ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

恒心教

こうしんきょう

2012年のネット上で発祥したムーブメントを起源とする冗談宗教。
目次 [非表示]

声なき声に力を。

新しい時代を。

愛なき時代に愛を。


概要

この宗教は「なんJ」現在は(なんG)発祥の宗教であるとされ、一般的にはハセカラ民と同一のものとされる。

彼らは「弁護士 唐澤貴洋」が過去に開業していた「恒心綜合法律事務所」の名前と、当時なんJの間で話題になっていた「オウム真理教」になぞらえて『恒心教』と名乗っている。


詳しくは、恒心教専用wikiの唐澤貴洋wikiを参照。


経緯

この宗教、および集団の発足は2ちゃんねる掲示板で当時特に人気のあったなんでも実況J板で起こった一連の事件に由来する。


すべての始まり

2009年10月、なんJにて一人の掲示板ユーザーが『八神太一◆YAGAMI99iU』という固定ハンドルネーム(コテハン)を名乗り始め、以降は毎日のように不快な自分語り、特定人物への誹謗中傷や差別的な侮辱、挑発などのヘイト行為、犯罪に類する悪質な書き込み、なりすまし行為などを行い、数年にわたって掲示板を荒らし続けた。

場所が場所だけに彼のようなモラルを欠いたユーザーによる書き込みは珍しい事ではなかったが、彼は掲示板の利用者と事あるごとに喧嘩し、ときに無価値で不快なだけのレスバトルを繰り広げ、コテハンとしての発言力を笠に着て「なんJの暴君」を名乗るなど度が過ぎていたため、チンフェ(チンコフェイス)」とあだ名され、掲示板住民から反感を買うようになる。


コテハンを付けての悪質な書き込みや自分語りに対して警告する掲示板住民もいたが、チンフェは「リアルの生活で支障起こすくらいまで追い込んでみろや雑魚共」「俺は嫌な思いしてないから知った事ではない」と返すなど全く聞く耳を持たず、掲示板を荒らし続けた。


一枚の画像から始まった特定作業

2012年3月、チンフェは学歴に関する言い争いの末に掲示板住民に促されて大学受験の合格通知をアップロードする。

氏名と大学名を隠してアップロードしたものの、その合格通知の書式から大学名が割り出されたのを皮切りに、かねてより『コテハン「八神太一」』の存在を不愉快に思っていた住民達は特定作業を始めた。

皮肉にもそのコテハンによって数年に渡る過去の書き込み(自分語り)が紐付けされていたため、大学は指定校推薦で合格したことや所属している高校が芋づる式に判明。特定された大学の指定校枠に特定された高校があるのが確認、合格したと自分語りした日と指定校推薦の合格発表日が一致、と特定された事が繋がっていったことで特定作業が加速し、遂にSNSの実名アカウントが特定されてしまった。実名アカウントから卒業した小学校と中学校も判明し、これらの情報から住所も一気に全国から学区にまで絞られてしまう。

ここまで合格通知を晒してから約5時間の出来事であった。


チンフェは当初こそ開き直るような態度をとっていたが、「悪質な書き込みを大学に伝えれば合格を取り消せるのでは?」という話題が上がったり、同級生から苦情が寄せられると態度が一転、謝罪に見せかけた脅迫文(丁寧口調だが謝罪の言葉は無く、警察や裁判などの公権力をチラつかせた文)を書き込んだ後、コテハン引退を宣言して姿を消した。

なお、その後も匿名で情報の撹乱や矛先逸らしに勤しんでいた模様(チンフェと思しき人物の書き込みには高校の同級生に矛先を逸らそうとする書き込みまであった)。


話題を聞きつけた部外者も加わり、個人情報やネット内外での痛い言動が晒され続け、チンフェは精神的に追い詰められていく。

被害の拡大を恐れたチンフェは家族と解決方法を相談。弁護士を雇って鎮火を試みる。

しかし、弁護士を雇ったことで騒動はのちにネット史上かつてない規模にまでエスカレートすることとなる。


弁護士『唐澤貴洋』降臨

そうして掲示板に現れたのが、自称ITに強い弁護士こと唐澤貴洋である。

唐澤弁護士は掲示板にIPアドレスの開示を求め、チンフェを叩いていた者、度を過ぎた仕返しを行った者を明るみに出す事で事態の収束を図ろうとした。チンフェと思しき人物も、弁護士を使った掲示板住人の復讐への復讐に期待していたようである。

弁護士が仲介に入った事でヒートアップしていた掲示板住民は手を止め、炎上を煽った事への戒めや、平和な掲示板が戻ってくることを望む声、モラルの無い高校生の味方をしなければならなかった弁護士への同情などが書き込まれた。


ネット関連の法整備状況への認識が進んでいなかった時代、こんな自業自得なくだらない案件にも真摯に対応する弁護士がいると、掲示板は『ネットに強い弁護士』の話で持ちきりとなり、どんな立派な人なのかという話題さえ見られた。

しかし、唐澤弁護士について調べてみると、過去にいろいろな不始末をやらかしている人物であることが明らかとなり、「ネットに強い弁護士なのにスレッドの建て方を知らなかった」などの数多くの不手際や黒歴史が次々と掘り起こされていく。

そして、「事務所のHPやSNSでの独特な言い回しの文章」や「いくら調べても謎の似顔絵が出てくるだけで顔写真が出てこない」といった事から徐々に唐澤弁護士をネタにする書き込みがされるようになる。

さらに彼が行った「IPアドレス開示」という法的措置は個人情報が即座に暴露されるわけではなく、せいぜい大まかな居住地域が分かるだけで、単体では虚仮威しに過ぎず、更にそこからそのIPの登録人物の情報の引き渡しを求める裁判をプロバイダ相手に起こし(当然ホイホイ渡す様なプロバイダとは契約してもらえないため、警察などの要求でなければ基本的に全力で抗われる)、その上でようやく本人に訴訟が出来ることが判明

それで取れても、被害を受けたのが有名人などで風評によって多数の損害が想定できる人物ならともかく、「佐藤太郎という一般人は中学生の時うんこを漏らした」と広まったところでその金銭的損害が(低いという意味で)算出不能である一般人相手では、取れるのはせいぜい十数万かそこらであり掛かる経費を考えると全く旨味がない(パカ弁を参照)、そして今回加害者サイドである掲示板住民からすれば「(そこまで辿り着いたとして)ペナルティがせいぜい10万かそこら」というのは一切行動を躊躇する理由にはならなかった(曰く「越えちゃいけないラインなんかスタートライン」)

すると、掲示板住民はチンフェのみならず唐澤弁護士も嫌がらせの標的とした。

ただし、この時点では『チンフェに巻き込まれた可哀想な弁護士』と扱う者も多く、炎上というほどではなかった。


唐澤貴洋の失態

しかし、唐澤弁護士は依頼人を差し置いて、自分だけ保身を図るような行動を取り始める。

当時、掲示板住人がよく利用していたカードジェネレーターでチンフェや唐澤弁護士の画像が使われたカードが作成されていたが、唐澤弁護士のカードのみが削除される。カードの跡地に書かれた「サイト管理人より大切なお知らせ」の内容から、唐澤弁護士が自身のカードのみに削除要求をし、依頼人であるチンフェのカードには削除要求をしなかったことが判明する。

この出来事から「依頼人を見捨てた」と受け止められ、本格的に炎上、唐澤弁護士を煽るスレが乱立し始める。


カードジェネレーター騒動以降、唐澤弁護士は自身に対する書き込みに対して開示するようになり、チンフェに対する中傷や個人情報には開示をしなくなってしまう。

さらに悪意のある書き込みだけでなく、「ボボボーボ・ボーボボ」としか書いていない書き込みや、「もう唐澤弁護士を馬鹿にするのはやめろ」と静止していた書き込みを含めその場にいた無関係な人のIPアドレスまで晒し上げる「無差別開示」と呼ばれる粗雑な措置を取ってしまい、多くの人の反感を買った。この悪手に他ならない「無差別開示」に対し、弁護士当人からいわゆる検索汚染を防ぐためだったとの弁解が行われるのは、5年ほど経ってからである。(結果爆発的に汚染が広がっているので逆効果だったが)


恒心教の誕生

掲示板には唐澤弁護士を恐れなくなった過激な行動を起こす者、炎上騒ぎに興味を持つ者が集まり『どれほどの書き込みなら訴えられるのか』という無茶苦茶なチキンレースへと発展させていく。

最終的に掲示板は殺害予告までもが常態化する無法地帯と化していった。(唐澤弁護士により三週間に一回開示が行われ、この掲示板は二週間でログが流れるため、開示直後の一週間はセーフゾーンなどと名付けられ、より活発に誹謗中傷が行われていた)

また余談だが、この際「ヒャドで殺す」では開示されていないのに「メラで殺す」では開示されている等の基準の不明瞭さを逆手に取り、「実際に身の危険を感じたものだけ開示しているのではないか?」という考察がなされ、「唐澤弁護士はヒャドでは死なないがメラでは死ぬ=氷属性に耐性があり、炎属性が弱点」というように弱点を探る者が現れ、FFに登場する分析魔法に因んで「ライブラ」と呼ばれる行為も散見された。

それと同時に、掲示板には「開示できそうにもない大昔(七年前、大抵ログが流れてしまっている)の書き込みについての案件を引き受けていた」「誤字脱字だらけのウェブサイトの文章や各発言」「法律事務所とは思えないスパムじみた宣伝を行っていた」「法律事務所のアカウントで未成年のアイドルをフォローしたり、リプライを送っていた」「IPを開示する対象を間違え、無関係な人のIPを晒す」「弁護対象である高校生の個人情報(学科を書いてしまった為チンフェがどの学科かが判明してしまった)を誤って表に出す」など、幾多の失態が相次いで報告された結果、唐澤弁護士は掲示板住民から無能弁護士の烙印を押され、弁護士に同情していた者もいなくなっていった。


元凶となったチンフェも当然だが炎上が鎮火することはなく、むしろ唐澤弁護士を雇ったことでますます炎上してしまい、掲示板住民の攻撃はより過激なものになっていった。


その後、唐澤弁護士は掲示板に対して裏取引による削除を持ち掛けるが、却下される。(挙句管理人は相当ムカついたのか全文を晒し上げるという暴挙に走り、唐澤弁護士は住民に嘲笑されることとなる)

この裏取引の失敗は、のちのち彼が事ある毎にネット法改正の必要性を訴える原点となった。

2013年8月、唐澤弁護士は初めてネット上に自身への殺害予告を書き込んだ人物に対して300万円を請求する。殺害予告を無くすための行動だったようだがあまり効果は無かった。以降、大した動きはなく、300万の受領には失敗した模様。

300万騒動と同時期に起こった「2ちゃんねる個人情報流出事件」ではFacebookで「自らが代表となり集団訴訟を起こす」と呼びかけていたが、その内容が宗教家じみた文章であったこと、自分の個人情報も流出しているのに気づいていなかったこと、結局は自ら行動を起こさなかったことから、唐澤弁護士の評価は確固たるものとなった。

一方で嫌儲民からの個人情報提供に「心ある方々(自分に都合が良ければ同じ穴の狢相手でも正義として捉える=私刑の肯定)」と感謝したり、個人情報開示手続きの簡略化を繰り返し訴える(当然ながらストーカー行為やスラップ訴訟の被害が増える危険性がある)など、個人情報の取り扱いに関する唐澤弁護士の無思慮なダブルスタンダードっぷりは、彼を知るネット民の間では常識となっている。


この一連の騒動、及び彼を取り巻く環境及び唐澤弁護士本人があまりにもネタ性に富んでいることから、次第に『唐澤貴洋』氏を神格化する流れが生まれ、最終的に、彼から反応を引き出すことを主な目的とした『恒心教』という一つのコンテンツが醸成されるに至った。

元は遊戯王ジェネレータの件で、「馬鹿にするためにあえて褒め称える」カードを作成したところ、唐澤弁護士から抗議を受けたのか他の馬鹿にしたカードと同様に削除され、管理人から「誹謗中傷及び過度な神格化も控えてくれ」とお達しが出た事に端を発する。

その際高圧的かつ法的措置をちらつかせた脅迫的抗議文も同時に晒していることから「相当頭に来ていたのでは」と考察される。

また、その後同管理人は上述の検索汚染(所謂サジェスト汚染)を「何故ダメなのか」そして「どうやるとどういう被害が出るのか」を懇切丁寧に説明して「やるな」と念を押すが、住民には「こうやるとより効率的にサジェスト汚染できる」ので「やれ」と言っている様にしか見えず、加速度的に汚染が進んでしまった事もあり、この管理人は「武器商人」と敬われている。

無差別開示による掲示板と唐澤弁護士の本格的な対立が始まった同時期にTVにてオウム真理教事件が特集され、掲示板で話題になっていたために、一部の者はオウム真理教になぞらえ唐澤弁護士を『尊師』、彼の所属する事務所や関係する場所を『聖地』『サティアン』と呼び、恒心教を信仰する者は自らを『恒心教徒』と呼んだ。

この炎上は新しいネタの発掘や他への飛び火など、主根と側根よろしく未だ続いているが、その個別の事例は枚挙にいとまがない為割愛。


※注 「唐澤弁護士を『尊師』と呼ぶ」が、唐澤弁護士そのものへ原義としての崇拝・信仰をしている訳では無いことに注意。ここでいう「尊師」とは一種のアイロニーや褒め殺しのような皮肉、あくまでもネタ的なニックネームである。

初見の部外者には「唐澤弁護士の信者集団」と勘違いされかねないが、実際はむしろその逆である。一般宗教が教祖をヒエラルキーの最上位に位置づけ崇め称えるのに対し、恒心教は同弁護士は教祖にしてヒエラルキーの最底辺、続いて恒心教内で問題を起こした等の理由で実名などを特定された教徒等がヒエラルキーの真ん中に位置し、そしてヒエラルキー最上位にして母数が最も多いのが一般教徒であることが特筆すべきと言える。

つまり、恒心教徒とは信仰や敬愛の対象ではなく、嘲笑・侮蔑の対象によって人々がつながる集団なのである。そして「唐澤弁護士は軽蔑すべき人物だから何をしてもよい」という一方的な正義感や、より過激な行動を取ればネット上でウケるという恒心教徒同士の競争意識によって、その行動は時として暴走する。


路線

恒心教の活動形態は思想、内容、場所により○○路線と呼び分けられる。

pixiv内でのイラストや小説の投稿、ピクシブ百科事典の編集などはpixiv路線と呼ばれる。

2016年には恒心教に関連する記事を注目度一位に捻じ込むランキング工作が行われた。

2021年時点においてpixiv運営による編集保護が行われたのは「唐澤貴洋」本人の記事のみ。


主な路線

  • 布教路線

主に利用者の多いサービスやコンテンツを利用(悪用)して恒心教を広める路線。


  • 事実追求路線

デマやホラ話を下手に拡散せず当事者達の行動をそのまま包み隠さずに後世に伝える路線。

最も効果的かつ公正とされており、恒心教徒として活動するなら必須とされている。


  • フリー素材路線

唐澤貴洋が素顔を晒していなかった頃、自画像代わりに使用していたイラストを「一般男性」名義のフリー素材として拡散する路線。

シールを作成して各所に貼る「ストリートアート路線」や硬貨に貼って自販機に入れる「カラコイン」など地道な活動が行われ、後述の「芸術路線」の土台となって絶大な効果を発揮した。


  • 芸術路線

恒心教をテーマにしたイラストや動画を制作する路線。

MMDモデルなど様々な物が制作された。人気路線であったが恒心教をよく理解していない者の流入の原因になったことや後述のコミケ路線の影響で停滞した。


  • ニッセ路線

チンフェや唐澤弁護士を騙り、様々な活動をする路線。

ネットでの成りすましが主だが、それ以外にも新聞やテレビの視聴者・購読者投書コーナーを利用した様々な成りすまし投書活動が行われた。


  • 贈り物路線

郵便や宅配便などを通じて関係者に、無料パンフレットやメルマガ、時には物品を代引きで送り付ける路線。


  • 玩具路線

ジェネレーター作成サイトや人気投票企画サイトにおいて恒心教に関するネタを用いることにより教徒の玩具とする路線。


  • 悪芋路線

度を越した迷惑行為や犯罪行為に走る過激派悪芋(わるいも)と呼ばれ、悪芋による布教活動を行う路線。

主な悪芋路線

・弁護士の名を騙った全国地方自治体への爆破予告

・これらの集団のよって晒された人物が所有する物品の窃盗や器物損壊

・Googleマップを始めとしたWebサイトへのいたずら、ハッキングによる改竄

・サジェスト汚染や検索汚染、フェイクニュースなどを用いた公共機関や私企業に対するSEO攻撃

・特定の弁護士に対する殺害予告、誹謗中傷

・個人情報を特定した相手への強迫行為

・売名厨や出会い厨、統合失調症患者を誘導して聖地に向かわせるラジコン路線の実行(ちなみにaiueo700はこの過程で発掘された人物である)

・悪芋の記事に載せられるような問題行動


  • タレント化路線

主に唐澤弁護士が行っている活動である。「路線」と呼ばれるのは恒心教徒の活動を指すものなので厳密な「路線」の使い方に逸脱しているが、便宜上この形をとる。

唐澤弁護士は2017年後半頃からテレビ番組や新聞記事への出演を次第に活発化、さらにを出版したり、YouTubeにチャンネルを作るなど、様々なメディアで活動を行っている。

炎上の知名度を利用してタレントを目指しているように見えることからタレント化路線と呼ばれるようになった。

炎上初期は「ニコ生にでて、語尾にナリ(住民が勝手につけた属性)付けて話せば(擦り寄ってきている様に見えるので)白けて鎮火する」と冗談混じりで言われていたが、実際タレント化し始めた際多少なりとも勢いを減らせているので間違ってはいなかった。ただ、遅すぎた


  • コミケ路線

コミックマーケット」にて芸術路線の教徒が制作した恒心関連のグッズを販売するコミケ路線が計画され、同人サークル亘心綜合音楽事務所」がC88C89に出展した。

しかし、他の教徒への嫌がらせやコミケのルールを無視するなどの多数の問題行動をしたことで多くの批判を浴び、その後の関係者の対応から炎上。更に芸術路線で人気を得ていた教徒も嫌がらせに参加していたことが判明すると恒心教内で芸術路線を巡って大規模な内部対立が発生。

結果的に嫌がらせを受けた教徒と芸術路線を活動の場にしていた教徒が離れることとなり、恒心教の勢いは大きく衰退することとなった。

メンバー全員が恒心教を大きく衰退させる内部対立を引き起こした戦犯として恒心教徒の攻撃対象となり、最終的にサークルは解散した。


コミケ路線自体への不信感が募る中で、新たにサークルを作る者も現れるが中々当選には至らなかった。

しかし、C95にてサークル「恒心綜合研究所」がついに当選を果たしたが、やはり問題が生じることになり、現在ではコミケ路線は完全に放棄された。


  • 闇バイト路線

2023年に実行された新路線。

恒心教徒が闇バイトの指示役となってSNS等で実行役を募集、支払われない高額な報酬をエサに貧乏人を騙し、個人情報を要求した上で布教活動を肩代わりさせる路線。

既に複数回実行されており実行役も複数人逮捕され、中には個人情報を拡散された者もいる。

何も知らない貧乏人を捨て駒にするという悪質極まりない路線であり、それまで布教の手段を選ばなかった恒心教徒からも非難の声が挙がっている。

関連記事

親記事

唐澤貴洋 からさわたかひろ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1613150

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました