ピクシブ百科事典

ロウネ・ヴァミリネン

ろうねゔぁみりねん

ロウネ・ヴァミリネンとは、丸山くがね著のライトノベル『オーバーロード』の登場人物である。
目次[非表示]

CV:高橋伸也

概要

バハルス帝国皇帝ジルクニフに仕える秘書官。

作中ではナザリックへ向かうジルクニフ達に同行したり、別の者が「優秀な者達の中でもロウネに並ぶ」と称していたりするなど、能力的には非常に優秀と思われる。

人物像

真面目かつジルクニフへの忠誠心も高く、帝国と魔導国のすり合わせのためにナザリックに唯一人残る事を命じられた時、帝国のために全身全霊で取り組むと宣言してアインズから称賛されている。

ナザリックから帰還してからは、何かされている事を警戒されて閑職に回されたが、帝国が属国になって以降はジルクニフの秘書官に戻っている。
ナザリックに滞在している間に精神的に鍛えられた様で、ジルクニフからは「色々な経験が彼を鍛え上げたようだ。図太くなったとも言うべきかもしれないが」と評されている。

関連タグ

オーバーロード(アニメ) バハルス帝国
ジルクニフ・ルーン・ファーロード・エル=ニクス

関連記事

親記事

バハルス帝国 ばはるすていこく

兄弟記事

コメント