ピクシブ百科事典

懐古厨

かいこちゅう

「昔のほうが良かった」と言って、今現在あるものを否定したがる消費者。
目次[非表示]

概要

特定の分野作品、風潮に関して過去の状況を懐かしみながら逆に現在の状況を否定するタイプの厨房を指す。老害と重なる概念であるが、それほど年配とは言えない10代から20代の人間すらこうなることもある。

分野や文化の場合、時代の経過に伴って対象が多様化したり、流行の方向性が移ったりしてもそれを認めず、旧来の価値観ないし評価に固執する。
たとえ当時の対象に粗や問題点があったとしても、思い出補正によってそれらを無視、あるいは美化している事も少なくない。
酷い時には「新しい続きものが出る」事自体に対し、出来の良し悪しを無視して否定的な態度しか取れなくなるケースもある。

自動車で言えば「若者の車離れ」を嘆いたり、「FFは退屈で操作性が悪い」「スポーツカーの駆動方式はFR以外ありえない」などと化石のような認識を披露したり、ハイブリッドカー軽自動車クロスオーバーSUVのような流行のジャンルを全否定したり等。
このような輩は特定ジャンルへの偏見に凝り固まっているので、車種やチューニングによって全然特性が変わることは念頭にない。

創作作品で言えばポケモン仮面ライダー等の長寿コンテンツによく見られる傾向だが、そこまで昔のものとは言えないほんの少し前の作品に対しても、そういう思考に陥ってしまうケースが多々ある。
またサクラ大戦のように長年音沙汰が無く、スタッフなどを一新してリブートしたという作品等もこの被害を受けやすい。

近年ではこうした者達の我儘に辟易し、あえてそっぽを向いた新規向けの作品作りをするクリエイターも増えている一方、少子高齢化で需要の大半を締めていた彼らと対立した結果オワコンに追い込まれてしまうケースもある。
逆に懐古に媚びた要素ばかりを掲げて質を軽視した結果、失望を買い一層新作への忌避を強めてしまうケースも多々あり、いずれにせよ界隈の衰退を招く一因となっている。

歴史

こうした思考の人間は昔から存在する。例えば歌舞伎では團菊爺菊吉爺という言葉がある。

これは前者の「團菊」は歌舞伎役者の九代目市川團十郎と五代目尾上菊五郎を、後者の「菊吉」は六代目尾上菊五郎(五代目の息子)と初代中村吉右衛門を指し、それぞれ明治大正~戦前昭和時代を代表する役者なのだが、

この團菊爺・菊吉爺という言葉は「彼らこそが至高の役者であり、今の時代の歌舞伎はそれに比べると程度が落ちる。観れていない今の者は可哀想だなあ」と後々の時代にマウントを取るおっさん(爺)を指す言葉として歌舞伎観劇を嗜む者たちの間で有名な俗称である。

まさしく懐古厨そのものであり、実際に團菊ないし菊吉を観れていないより若い世代からは羨望と嫉妬、あるいは単に自慢を鬱陶しがったり古い価値観から抜け出せない存在と思われたりと、複雑な目で見られていた。

今日では團菊で120年、菊吉でも80年は前に活躍した役者であるため、こうした「爺」は既にほぼ鬼籍に入っていると思われるが、さりとて現代では現代で例えば六代目中村歌右衛門辺りの名前を挙げてマウントを取るような古老各氏は存在するし、更に言えば團菊爺がまだまだ若造だった時代には七代目團十郎辺りの名前を挙げて同じように「明治の若者」に似たような行動をとった天保翁(天保年間に活躍した頃の役者を覚えているじいさん達)なる人々も存在した。
歴史は繰り返すものであり、いつの世も懐古厨と称されるような人々が存在したことの証左であろう。

典型的な懐古厨の例

  • 全般
    • 昔の硬派なスタンスが良かったのに、今は商業主義に走って温くなった
    • 声優交代世代交代など絶対に認めん
    • 今更余計な後付け設定入れるな
    • デジタルなど邪道、アニメはセル画が一番
    • このシリーズ・作品はこの辺りからつまらなくなった
    • 今更現代に毒されたリメイク続編なんていらない
    • 制作スタッフが変わってから嫌い
    • こいつこんなキャラじゃなかっただろ
    • 旧作キャラの再登場マダー?
    • こんなポッと出が先輩より活躍するな




関連タグ

 蔑称 懐古 新規 老害 クレーマー
大きいお友達 キチガイ ピーターパンシンドローム 昔は良かった…

関連記事

親記事

アンチ あんち

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「懐古厨」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4047

コメント