ピクシブ百科事典

自治厨

じちちゅう

迷惑なユーザーを指すネットスラングの一種。ピクシブ百科事典では、主に記事を修正(自治)しようとして、思慮の欠けた編集の結果で逆に周りの反感を買う人を指す。
目次[非表示]

概要

 一般的にはインターネット上の「だれでも、あるいは簡単な手続きで参加可能となるコンテンツ」において荒らしが発生したり、コメント脱線したり、サービスにふさわしくないネタ等が紛れ込んだりするのは、気持ちのいいことではない。
 これに対し、うまく軌道修正するなど、誰かが何かしらの対策を講じるのは当然の流れといえるが、基本的にそれは運営あるいは管理人が行う仕事である。
 一方、その場の管理者でない人間がやろうとするのが、ここで言う「自治」である。
 自治厨とは、この「自治」を特に管理を認められたわけではない利用者の一人が周りの反応や運営等の意思などを考えずに押し通そうとする行為である。
これを「思慮が足りない=」であると定義したものが自治厨であり、他のユーザーに対し、荒らし対策などと称して「俺様ルール」を強制することもある。
 このように呼ばれるユーザーは、当人に悪意があるかどうかに関わらず、必要なものまで排除し、熱気や活気をそぎ落としてしまったり、多くの利用者に許容範囲内にもかかわらず無闇に食ってかかる為、かえっていらぬ議論を発生させて混乱を招いたりしてしまうことが多い。
 特にこの行為が発生しやすいサイトやサービスとしては、運営や管理者がきちんと活動していないものに多いとされる。
 中には、自治厨の暴走に歯止めがかからず、結果サービスが終了したり、サイト自体が閉鎖という事例も存在する(『アニヲタの集い』などがそれであるといわれている )
 また、荒らしが混乱を引き起こすため自作自演したり、荒れさせる目的で意図的に行う場合もある。

自治厨の言動

  • スレ違い

 盛り上がってる所をいわゆる「スレ違い」であると話を遮る行為。そもそも盛り上がっているということは、大部分のユーザーは許容しているわけであり、逆に許容されてなければ盛り上がることはない。
 また、スレ違いな話題は、短期間で終わることが多いので、気に入らないにしても、しばらく静観すれば問題は無いはずである。そのあたりの思慮・忍耐が足りない発言ととられることがある。
 ただし、サービスの利用規約やルール、および法律に抵触する場合は別である。

  • 荒れる原因
 特定の話題に対し、「それは荒れる原因になるから……」と話を遮ったり、俺様ルールを押し付けようとする行為。
 まれにキチガイがそのサービスに存在する場合があるが、基本的に「荒れる原因と定義しているもの=個人的に嫌いなもの」であることも多く、アンチの行為であることも多いようだ。
 「荒れる原因(嫌いなもの)は有害だから、他のユーザーの為に排除しなければならない」とか陳腐正義感に燃えていることもあるので手に負えない。
 言うまでも無く、本当に「荒れる原因」なのであれば運営管理人への報告相談をすべきことであり、ユーザー個人がどうこうすることではない。
  • 見苦しいからやめるべきだ
 自分が見苦しいと思っている行為でも、他の人もそう思っているとは限らない。特に自治厨扱いされるユーザーの場合、見苦しいと思うのはそのユーザーだけのことが多い。
  • そんなことはしない方が良い
 何らかの行為に対しアドバイスと称して、需要が薄そうな作品や一般的ではないことに対し文句を言う行為。基本的には否定よりも代替指示や建設的なアドバイスを行うほうがうまくいくが、配慮等の不足によりそれができない。
 いわゆるレッテル貼り。特に多いのは、荒らし自治厨削除厨キチガイなどである。
 このようなレッテル貼りによりユーザー間の交流を遮ることになることがある。
 また、実際には発言した側がそのレッテル通りの人物であることも間々ある。
  • 自主的な整理
 wiki等に存在するが他者の意見を聞かず、自分のセンス等に従い他人の行った記述を削除してしまう行為。
  • ルールの( ある意味硬直した )適用
 一応サービスにはルールおよび文章化されていないマナーなどが存在するが、ほかのルールやマナーなどを無視してそのルールを無理やり適応する行為。

pixiv周りでは

 以上の内容をpixiv等に適応すると以下になる。

  • ふさわしくない行為
 pixivピクシブ百科事典では「自分タグ」や「自作自演記事」などに食って掛かる行為がそれにあたるか。
  • そんな絵は描かない方が良い
 pixivにおいて、アドバイスと称して、需要が薄そうなジャンルやコラボネタに文句を言う行為。商業作品ならともかく、pixivに限らず全ての作品投稿サイトや同人誌身内ネタなど、他人にとってはどうでもいいことであっても自分の作品でさえあれば好きなものを自由に描けるのが魅力の一つなわけだが、それを勘違いしているものと思われる。需要が薄いという話も、「本人の知識=世間の常識」になっていて、おおよそ客観的とは言えないこともある。だいたい、閲覧数を伸ばすアドバイスにしても、「需要の無いものは描くな」などという否定的な物言いではなく、「こういう作品を増やした方がいいんじゃないか」といった建設的なアドバイスをした方が相手は受け入れやすいだろう。その辺の思慮が足りない。
 特に、自分の趣味趣向を他者にとやかく言われた人の中には、結果『見たくない』を諦めてしまった人( =多様性の大切さを必要以上に噛みしめ棲み分けが無くても平気になってしまった人 )もいる。
  • お前は自治厨、もしくは荒らしだ
 ユーザー個人の意見・提案であっても、「こうした方がいいんじゃないですか?」と言うのと、「こうすべきだ!こうしない奴は悪だ!」と言うのでは、全然違うと言える。その辺りを考慮せずに、「他のユーザーに意見を言ったら何でも自治厨荒らし認定」したのでは、それはそれでユーザー間の交流を遮ることになる。荒らしアンチが、擁護意見を貶めるために使ったりしているように見えることもあるが。
  • ( 「適当な理由で整理」 )
 ピクシブ百科事典などで、明らかに必要な記事の一部あるいは全てを「規約違反」、「不要記事」、「荒らし記事」、「自演記事」、「アンチのたわごと」、「不要な記述」などとして削除する際に使われる。
 押し付けとまではいかないにせよ、せっかく書いた記事が削除されるというのはあまり気持ちのいいことではない。
 ただしピクシブ百科事典にはコメントアウト機能がなく、掲示板機能も機能しているとはいいがたいため「この記事は必要か?不要か?」と感じたら、pixivスタックフィードメッセージ等で周囲に相談するのが賢明であろう。
  • 「( 一覧記事等で )タグが付いてないからダメ」
 これはピクシブ百科事典内の記事数や、一覧で列挙される数を抑える為の基準提案だと思われる。しかし、こういった基準が無いおかげで、「ネガティブなタグ編集」が防がれている側面を見過ごしてはならない。
 ユーザー同士が納得した上で決まりや基準を作るのは悪いことではない。しかし、それをするならば「抑止効果があるか」「他に影響が出ないか」といった点には、十分留意する必要があると言えよう。

これらの言動が過ぎる場合

 上記の言動が行き過ぎた場合、そのユーザーには運営管理人等から不利益な措置を受ける場合が存在する。また、運営等が経営を断念したり、新たなルールが策定され、ユーザーの活動に支障が出る場合が存在する。
 pixiv等でも、pixiv事務局に厳重注意を受けた者も存在するらしく、それでも収まらなければ最悪アカウント停止を受けたユーザーも存在する。
 しかし、程度の酷い輩は大抵の場合、複数アカウント( 棄てアカウント )を所有していたり、アカウント停止後退会しすぐにアカウント作り直すことが多いため、相当厄介である。

自治厨への対策

 自治厨とされるものは多くの場合、「自分が正義である」と思っているようだが、実際は人間の多様性を理解できておらず、結局のところ自分が気に入らないから文句を言っているだけであり、我慢配慮のどちらか、あるいはどちらも足りていないのである。
 基本的にこういう人に面と向かって「貴方は思慮と我慢が足りてません」などといっても、余計に怒らせて話が拗れることになる。まあそんなことをいうこと自体その人にも思慮と配慮が足りてなくてお前が言うな状態なのであるが。
 対策としては、ネットの迷惑行為対策の基本である「無視」が一番であり、運営等への確認がその次である。
 ユーザー個人が勝手に作った俺様ルールなど、初めから守る義務は無いのである( ただし、それが運営等が追認している場合はその限りではない )。
 また、自治厨の編集に対して未然に対策を採ることは困難なので、自分が編集した記事については、バックアップを取っておくことをお勧めする。
 あんまりしつこく押し付けてくる場合は、運営に相談するのがいいだろう。自分の意見を押し付けることは「相手の意見・価値観を否定する」という一方的な行為であり、往々にして相手の立場や感情を傷つける行為をも孕むからである。
 人間がいればその数だけ、互いに異なる価値観と考え方を持ち合わせており、そしてそれらを納得・許容できる範囲も様々である。
 相手に意見する前に、少しでも「相手の立場に立って考える」ことが重要だ。

自分が自治厨にならない為に

 自らがこのようなユーザーにならないための項目を列挙する
 「利用規約やガイドラインを精読する」
 「まずは周囲のユーザーに相談する」
 「ネットという場は常に大勢のユーザーが集まる『公共の場』であることを意識する」
 「自分がいいと思うことが他人に許容されるとは限らないことを常に念頭に置く」
 「自分のサイトで勝手に一人の利用者が暴れていたらどう思うかなど管理人・運営の気持ちを想像する」
 「そもそもストレスを溜めないように気を付ける」
 「サイトに忠誠心を持たない」
 「他サイトに移動する柔軟さを持つ」
 「どうしても我慢できず自治に走ってしまいそうな場合は自分が他サイトで新たに同じ趣旨のサイトを立ち上げ、そこの管理人になるという選択をする」
 そもそも、オーナーはそのサイトの管理人あるいは運営であり、一ユーザーではない。したがって、オーナーではない、あるいは管理者や運営に依頼されていない限りは我々利用者に自治をする権限はないのである。
 自治行為を武士で例えて説明すると「上様に相談もなく独断で政策を行うようなもの」であり、そのような行為をすればどうなるかは想像に難くない。本質的にしていることはそれと同じである。
 歴史上の英雄のような感覚で行っている者もいるかもしれないが、ネットはリアルと違い、別にその環境がなくなっても実生活に影響が出る訳ではない。故に無駄な行為であり、ただの迷惑行為にしかならない。
 pixivピクシブ百科事典に限らず、インターネットにおけるあらゆる場において、これらのことを十分にわきまえることが大切である。
最後に
 その「自治厨」という蔑称は「特定の住人による過度な自治行為を不快に思っている連中」が生み出したレッテルであることを忘れてはならない。決して自治厨を不快に思う連中が「ルールやマナーを弁えている側」だとは限らないのである( 事実、その人達も別の人から荒らし扱いされているケースが非常に多い )。
 異論を「自治厨」「荒らし」「アンチ」などのレッテル貼りを行い排除し、自治そのものを「」と排除し、自分に肯定的な人ばかりで固めて書かれた記事などというのは駄サイクル」を生みだす元になるのである。
 くれぐれも自分も怪物ミイラになることのないように心掛けてほしい。

関連タグ

荒らし アンチ 削除厨 迷惑行為 表現規制 風評被害
荒らしレッテル ネトウヨレッテル レッテル貼り

関連まとめ

pixivに投稿された作品 pixivで「自治厨」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9953

コメント