ピクシブ百科事典

カルカ・ベサーレス

かるかべさーれす

カルカ・ベサーレスとは、丸山くがねのライトノベル『オーバーロード』の登場キャラクターである。

魔皇ヤルダバオト「一目見た時から丁度いい武器になると思っていたのだ」

概要

ローブル聖王国の当代聖王にして、史上初の女王。「聖王女」と呼ばれる。
先代聖王と神殿勢力の強い後押しによって、兄カスポンドを退けて即位した。
「ローブルの至宝」という二つ名で謳われるほどの美しい容姿で「黄金」の二つ名で知られるリ・エスティーゼ王国第三王女ラナーナザリック地下大墳墓の人外の美を誇るプレアデスにも匹敵する美貌の持ち主。
15歳で第四位階に到達した天才的な信仰系魔法詠唱者でもあり、高い戦闘力を持つ。

善良かつ真面目で気品があり、民を慈しむ心優しい性格の持ち主で、「弱き民に幸せを、誰も泣かない国を」という国是を掲げ、貴族や国民たちはもちろん腹心であるカストディオ姉妹にまで及んでしまっている亜人種や異形種に対する度を越した差別意識もなく、国中の人々がアンデッドが建国したという理由だけで毛嫌いしているアインズ・ウール・ゴウン魔導国に対しても「例えアンデッドであっても王の職務を立派に果たしているのであれば問題ない」と正しく評価できる人間としても大きな器があるという正しく「聖なる国の聖なる女王」に相応しい人物だが、逆にそれが過ぎて強い態度に出られなかったりすることが多く、無難な統治で大きな混乱こそ起こしていないものの、「史上初の女王即位」という一大事で生まれた政情不安を抑え込むことが出来ず、聖王国南部に住む貴族や国民たちにより構成される保守派の反発を招き、加えて聖王国中に蔓延している度を越えた異種族に対する偏見を率先して嗜めることができないでいるせいで、豚鬼を始めとする人間種と敵対していない穏健な亜人種まで戦乱に巻き込んでしまう失策を犯してしまっている。
そのため、その辺りの抑えは懇意の臣下であるカストディオ姉妹の武力威圧に依存する形となってしまっており、未だ根本的解決には至っていない。
一方で「国の敵」と見做した者を筆頭に相容れないと判断したもの対しては例外で、苛烈な性格をしているカストディオ姉妹程ではないもののそれが外敵であろうが身内であろうが、普段の彼女なら決してとらないような容赦ない手段を以て断罪することを躊躇わず、平時は甘やかしがちなカストディオ姉妹に対しても有事は手厳しい態度を持って接するなど最低限の公私を分けられるだけの立場を彼女なりに弁えている。
以上のことから、バハルス帝国皇帝ジルクニフには「八方美人」と蔑まれて嫌われている。

既に20半ば近くに達しつつある王族でありながら、実は未だ独身。
普段は表に出さないが、非常に強い結婚願望を持っており、その経緯と立場から相応しい男に恵まれにくく、さらにカストディオ姉妹と自身も家族以外の男性経験が皆無な上に仲が良すぎるせいで周囲から同性愛者なのかと疑われてしまっているという状況に「我が儘は言いません。糸の一切ついていない、私という人間を愛してくれるお婿さんを!」と焦りに焦っている。
このため、部下にすら黙って美容魔法の開発に明け暮れており、肌年齢を維持するために美容魔法でのスキンケアを欠かさず行っており、今やその技術力は己の扱える信仰系魔法をも超え、周辺国の中でも最高峰の位置にいるが、上記の理由もあってカストディオ姉妹にさえ公言しないのでそのことを知る者はいない。

関連タグ

オーバーロード(アニメ) オーバーロード(小説)
ローブル聖王国 レメディオス・カストディオ ケラルト・カストディオ

pixivに投稿された作品 pixivで「カルカ・ベサーレス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13105

コメント