2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

パベル・バラハ

ぱべるばらは

パベル・バラハとは、丸山くがね著のライトノベル『オーバーロード』の登場人物である。
目次[非表示]

概要

ローブル聖王国の兵士長。『九色』の黒を戴く弓の名手で、その腕前は百発百中を誇る。夜の番人”“凶眼の射手”の異名を持つ。

既婚者であり、娘のネイアは聖騎士見習いとして働いている。

人物像

戦場では優秀な戦士だが、普段は元聖騎士の妻の尻に敷かれながら娘をこよなく愛している親バカな父親。

妻子の話題になると自慢が止まらず(仕事の話になれば止まる)、娘からの贈り物は全て大切に保管している。その中の1つである、ネイアが6歳の頃に作ったパベルを象った人形は肌身離さず持ち歩いていた様で、命を賭した戦いに赴く前はその人形に口付ける儀式を行っていた。
娘が最近父離れを始めた事に大きなショックを受け、休みさえ取れれば、キャンプで父の威厳を今一度取り戻そうと企んでいる。
その子煩悩たるや、“超子煩悩大貴族”の二つ名を持つレエブンにも匹敵すると言っても過言では無い。

他人から娘の事を褒められると大殺戮者然とした悪鬼羅刹の如き表情になるが、当人はただ照れているだけである。

そのネイアからは、目付きの遺伝に対する不満を除けば娘想いの良き父として思い出されているが、同時に自身の聖騎士としての大成を最初から諦めていた、頼りない父親でもあったと回想されている。

ちなみに同じ『九色』の一角にして聖騎士団長のレメディオスに対しては、「知識に欠けるせいで周りに迷惑をかけかねない、娘とは別の意味で不安な女」と思っており、パベルがネイアの聖騎士団入りを反対していたのも彼女に剣の才能が無いのに加え、「レメディオスがいる所には入団させたくない」と思っていたが故でもあった。

容姿

その細く鋭い目付きは小さな黒目も相まって、よく見ても暗殺者、悪ければ殺人鬼と称される。
鍛え抜かれて無駄を削ぎ落とした体は細く、作中では「用途に合わせて人を作り出したような鋼の如き見事な細さ」と表現されている。

強さ

『九色』の名は伊達ではなく、中~遠距離戦が中心の弓兵にも拘わらず、同じ『九色』の一角であるオルランド・カンパーノとの模擬戦において、近距離戦で勝利した事がある。

野伏(レンジャー)としてもかなり腕が立ち、訓練で亜人と同じく闇夜を見る目を備え、優れた感覚で周囲を窺える。

パベルの弓の一撃は武技とスキルを上乗せした時、重戦士が大上段から振り下ろす一撃に相当する破壊力を持つ。

装備

  • 抵抗の上着(ヴェスト・オブ・レジスタンス)

抵抗力を高めてくれる。

  • コンポジットロングボウ
対亜人用に特化した魔力が込められている。

  • 逸れる指輪(ディフレクション・リング)
射撃武器に対する守りを得られる。

  • 無音の靴(ブーツ・オブ・サイレンス)
足音を消す効果を持つ。

  • 影のマント(マント・オブ・シャドウ)
影に溶け込み、潜伏しやすくなる。

作中の動向

聖王国の東にある長城に配置され、昼番を任せられていたオルランドと交代する場面で登場。
オルランドにいつもの娘自慢や世間話をし、そしてオルランドから魔導国へ武者修行に出たい」という相談を受けていた中、突如ヤルダバオトと亜人の大軍勢が出現。

ヤルダバオトが放った《隕石落下(メテオフォール)》を喰らい、若き日の妻と小さな娘の姿の走馬灯を見ながら死亡した。

関連タグ

オーバーロード(アニメ) ローブル聖王国
ネイア・バラハ

同作品のキャラクター。直接の接点は無いが、我が子をこよなく愛する子煩悩な父親という点が共通している。

関連記事

親記事

ローブル聖王国 ろーぶるせいおうこく

兄弟記事

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました