ピクシブ百科事典

fgでやれ

えふじーでやれ

立体作品の写真に対する批判的なタグ。
目次[非表示]

概要

pixivに投稿された立体作品の写真に対し「pixivじゃなくてfgの方でやれよ」と批判交じりで促すタグである。(fgは立体作品投稿専門のSNS)

ピクシブは本来イラストを投稿するため(小説機能が追加された時点でこの建前は既に成り立たなくなっているが)のサイトであり、立体作品の写真を投稿する事は趣旨的に好ましくない。そのため、ピクシブに投稿するのなら最初からfgに投稿した方がいいのは確かである。

だが、タグを付けた本人の意図がどうであれ、タグをこのような指摘を目的として使う方法は適切ではない(「指摘タグ」参照)ため、結果的にこのタグの付加が荒らしと同等の行為になることは否めない。命令口調の高圧的な書き方であり、雰囲気のよくないタグであることも問題である。

ちなみにピクシブはアナログ作品を撮影した写真ならば投稿出来るので、規約に触れるような内容でなければ問題はない。
ただし、「アナログ作品」がイラストのみを指しているのかどうかが明確でなくガイドラインの投稿禁止作品12項に「実写を主体とした作品であるもの」としか記されていないため曖昧で、ユーザー間での認識としては立体作品の投稿はグレーゾーンであるという見解に留まっているのが現状である。

無論、運営側が立体作品の投稿を認可していない以上、投稿は出来うる限り控えるべきではあろう。が、独善的、独断的な行為を持って相手の活動を妨げるような行為もまた許容すべきことでなく、このようなタグをつけたところで相手に対する強制力などないばかりか、荒らしまがいの行為に成りかねないことをゆめゆめ理解しておくべきである。

そもそもの現状

「fgでやれ」とはごもっともな話であるが、fgがリニューアルされて運営のサーバー管理が不安定であり、繁盛にアクセスできなくなるほか運営のお知らせも2013年で止まっているため、一概にfgでやれとは言いずらい状況である。
運営仕事しろ
そのためもあってか、「立体作品の投稿先=fg」という図式も薄れており、本タグも2014年の元旦以来使用された形跡がない。
ちなみに、現在は「TINAMI」(立体作品のカテゴリが存在する)や「MG モデラーズギャラリー」など、立体作品の投稿先は複数の候補が林立している状態であり、専用の特化SNSを利用せずtwitterTumblr、個人ブログを中心に投稿する者も少なくない。

結論

立体物の投稿自体は禁止されてはいないが、投稿したいのであれば今の時点でも尚、グレーゾーンであることを認識しつつ、節度を持って投稿するように心がけよう。
もし、立体物の創作者さんとより深い交流を図りたいのであれば、上述のような立体物の投稿がメインもしくは投稿可能となっている他サイト、もしくは自分のブログやサイト等での活動をおススメする。

関連タグ

自治厨 立体

pixivに投稿された作品 pixivで「fgでやれ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31353

コメント