ピクシブ百科事典

恒心教

こうしんきょう

恒心教とはkrsw弁護士を教組とする冗談宗教である。
目次[非表示]

この宗教は、おおむね平成25年ごろより活動を開始したなんJ発祥であるとされ、一般的にはハセカラ民と同一のものとされる。
彼らは弁護士唐澤貴洋が過去に開業していた恒心総合法律事務所の名前と当時なんJの間で話題になっていたオウム真理教を併せて恒心教と名乗る。主な行動は殺害予告、個人情報の公開、サジェスト汚染などがあげられる。

経緯

この宗教の発端は、某掲示板の某板を荒らし続けたコテハン『八神太一◆YAGAMI99iU(以後
少年H)』が住人に逆襲をくらい、本人のあらゆる個人情報を特定され数々の嫌がらせを受ける立場となった事から始まる。
その際、少年Hはこれをどうにか鎮圧しようと弁護士に依頼する、これがネットに強い弁護士こと『唐澤貴洋』氏である。

彼は某掲示板にIPアドレスの開示を求め、一時期は少年Hを叩いていた住人達を震え上がらせたものの、開示から民事訴訟に至る為の手続きが非常に面倒かつ非現実的(下記参照)であることが判明したことや、『業務用のツイッタ―での私的なフォロー』『ネットに強いを自称しながら某掲示板のシステムを理解していない』 『自身に対するレスを業務に対する真っ当な批判や擁護含めて無差別に開示』などの不手際が発覚すると一転して『どれほどの書き込みなら開示になるのか』という無茶苦茶なチキンレースへと発展してしまう。

更にその『唐澤貴洋』氏の個人情報も特定され、弁護士事務所や親族に対する嫌がらせが行われるようになり、いつしか彼から反応を引き出すことを目的とした『恒心教』という一つのコンテンツと化してしまった。

IP開示について

IPだけで個人を特定できるわけではなく、IP開示それ自体に大きな意味は無い
開示した後に次のステップであるプロバイダ相手に開示請求をして初めて個人の特定に至る。
プロバイダは警察以外にはむやみに顧客の個人情報を流したりはしない為、場合によってはプロバイダ相手に訴訟を起こして開示後、本人に訴訟という流れとなるため非常に手間も費用もかかる。

最近では訴訟なしで開示するプロバイダも増え、弁護士名で請求をすれば開示するプロバイダも存在する為、無意味とは言えなくなってきているが、炎上当時はそういったプロバイダも少ない上に当の弁護士も開示以降のステップに進む気配を見せなかった為、「開示がなんだ 実害はないぞ」といった風潮が一気に広まったと考えられる。

行動

・弁護士の名を騙った全国地方自治体への爆破予告
・これらの集団のよって晒された人物が所有する物品の窃盗や器物損壊
・Googleマップを始めとしたWebサイトの改竄
・公共機関や私企業に対するサイバー攻撃
・特定の弁護士に対する殺害予告、誹謗中傷

pixivに投稿された作品 pixivで「恒心教」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 908137

コメント