ピクシブ百科事典

ペ・リユロ

ぺりゆろ

ペ・リユロとは、丸山くがね著のライトノベル『オーバーロード』の登場人物である。
目次[非表示]

ステータス

基本レベル38
役職アゼルリシア山脈 クアゴア統合氏族王
属性カルマ値:40(中立)
種族レベル土堀獣人(クアゴア)Lv10、土堀獣人王(クアゴア・ロード)Lv10
職業レベルエンペラーLv2、モンクLv6、キ・マスターLv4ほか
二つ名種族史上最高の王


概要

アゼルリシア山脈に生息する、『土堀獣人(クアゴア)』全氏族を纏め上げる王。

不世出の英雄と言っても過言では無く、それまでは暴力による支配のみで纏まりのなかったクアゴアの問題点に気付き、瞬く間に八氏族の頂点へと登り詰めた。
以降はそれなりに形の整った政治体制を確立し、敗北者には生存すら許さないというクアゴアの蛮習を過去のものとする事に成功している。

人物像

表向きは『霜の竜(フロスト・ドラゴン)』に従っている様に見せかけ、内心ではチャンスがあれば力を削ごうと考えている、非常に強かな性格をしている。

更に頭の回転も早く、ドワーフと違い優れた建築能力を持たないといったクアゴアという種族そのものの数々の弱点も理解しており、他種族を支配し文化や技術を学ぶ事でクアゴアの力を上げていく事に専念している。

活躍

作中ではドワーフへの攻略作戦を決行するが、ドワーフと国交を結ぼうと彼等の元を訪れていたアインズ達の介入を受け、ドワーフが繰り出したゴーレム(アインズ作成の死の騎士(デス・ナイト)二体)によって撤退に追い込まれる。

その後にやって来た魔導国の使者に対して、暗に「魔導国に力があるのなら支配されてもいい」と伝えたつもりだったが、それを「素直に従わない」と受け取った魔導国側は間引きを開始。
結果としてクアゴアは、自分達が本拠地としている『フェオ・ベルカナ』へ侵入したシャルティアアウラ相手に大軍を率いて対峙する事になってしまう。

圧倒的な力を前になす術なく同胞達が殺されていく大惨劇を経て、全く状況を理解出来ないまま涙を呑んでシャルティアとアウラの要求通り氏族の間引きを行い、恐怖に打ち震えながら魔導国の支配下に入った。

なお、傘下に降ってもクアゴアの統治者だと認められているらしく、魔導王に拝謁するための待合室でたまたまジルクニフと出会う。
互いの探り合いをしていく中で、両者共に同じ境遇である事が判明した後は、『魔導王被害者友の会』という名の絆で結ばれた無二の親友となった。

後の書籍版13巻でバハルス帝国に招かれた際に、魔導王崩御の知らせを聞いた時はジルクニフ同様全く信じようとせず鼻で笑い飛ばし、二人で遠くを見ながら新しく出来るであろう同胞を哀れんでいる

関連タグ

オーバーロード(アニメ) アゼルリシア山脈

関連記事

親記事

アゼルリシア山脈 あぜるりしあさんみゃく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ペ・リユロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 292

コメント