ピクシブ百科事典

オラサーダルク=ヘイリリアル

おらさーだるくへいりりある

オラサーダルク=ヘイリリアルとは、丸山くがね著のライトノベル『オーバーロード』の登場人物である。
目次[非表示]

ステータス

基本レベル46
役職アゼルリシア山脈霜の竜の王(フロスト・ドラゴンロード)
住居ドワーフ旧王都(フェオ・ベルカナ)王城
属性カルマ値:-25(中立)
職業レベル幼年(ドラゴリング)Lv10、若年(ヤング)Lv10、青年(アダルト)Lv10、長老(エルダー)Lv5、古老(エインシャント)Lv1
二つ名白き竜王


概要

アゼルリシア山脈『霜の竜(フロスト・ドラゴン)』達を束ね、ドワーフとクアゴア達を制圧した竜王(ドラゴンロード)…を名乗っている、ナザリックの面々からしてみれば)普通より多少強いだけのただのオスの霜の竜(上述のステータスを見る限り、戦闘力はアインズ階層守護者はおろかプレアデスよりも劣る模様)。

ただし、単独行動の多いドラゴンにしては例外的に十数頭にも及ぶ巨大な群れを作っているため、侮れない勢力を築き上げている。また、群れはオラサーダルクが力で従えて妃としたメスの霜の竜数体と、その間に出来た子供を中心に構成されている。

人物像

自分が最強の種族である事に強い自負を抱いており、「世界を生き抜くには強さこそが必要であり、生とは強くなる事、逆にそうしない事は生の否定」と考えている。
そのため、強さよりも知識を得る事に重きを置く息子のヘジンマールの事は見限っていた。

支配下であるクアゴア達を「自分達に奉仕するべき生物」と捉え、大量の金品を要求するなど、傲慢かつ強欲な性格をしている。

強さ

種族の特徴として、強力な冷気のブレスや冷気への絶対耐性を持ち、第三位階の魔力系魔法を三つ行使する事が可能。

妃の一匹であるムンウィニア=イリススリムと熾烈な争いの後に従わせた過去があり、パワーやスピードも優れている模様(ちなみその戦いの余波で、ドワーフの西の都市『フェオ・テイワズ』が巻き込まれ廃墟となった)。

なお、竜として最高位まで成長しており、これ以上の成長段階はないらしい。

転移後の世界では十分なまでの強者の部類に入るのだが、いかんせん相手が悪過ぎた

作中の動向

ペ・リユロからアインズを迎撃して欲しいと懇願される場面で登場。
その後に降伏勧告しに来たアインズを侮り、「お前の装備品を全部寄こせば許してやる」などと宣って不興を買い、何も出来ずに瞬殺された
なお遺体は実験に使うため、ナザリックの第五階層に保管されている。

遺された妻と子供達はあっさりと降伏してナザリックの傘下に降り、ドラゴン航空便として働いている。

関連タグ

オーバーロード(アニメ) アゼルリシア山脈

関連記事

親記事

アゼルリシア山脈 あぜるりしあさんみゃく

兄弟記事

コメント