2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

アカウント停止

あかうんとていし

アカウント停止とは、規約違反または運営の気分を害する行為を繰り返すと、そのうち受ける運営からの処罰である。 ※メイン画像にある『おしおき』(処罰)はイメージです。
目次[非表示]

概要

この行為はスタッフなどのサービス運営に関わる人々が不都合人物行為に対する処罰の一つであり、運営の独断で行われる強権の一つである。
具体的には規約違反迷惑行為などを行うユーザーに対して行われる。ネットスラング同人オタクの用語ではこの行為を「垢BAN」、「垢バン」。アカウントと略し、さらにその字を抜いて「BAN」(ただしこの場合アカウント停止だけではなくIPによるアクセス禁止処置、略称はアク禁などもさす)などと表現する事がある。
この他の処置に関しては「強制退会」、「各種の制限」など、様々な行為が存在するがpixivにおいては主にこれが用いられる。
またpixivIDを用いるピクシブ百科事典においてはpixivへの通報だとこちら、ピクシブ百科事典への通報においては編集権限の停止が用いられる模様。
ネットワーク利用制限クレジットカードなども含まれる。

説明

サービス利用の全てあるいは一部利用に際し、有料ないし無料の会員登録が必要なサービスにおいて、登録した人物が運営、あるいは他のユーザーや第三者に対し、誹謗中傷規約違反、あるいは犯罪に相当する事等、望まない行為を行っている場合、運営もしくは管理者サイトサービスを守るため、その行為に対する対策をとる必要が発生する。その手法としては複数存在し、「システムの変更」「特定ユーザーの権利制限」「アク禁」なども含まれる。
この行為は当人のアカウントを使用できないようにしてその行為をやめさせるために行われる。
ちなみにイラストや写真専門のコミュニティも同じくアカウント停止もある。

pixivにおけるアカウント停止

pixivにおいては、特に利用規約ガイドラインなどに違反した場合、他のユーザー複数に通報された場合、または運営が気に食わないと思った人物に対して行われるようだが、詳細は公表されていないため不明である。

どういう状況になる?

アカウント停止状態になるとどうなるかと言うと、情報を総合すると以下の通り。

  1. 作品およびプロフィールを表示すると該当ユーザーのアカウントは停止されています。と表示される。実例
  2. 上記によりpixiv上で停止された人物の作品を見ることができなくなる(データ自体は残存しているので、「シェア」により貼り付けられたイラストおよび他者のブックマークには表示される模様)。
  3. 停止された当事者は自分の作品管理および他者の作品の閲覧は可能。ただし、新たな作品の投稿コメントブックマーク評価メッセージの送信、お気に入りの追加、スタックフィードでの発言などができなくなる。
  4. ピクシブ百科事典の編集も不可能になる(後述のBOOTHもそうであるが、そもそもログインができない)。
  5. BOOTHでアイテムの売り買いが出来なくなる。
要するにできる事は「他者作品の鑑賞」、「作品の管理、ただし基本削除のみ」、「pixivからの退会」に限定される。
また、退会と異なり、ピクシブ百科事典コメントグループでの発言などはそのまま残り、編集履歴も普通のユーザーと同様に記録されたままになる。
アカウントが停止された原因によっては、この処置は解除される場合が存在する模様(togetter:星乃だーつ(@darts)氏のpixiv騒動漫画でアカ停止になった際のTwitterのログなどが有名だが、あくまでも例外運営仕事しろ)。

アカウント停止の事例

各種理由が存在する。たとえば、「他者運営誹謗中傷した」、「現代アートタグを作品につけた」、「許諾を得ていない他者の作品をアップロードした」、「写真を無加工でアップロードした」、「性的な目的で他のアカウントにコンタクトした」、「pixivで複数アカウントを使い同一行為(評価等の操作粘着迷惑行為等など)を行った、あるいはピクシブ百科事典で複数アカウントで活動した」、
また、pixivを退会すると退会処理のため2週間はアカウントが停止状態になり、2週間以上経つと正式に退会と表示される。退会処理中であって規約違反による停止とは別のため注意。

ピクシブ百科事典におけるアカウント停止

このピクシブ百科事典の場合、こちらも明らかな規約違反行為に当たる記事の執筆および編集、あるいは理由もなく白紙化などの荒らし行為やその記事を恣意的で不要な情報を含んだ内容に書き換えるなど他の閲覧者にとって迷惑と取られた編集を行ったユーザー(絵師か否かは問わず)も、他のユーザーからの申立によってアカウント停止処分の対象になりうる。

pixivおけるアカウント停止に関しては制限がかかっています。処理を続行することが出来ません。の記事も参照。

よくある誤解

pixiv事務局に問い合わせたところ、過去アカウント停止されたユーザーでも、退会をすれば、複数アカウントにはならないとの返信があり、そのユーザーを複垢と呼び、誹謗中傷したり、編集を削除することは、規約違反や嫌がらせ、荒らし行為になるため、やめるべきである。
もちろん、これを悪用してアカウント停止の度に退会→アカウント作成を繰り返して停止前と同じ行為を続ける例もあるため注意するべきである。

ついでに

以下のような行為は法律禁止された処罰対象であり、アカウント停止のみならず訴訟及び逮捕の対象ともなり得るので絶対に止めて頂きたい。

  1. 犯罪及びそれを助長・美化する行為。
  2. 無修正性器など、過激な性的描写など。刑法におけるわいせつ物頒布等の罪に該当する。ただ、この法律には「基準が曖昧だ」「被害者がいない(被害者なき犯罪)」「表現の自由、または定められた憲法を侵害している」など様々な意見があるため、画一的に「絶対尊守すべき」と言い切れない側面もある。自分でどこまでならOKとするか、法律をあえて度外視するか否か、その判断は、表現者自身の判断に委ねられる。

  1. 特定人物および団体集団等に対する誹謗中傷などの侮辱表現。及びそれを助長する行為。刑法の名誉毀損罪および侮辱罪に該当し、民事裁判でも訴追可能。
  2. 無断転載無断トレス、無断加工などの他人の著作物の盗用。著作権や肖像権の侵害であり、故意でなくても民事訴訟があり、故意の場合刑事訴訟に発展することがある。
これらもpixivに限らず他のサイトの一例だが、ビリビリ動画YouTubeニコニコ動画等でも同じ規約が存在する。

Pixiv以外では

家庭用ゲーム機においてネットワーク接続ができるようになり、ネットワーク対戦や協力プレイで迷惑行為に属する違反を繰り返すとアカウント停止の処分が下されるシステムが導入されている。
特にメーカー側も悪質なユーザーが出てきた場合を想定しており、あまりにも酷い迷惑行為と判断されるとそのゲーム機本体でのネットワークアクセスを禁止する処置を下すものがある(本体BAN)。
ちなみにそれが下された場合は解除は原則不可能(おそらく修理依頼でも扱われないと思われる)。
つまり、アカウント再登録を繰り返して迷惑行為ができないという事であり本体を買い直さなければいけなくなるというわけである。例えば再び迷惑行為を行おうと買い直す事自体がどの道最終的には金銭の負担ががかってしまうのである。
ここで注意しなければならないのが、本体を中古で購入した際にそれが本体BANされたゲーム機本体だったとしたら何も知らない購入者が泣きを見る羽目になる事にもなる。
ちなみに、スマホでも未払いで発生するネットワーク制限(データ通信)と言うものが同様にあるが、こちらのBAN(SIMカード赤ロムなら✕)の件の場合とは違い、どの本体がBANされたのはどれなのかは判断できないのでご留意である。つまり、中古の値札に✕『こちらの本体はBANされています。』)の様なご丁寧な表記はされていないので注意である。当然ながら、この場合は新品を購入が推奨となる。

Webサービス

YouTube

主に利用規約違反アカウント停止条件は違反内容にもよるが幾つか挙げておく。
・著作権侵害の申し立て(権利者本人或いは企業からの通報)三回連続で行われた。その他、肖像侵害も含まれる。
・コミュニティガイドラインを無視した内容の動画が投稿された場合、発見次第に削除され連続して違反すると停止される。(アカウント停止ではなく視聴年齢の設定変更の場合あり)
反社会活動への貢献となりうる問題やYouTuberや一般的の視聴者からの複数の通報があると運営側の判断により、違反となる動画の削除が複数回にわたり行われた場合もアカウント停止となる。(詳細はYouTubeの利用規約を参照のこと)
未成年への不適切な注目を喚起するような行動・コメント
二次創作ゲームのゲーム映像でも削除される事がある。収益化を行ったのびハザ等。

ニコニコ動画

上記の抜けてYouTubeと同様の処分がある。
また、ニコニコ大百科にてpixiv百科事典と同じく違反してもアカウント停止となる。
RPGアツマールもアカウント停止になる。のびハザの著作権侵害の申し立て事例の様に収益を得るサービスとしても存在するため、のびハザの様な作品アカウント停止を受ける。その上、投稿が異なるニコニコの関連サービスを全て利用する事が出来なくなる。

ミルダム

・投稿禁止となっている該当するゲーム作品(任天堂Cygames)のライブ配信をした場合、運営側の規約に乗っ取ってアカウントが停止となる。ゲームとは無関係な投稿や各種の権利侵害も同じく対象。なお、理由の詳細については該当の記事リンクへ。

Wikipedia

pixiv百科事典より比べて非常に複雑になっている。違反アカウントとなる利用者のIPアドレスはWikipedia内の掲示板にて悪質利用者への対処を依頼することができ、管理者権限の利用者によって会議の結果に従って無期限及び短期に渡る投稿ブロックを受ける。(詳しいことは上記の記事リンクへどうぞ)
なお、投稿ブロックの裁量にもよるが反省していれば、アカウント停止から復帰できる場合もある。(ポケモンwikiもほぼ同じ裁量である)この他にも停止理由もあるがここでは載せきれないので詳しい事はWikipediaのヘルプで確認して頂きたい。

その他動画サイト

基本的にYouTubeと同じ。
DailyMotion 
ビリビリ動画

携帯電話(スマートフォンなど)

携帯電話利用料金未払いや窃盗された端末は携帯電話会社によって完全にネットワーク利用制限(移動体通信)が掛かりその端末は赤ROMと呼ばれ使えなくする。

関連項目

運営仕事しろ 規約違反 迷惑行為 アカウント 利用規約 サイバー犯罪

関連記事

親記事

規約違反 きやくいはん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アカウント停止」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アカウント停止」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 140974

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました