ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ジルクニフ・ルーン・ファーロード・エル=ニクス

じるくにふるーんふぁーろーどえるにくす

ジルクニフ・ルーン・ファーロード・エル=ニクスとは、丸山くがね著のライトノベル『オーバーロード』の登場人物。
目次 [非表示]

「(此方の勝利は帝国が害されず、生きて帰るというところだな)」


CV:櫻井孝宏

データ

役職バハルス帝国皇帝
住居バハルス帝国帝城
職業レベルエンペラー(一般)?lv、ハイエンペラー(一般)?lv、カリスマ(一般)?lvなど
誕生日上風月1日
趣味他国の情報を集め、自国の状況と比較検討すること
二つ名鮮血帝

概要

バハルス帝国現皇帝。圧倒的なカリスマ性と武力に裏付けされた統治能力で、自国を強大化させつつある。


宮廷闘争の果てに他の皇族を一掃し、即位に際しても機を見る度に国内の貴族に対する血の粛清を行った事から「鮮血帝」と呼ばれ、事実彼の代で絶対王政は完成しつつある。


人物像

代々優秀な者が続いた歴代皇帝と比べても圧倒的な才覚を持っており、確実に歴史に名が残るレベルの名君であるが、そのジルクニフを遥かに上回る規格外の頭脳を持つデミウルゴスからは「中途半端に賢い」と評されてしまっている。

前述の通り作中でも頭はかなり良い方なのだが、ナザリックの情報の少なさからとんでもない推測を立てる事が多く、読者にシリアスな笑いを提供してくれる(それでも優秀極まりない事は事実であるため、12巻作者雑感における『王様優秀度』では2位(化け物)と評されている)。


王国と領土を争っているエ・ランテル近郊に、ナザリック地下大墳墓が転移してきてからというもの、処理能力を超える事態が次々と発生し頭を悩ませている。このため、その元凶たるアインズを嫌がっているが、そのアインズはジルクニフを友人だと思っており、嫌がられているなどとは思っていない。


なお、結婚はしていないが子供はいるらしい。しかしさほど愛情は持っておらず、無能で次期皇帝に相応しくないと見なせば簡単に見捨てるとの事。

この冷徹さの裏には、自身の父親である前皇帝が母親である皇后に毒殺された事、また皇帝となってすぐに自身の兄弟を幾人か処刑した過去が関わっており、それにより心の一部が壊れたためとされている。


ちなみに、腹話術という意外な特技も持っている(腹芸メタファーのつもりかもしれない)。


女性への厳しさ

他にも、前述の通り父が母に裏切られて殺害された過去が関係しているのか、女性に厳しい一面が有る

それ故に『嫌いな女ランキング』なるものを自分の中で築いていて、3人の女性を以下の様にこき下ろしている(奇しくも全員共通して、12巻作者雑感で語られた『王様優秀度』にランクインしている)。


『嫌いな女ランキング』1位にして、『王様優秀度』1位を獲得している二冠王である、リ・エスティーゼ王国の王女。

直接的な面識は無いのだが、持ち前の洞察力の高さだけで実父にすらも完璧に隠し通せている筈のラナーの本性を看破して、嫌悪を向けている。

前述の『王様優秀度』にしてみても、そのダントツ1位を誇る才能も実際は宝の持ち腐れに等しいので、ジルクニフが実質的な1位の様なものである。


『嫌いな女ランキング』2位にして、『王様優秀度』3位を獲得している竜王国の女王。

妙齢の美女なのだが、元の姿では女性受けが悪く士気高揚の妨げになるとして、普段は幼い子供の姿となっている。そしてジルクニフはそれが気に入らず、彼女を「若作り婆」とこき下ろしている。どうやら外見を偽る女性は嫌いな様だ。


『嫌いな女ランキング』順位不明にして、『王様優秀度』8位を獲得している聖王国の女王。

外見以上に綺麗すぎる性格をしているが故に、汚い事が一切出来ないでいるその甘さを不快に思い、嫌っている。国を良くする為に「鮮血帝」と呼ばれるまで滅私奉公してきたジルクニフにとって、優し過ぎて政敵者に強く出れないカルカとは相容れないのだろう。


容姿

ジルクニフ誕生祭

金髪に濃い紫で切れ長の瞳をしている、眉目秀麗な青年。足はすらりと長い。生来の支配者のオーラを身に纏っている。


作中の動向

WEB版と同じ様に行動を起こすが、こちらは素晴らしい情報源を得たデミウルゴスの策謀に踊らされる形で、書籍版7巻にてフールーダの提案でナザリックにワーカーチームを送り込んでおり、ワーカー達が全滅した報告を受けた直後に子供のダークエルフの姉弟に帝都を襲撃され、9巻では半ば脅される形でナザリックに赴き魔導国の承認と同盟関係を結ぶ事になる。


王国との戦の際に「一番強い魔法を使ってくれ」アインズに要請(対アインズの大連合を結成するために、国内外にアインズの脅威を知らしめる事と、能力を調べ対策を打つ事が狙い)したせいで、魔法一撃で7万人(当初は、魔法一撃で近衛騎士数百人を殺したマーレを基準に、多くても3000人を殺せる程度と考えていた。もっとも、魔法一撃でこの数は十三英雄でも不可能と言われ、本人はより最悪を想定したつもりだった)が死亡する。


それだけでも処理能力を超えており(態度にこそ出していないものの)半ば狂乱していたが、それですら初動でしかない事を聞き耳を疑うも、直後本来の効果である“黒い仔山羊”の生誕と蹂躙(実際の効力プロセスは「発動時の効果で範囲内の一定以下の力量のものを生贄に捧げ即死させる」、「その後黒い仔山羊と呼ばれる魔物が殺害した人数=生贄の数に比例しただけ生誕し、残った敵を殲滅する」というもの)で11万人が殺される大虐殺(つまり、「その場から動かず」「大した準備もしていないたった一発の即興魔法で」「18万人殺害した」事になる。そして「一番強い魔法を」とは言ったが、本当に「今の状況で」「ろくな準備もなく」という但し書きが付く可能性も充分あるため、最悪を想定した場合今回の18万人死亡の惨劇がアインズを相手にした場合の最低限の被害になりうる)が発生したために、力無く乾いた笑いを上げるのみであった。


この事が要因で、大虐殺を目の当たりにした騎士達の多くが心を折られて退役願いを出す者が続出し、結果として帝国騎士の人望を急速に失ってしまう

更には信頼していたフールーダの内通なども重なり、対抗しようにも手駒が無い状況にストレスが溜まる日々を送り、抜け毛が増えた

ジルクニフがんばれ


それでも折れそうな心を必死に奮い立たせ、次巻の10巻では自国、リ・エスティーゼ王国、スレイン法国、竜王国、ローブル聖王国など、ナザリックに近い人間国家五か国による対アインズ一大包囲同盟の結実を考えていた。

しかし、最初の交渉相手である法国の使節との会談の場を偶然アインズに押さえられ、挙句の果てに帝国最強の剣闘士であるゴ・ギンでさえも、アインズの前に敗北したという事実を突きつけられ(しかもその後は、アインズとの試合前の約束に則り魔導国側に行ってしまった模様)、諦めて魔導国に属国になる事を願い出るまで吹っ切れてしまった(なおジルクニフ当人は、会談の場を押さえられた所から属国の申し出をアインズが(驚愕のあまり)拒絶しようとした所に至るまで、全てアインズの謀略によるものだと勘違いしている)。

ジルクニフ頑張れ~~~!!!


魔導国に従属してからは、ストレスから来る胃痛や頭髪の抜け落ちも無くなり、肩の荷が下りた晴れやかな心持ちで毎日を過ごしている(王国とは逆に『飴』を与えられた帝国は軍事力の心配は全くなくなり、アルベドの采配で皇帝としての仕事量も半分以下にまで減ったのである。しかも部下達が魔導王に恐怖し、誰もジルクニフに異議を唱えられないという完全ストレスフリーな環境となった)。


後に魔導王へ拝謁するために訪れていた待合室でペ・リユロと偶然出会った際には、腹の探り合いをする内に同じ境遇(魔導王に完膚なきまでに敗北し、従属している者同士)だと判明してから意気投合し、現在は無二の親友となっている。

更にその後の13巻で魔導王崩御の知らせを聞いた時は、帝国へと招いていたリユロ共々全く信じようとせず、2人で遠くを見ながら新しく出来るであろう同胞を哀れんでいる


これまでの通り、途中までは度重なる苦難を味わったジルクニフだが、結果的には勝ち組のポジションに収まった。

更に各国(愚策と裏切りの末に滅亡した王国、交渉相手アレだったせいで間引きされた土掘獣人(クアゴア)、自作自演の戦争で乗っ取られた聖王国、洗脳事件の黒幕だという事がアインズに知られたため、滅亡がほぼ確定している法国)と比べると被害数も最小限で済んでおり、前述の10巻で「世界で今一番不幸なのは…この私だな」と本人は自嘲していたが、実際はとてつもない強運の持ち主であったと言える。


ちなみに作者によると、吹っ切れてもストレスによる抜け毛は治まらず、「そのうち髪の毛は一本も無くなって禿げあがってしまうだろう」とされている。


WEB版

「感謝するよ、私の新たな友アインズよ」


ナザリックを調査するために送り込んだワーカー・チームが誰一人帰還せずに全滅し、ナザリック周辺を監視していた帝国隠密部隊12名もアウラに捕獲されたため、アインズを麾下に加えようと自ら乗り込んだが、あまりのレベルの違いを自覚する。

しかしそれでも皇帝としての意地で交渉に臨み、ナザリック内で「友となろうじゃないか」という言葉でアインズの好感度を書籍版以上に急上昇させた事で、あっさりとアインズを帝国貴族として迎える事に成功してしまう(アインズにとっては至高の四十一人以外の友の誕生となった)

だがナザリックに対抗するために人類を守るという名目で、諸国同盟を成立させる事を考え始めたジルクニフにとっては、アインズと言う爆弾を帝国に抱え込むのは不本意であり、アインズに弟子入りしたフールーダーを始め帝国内部の勢力をナザリック勢に食い荒らされる羽目に陥っている。


それでも書籍版と違い、名目上にせよアインズを臣下として迎えているため、「大虐殺を起こせるような辺境侯に対抗するには皇帝についた方がいい」という事で、国内は皇帝派・辺境侯派に分かれるだけで済んでいる。


装備

  • 精神防御のネックレス(仮称)

正式名称は不明。デミウルゴスの《支配の呪言》を防いだ。


  • 魔法の力を宿すペンダント(仮称)

正式名称及び効力は不明。リユロに贈られた。


  • 魔法防御を施された魔獣の皮のマント(仮称)

正式名称は不明。外がどれだけ寒かろうと遮断し、一切感じさせない貴重品。また、呼吸する際の空気の温度を適切に保つ。


  • 一角獣の指輪(リング・オブ・ユニコーン)

毒の探知や毒・病気に対する耐性、更に1日に一度傷を治すという能力を持った魔法の指輪。


余談

書籍版の彼の衣装が袈裟を思わせる形状であるとして、発売当時は『ジルクニフが将来ハゲる未来を暗示している』という推測が一部で囁かれた。


抜け毛が増える経過を辿ったものの、ハゲる結末は回避され彼の頭髪は守られた(しかし上述の作者の言もあるため、断定は出来ない)。


関連イラスト

陛下お誕生日おめでとうございます!!!!!鮮血帝鮮血帝ジルクニフジルクニフジルクニフ・ルーン・ファーロード・エル=ニクス


関連タグ

オーバーロード(アニメ)


バハルス帝国


フールーダ・パラダイン バジウッド・ペシュメル レイナース・ロックブルズ ニンブル・アーク・デイル・アノック ロウネ・ヴァミリネン


オーバーロード12巻作者雑感|丸山くがねの活動報告(王様優秀度ランキング)

関連記事

親記事

バハルス帝国 ばはるすていこく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 533757

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました