こそうものならフールーダの魔法で返り討ちにされかねない事から、現在のリ・エスティーゼ王国の大貴族達ほど好き放題できず、権謀術策による暗闘に講じる事で皇族に対抗するしかなかった程。

『逸脱者』と呼ばれる者は世界に四人しか確認されておらずその実力の程が窺え、レベルやステータス及び種族の差から来る単純な戦闘力ではプレアデスと渡り合えるイビルアイに劣ってしまっているものの、彼女でさえ到達できていない第六位階を習得している事や、使用できる魔法の数や種類といった魔法詠唱者としての知識や技量ではイビルアイをも凌駕し、最高位に君臨している。
また、アルシェと同じ『生まれながらの異能(タレント)』を所持しており、相手の魔力を使用可能な最大位階を含めて見抜くことができる。

弟子の育成能力にも長けており、才能を見い出されてフールーダから直々に指導を受けて第四位階までを使いこなせるようになった、『選ばれし30人』という優秀な直弟子達が居る。彼らは帝国最強の魔法詠唱者部隊として君臨する程の実力者揃いに育っている。
ちなみに、アルシェもかつてはその候補としてフールーダから直接指導を受けていた。

王国との戦争やカッツェ平野のアンデッドの脅威に晒されるご時世故に、攻撃魔法の有用性ばかりに目が行きがちな弟子や軍人達にも、戦闘にしか使えない攻撃魔法よりも汎用性の高い生活魔法の方が人生には重要だと説くなど、魔法に対する見識も解明的な思考を持っている。

三系統単独の行使だけでなく、これらを組み合わせた魔法も多数使いこなす事が可能で、『三重魔法詠唱者(トライアッド)』という異名の元にもなっている。
200年という普通では有り得ない長寿も、これで老化を抑制しているからこそ実現したもの。
また、ジルクニフの命令と本人のとある拘りから、死霊魔法の開発及びアンデッド労働力化計画の実現に力を入れており、かつての事件で戦闘の末に捕縛した伝説のアンデッド『死の騎士(デス・ナイト)』を使役しようとしているが、全く上手くいっていない。

人物像

冷静な性格で纏う雰囲気も厳かであり、その威厳は見る者を畏怖させる。
200年以上生きた経験も伊達ではなく、多くの者から尊敬を集める非常によく出来た人物。

…であるのだが、その本性にはある悪癖があり……
それはトンでもなくブッ飛んだ「魔法狂い」であること。

魔法詠唱者としては長い時の中、全て独学で修練と魔法開発を進めてきたため、「師」と呼べる存在を持ったことがなく、そのせいでユグドラシルの常識に照らし合わせて言うのなら、無駄の多い非効率なビルドの構成になってしまっている。
それ故に独学の限界を悟った事で、それを自覚しているフールーダは自らを導いてくれる者を渇望していた。
そのため、弟子が自分の年齢よりも早く特定位階に到達した際などには、憎悪にも等しい程の嫉妬を内心で向けていたりと、その内面は老化の抑制が限界に差し掛かりつつある焦りに苛まれている事もあって、実に面白おかしく歪んでいる

また、他の全てを捨ててでも「魔法の深淵を覗きたい」という狂気の願望を秘めており、そのためならば愛する帝国も臣民達も全てどうでもいいと思っている程。

実際、転移後の世界では神でさえ到達不可能とされていた第十位階まで使えるアインズをタレントで見た際には、平伏して狂喜乱舞しながら弟子入りを請い、靴さえも舐めようとした程である。

フールーダ・パラダインのお願い



先程までの雰囲気とはまるで異なるその余りの豹変ぶりは、アインズ達をドン引きさせた。
また、その頃からナザリック勢と内通して何の躊躇いもなく帝国とジルクニフを裏切り、アインズの走狗となって東奔西走するなど、とにかく魔法に関する拘りは常軌を逸している。

現在では晴れてアインズへの弟子入りを果たしたが、直接指導を授けるにはまだ早いとして、ナザリックの図書館にあるとある魔導書を貸与され(という形の丸投げ)、その解読に躍起になっている。

関連タグ

オーバーロード(アニメ) オーバーロード(小説)
バハルス帝国

関連記事

親記事

バハルス帝国 ばはるすていこく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「フールーダ・パラダイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65625

コメント