ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

実際は被害者ではない(加害者もしくは無関係な第三者)のに、さも被害者であるかのようなをして被害者ぶる態度のことである。


他者を非難したり、何らかの利得を得たりすることが目的のものを指し、精神疾患認知症などが原因で起こる被害妄想とは別物。


逆の加害者面をすることはほとんどない。加害者のふりをしても他者の攻撃や利得に結びつけるのは難しいからであろう。ただし身代わり出頭のように誰かの罪を引っ被ることはある。


こんな状況

  • 自分の浮気がバレたのを「私は寂しかったのにかまってくれなかった」と恋人を非難する。
  • 些細なことで一方的に暴力を振るってしまったのを「あいつに殴られた」と自身を被害者に仕立てる。
  • 自分の交通違反や運転ミスで事故を起こしたのを「あいつに煽られた」「あいつに転ばされた」と周囲に転嫁する。
  • 相手を侮辱するようなことを先に言って口論に発展してしまったにもかかわらず「私は何も悪いことを言っていないのにあいつに悪口を言われた」と主張する。
  • ゲームでのチート行為がバレたのにもかかわらず「どうせ遊びだから楽しければ構わないだろ。お前のせいで気分が台無しだ!」と自分の行動や発言を正当化し、自身を被害者に仕立てる。
  • SNSやニュースサイトの運営に自身が投稿した誹謗中傷コメントを消されたことについて、「言論弾圧だ」「言論統制だ」「表現の自由の侵害だ」などといった不当な言いがかりをつける。
    • 逆も然りであり、何の問題もない記述を猜疑心から拡大解釈し、記述をつけたものに言いがかりをつけるケースもある。
  • 自身の非を正論で詰められると「あなたって冷たい人ですよね」「大人げないと思いませんか?」と逆に人格否定を繰り出す。さらにレッテル貼りで反撃する。

被害者面は当事者が自覚的にやっているものを指し、精神疾患などからくる病的な被害妄想とは別物なのだが、うつ病患者の症状の一つとして現れる攻撃性や、他者に対する猜疑心と被害者意識が異様に強い妄想性パーソナリティ障害や境界性自己愛性パーソナリティ障害と呼ばれる人格障害(認知の歪み・偏り)もあり、被害妄想と被害者面の区別がつきにくい状態もまま見られる。


使用上の問題点

この言葉には悪用誤用をする者が尋常じゃないくらい多いという現状がある。

一例として、以下のケースがある、

  • 自分もしくは周辺の人物が何かしらひどい目にあっていた人間に対して「被害者面をするな」という発言。
  • ネットなどでよくみられる、ハラスメント毒親の被害告発に対するアンチコメント

関連タグ

暴言 当たり屋 誹謗中傷 ネットイナゴ 逆ギレ

無自覚な荒らし 論点のすり替え 被害妄想 責任転嫁 正義中毒 レッテル貼り お前は何を言っているんだ

外部リンク

被害者だとアピールしがちな人は「他人からいい人に見られたがる傾向」があるという指摘(GIGAZINE)


【被害者モード】職場特定、三重交通から抗議を受けたフェミニスト男性「僕は匿名一般市民だよ!? 迷惑かけてないでしょ!? 企業を批判するのは当然の権利だよ!?」

関連記事

親記事

態度 たいど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 214725

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました